gMote

gMote の概要や使い方を紹介しています

gMote を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

分かりやすくて使いやすいマウスジェスチャーツール!「gMote」。

gMote
制作者 Craig McMahon
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download (ミラー : US / EU )

● gMote

シンプルで使いやすいマウスジェスチャーツール。
「Shift」+「Ctrl」キーを押しながら、または、マウスの右ボタンを押しながら任意の文字や記号、数字 等を画面上に描くことにより、様々なアクションを実行できるようにします。
実行できるアクションには、プログラム実行、Web サイト表示、ブラウザやメディアプレイヤーに対する命令、Windows 関連の機能実行 等があります。

「gMote」は、シンプルなマウスジェスチャーツールです。

  • 「Shift」+「Ctrl」キーを押しながら、

  • または、
  • マウスの右ボタンを押しながら、

  • あるいは、
  • 「Ctrl」キー + マウスの右ボタンを押しながら、
画面上に、任意の文字や記号、数字 などを描くことにより、様々なアクションを実行できるようにするソフトです。
たとえば、スタートメニュー表示、「ファイル名を指定して実行」、アクティブウインドウの最大化 / 最小化、アプリケーション実行、お気に入りWeb サイトの表示、ブラウザの「戻る / 進む」等も、簡単なマウス操作のみで実行できるようになります。
設定画面はシンプルで分かりやすく、また画面上に描く “ もの ” は自由に決めることができるなど、良い意味で敷居は低く使いやすいソフトです。

使い方は以下の通り。

  1. 初回起動時のみ、「チュートリアルを見ますか?」というダイアログが表示されます。
    簡単なチュートリアルなので、とりあえず見ておいてもよいでしょう。
  2. まず最初に、画面左下の「Create gesture」をクリックします※1
    ※1 チュートリアルを見なかった場合は、タスクトレイ上の「gMote」を右クリック → 「Configure」をクリックし、設定画面を呼び出しておく。
  3. すると、「Gesture set」欄に「Choose an action」というドロップダウンメニューが表示されます。
    これをクリックし、 “ 実行するアクション ” を選択します。
    実行できるアクションには、以下のようなものがあります。
    • gMote: disable - 「gMote」の機能を、一時的に無効化
    • gMote: settings - 「gMote」の設定画面を開く
    • Browser: back - ブラウザに対し、「戻る」を指示
    • Browser: forward - ブラウザに対し、「進む」を指示
    • Browser: refresh - ブラウザに対し、「更新」を指示
    • Browser: new tab - ブラウザに対し、「新しいタブの作成」を指示
    • Browser: next tab - ブラウザに対し、「次のタブへ移動」を指示
    • Browser: previous tab - ブラウザに対し、「前のタブへ移動」を指示
    • Browser: close tab - ブラウザに対し、「タブを閉じる」を指示
    • Media player: play/pause - メディアプレイヤーに、「再生 / 一時停止」を指示
    • Media player: previous track - メディアプレイヤーに、「前のトラックへ」を指示
    • Media player: next track - メディアプレイヤーに、「次のトラックへ」を指示
    • Media player: stop - メディアプレイヤーに、「停止」を指示※2
      ※2 これら「メディアプレイヤーへのアクション」を受け付けないプレイヤーも多い。
    • Windows: Start button - スタートメニューを表示
    • Windows: Run Program -「ファイル名を指定して実行」を表示
    • Windows: Search -「ファイルの検索」画面を表示
    • Windows: Lock - コンピュータをロック
    • Windows: Show Desktop - デスクトップ画面を表示
    • Windows: Explorer - エクスプローラを起動
    • Windows: Accessibility -「ユーティリティマネージャ」or「コンピュータの簡単操作センター」を表示
    • Special: help - アクティブなアプリケーションのヘルプを表示
    • Special: undo - アンドゥ(元に戻す)を実行
    • Special: cut - 選択中のテキストやファイルを切り取る
    • Special: copy - 選択中のテキストやファイルをコピーする
    • Special: paste - クリップボード内にあるテキストやファイルを貼り付ける
    • Special: page up - アクティブウインドウに、「page up」キーを送信
    • Special: page down - アクティブウインドウに、「page down」キーを送信
    • Special: home - アクティブウインドウに、「home」キーを送信
    • Special: maximise window - アクティブウインドウを最大化
    • Special: minimise window - アクティブウインドウを最小化
    • Special: restore window - 最大化したウインドウを、元の大きさに戻す
    • Special: close window - アクティブなウインドウを閉じる
    • [ Program... ] - 任意のプログラムを実行
    • [ Website... ] - 任意のWeb サイトを、既定のブラウザで開く
  4. 次に、隣の「Testing」欄で、今指定したアクションに関連付けるジェスチャーを設定します。
    ジェスチャーの設定方法は、マウスの左 or 右ボタンを押しながら、関連付けたい文字 / 数字 / 記号 などを描くだけ。
    ジェスチャーをやり直したい場合は、「Change motion」をクリック → 再度関連付けたい文字や記号などを描きます。
  5. 「Gesture set」欄に、今描いたものが反映されていれば設定完了。
    もし「Unrecognised」と表示されたら、「Change motion」をクリック → 再度関連付けたい文字や記号などを描きます。
  6. 実行したいアクションが複数ある場合は、同じような手順でジェスチャーを登録していきます。
    登録したジェスチャーを削除したい場合は、削除したいジェスチャーをクリック →「Delete gesture」を選択します。
  7. ツールバー上の「Options」ボタンをクリックし、
      “ どのような状態でジェスチャーを実行した時に、アクションを有効にするのか ”
    ということを指定します。
    ここでは、
    • 「Shift」+「Ctrl」キーを押しながら、ジェスチャーを実行した時
    • マウスの右ボタンを押しながら、ジェスチャーを実行した時
    • 「Ctrl」キー + マウスの右ボタンを押しながら、ジェスチャーを実行した時
    のいずれを選ぶことができます。
  8. 「Save set」ボタンをクリックし、設定内容を mtd 形式のファイルとして保存しておきます。
    保存先は、「gMote」のインストールフォルダでよいでしょう。
  9. あとは、画面右上の「hide」ボタンをクリックし、「gMote」をタスクトレイに格納しておきます。
  10. 以後、画面上で指定しておいたジェスチャーを実行した時に、その軌跡が表示され、関連付けておいたアクションが実行されるようになります。
尚、「gMote」の機能を一時的に無効化したい場合は、タスクトレイ上のアイコンを右クリック → 「Active」のチェックを外せばOK。
もちろん、あらかじめジェスチャーを設定しておけば、それを使って無効化してもOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 Artweaver

アートな質感のブラシを多数揃えたペイント・お絵かきソフト

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

gMote を紹介しているページです