Amazon Cloud Drive

Amazon Cloud Drive の概要や使い方を紹介しています

Amazon Cloud Drive を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Amazon 製のクラウドストレージ!「Amazon Cloud Drive」。

Amazon Cloud Drive

● Amazon Cloud Drive

ファイルやフォルダを、最大で 5 GB まで保管しておいてくれる Amazon 製のオンラインストレージ。
ブラウザや専用のソフト経由で、パソコン内のファイルをネット上にバックアップできるようにしてくれます。
アップロードしたファイルを、フォルダ分けして管理する機能 / 検索する機能 / ダウンロードする機能 / 削除する機能 / スライドショーさせる機能 (画像のみ) / 名前、種類、サイズ、アップロード日時 といった情報ごとに並べ替える機能 等が付いています。

「Amazon Cloud Drive」は、無料で使えるオンラインストレージです。
ファイルやフォルダを、最大で 5GB まで保管しておいてくれる... という無料のオンラインサービスで、Web ブラウザ経由で “ いつでもどこからでも ” アクセスできるところが最大の特徴。
「Dropbox」 「Google ドライブ」 「SkyDrive」 等に比べると機能は抑えられていて、また他ユーザーとのファイル共有機能なども付いていませんが、その分使用にあたってのハードルはかなり低めです。
インターフェースもシンプルかつスタンダードな感じなので、割りと直感的に使うことができると思います。
尚、ファイルのアップロード&ダウンロード を支援する デスクトップアプリ も用意されています※1
※1 フォルダをアップロード / ダウンロード する時や、複数のファイルをまとめてダウンロードする際には、デスクトップアプリが必要になる。

使い方は以下のとおり。

  1. Amazon Cloud Drive」 のページにアクセスし、普段 Amazon で使用しているメールアドレス&パスワードを入力 →「サインイン」ボタンをクリックします。
    Amazon アカウントを持っていない場合は、E メールアドレスを入力 →「初めて利用します」を選択してから「サインイン」ボタンをクリックし、アカウントの作成を行ってください。
  2. サインインが完了すると、「Amazon Cloud Drive」の メイン画面 が表示されます。
    デフォルトでは、
    • ドキュメント
    • ビデオ
    • 写真
    といった 3 つのフォルダが用意されています。
    (フォルダ名をクリックすれば、その中身へとアクセスすることができる)
    ちなみに、画面右上にある ボタンをクリックすることで、ファイルの表示方法を “ 縮小 ” に切り替えることも可能となっています。
    (詳細表示に戻す時は、 をクリック)
    加えて、ファイルは
    • 名前
    • 種類
    • サイズ
    • アップロード日時
    といった情報ごとに並び替えることもできたりします。

  3. フォルダの作成
  4. フォルダの作成先とする場所を開き、画面上部の 新しいフォルダ ボタンをクリックします。
  5. 「フォルダ名を入力」という画面 が表示されるので、これから作成するフォルダの名前を入力 → 「フォルダを保存」ボタンをクリックします。

  6. ファイルのアップロード
    フォルダをアップロードする場合、デスクトップアプリ のインストールが必要になります。
  7. 画面左上にある ファイルをアップロード ボタンをクリックします。
    もしくは、空のフォルダを開いて ファイルをアップロード ボタンをクリック。
  8. アプリの利用を促すダイアログ が表示されます。
    このページでは、アプリを利用しない場合の使い方を紹介しますので、「後で確認」を選択。
  9. アップロードウインドウ が表示されます。
    まず「Cloud Drive 上の格納先フォルダを指定してください」欄で、ファイルのアップロード先とするフォルダを選択します。
  10. 続いて「アップロードするファイルの選択」ボタンをクリックし、アップロードしたいファイルを選択。
    (複数選択可)
  11. すると、ファイルのアップロードが開始されます。
  12. アップロードされたファイルをクリックすると、通常即ダウンロードが開始されます。
    但し、テキスト系のファイルや画像ファイルをクリックした場合、その内容がそのままオンライン上で表示されるようになっています。
    (画像の場合は、スライドショー再生 させることもできる)

  13. ファイルのダウンロード
    複数のファイルをダウンロードする場合、デスクトップアプリ のインストールが必要になります。
    (フォルダをダウンロードする時も)
  14. ダウンロードしたいファイルにチェックを入れ、画面上部にある「ダウンロード」ボタンをクリック。
  15. ダウンロードダイアログが表示されるので、普通にファイルの保存を行えばOK です。

  16. ファイルのコピー / 移動 / リネーム / 削除
  17. 目的とするファイルにチェックを入れ、画面上部にある「削除」あるいは「その他のアクション ▼ 」ボタンをクリックします。
  18. 「削除」を選択した場合は、すぐに削除が行われます※2
    ※2 削除したファイルは、ゴミ箱に送られる。
    (あとから復元することもできる)

    「その他のアクション」を選択した場合は、「移動」「コピー」「名前の変更」の中から、実行したい アクション内容を選択 します。
    (「名前の変更」は、単一のアイテムに対してのみ有効)
  19. 「その他のアクション」から「移動」「コピー」を選択した場合、移動先 / コピー先 の 選択画面 が表示されるので、目的とするフォルダを選択して「◯◯ 個のアイテムを移動(コピー)」ボタンをクリックします。
    「名前の変更」を選択した場合は、名前を変更して「名前の変更」ボタンをクリックします。

  20. 削除したファイルの管理
  21. 画面左上にある「削除済みアイテム」というリンクをクリック。
  22. ゴミ箱に送られたファイルやフォルダが 一覧表示されます
    もし、元の場所に復元したいアイテムがある場合は、該当のアイテムにチェック → 画面上部にある「フォルダに復元」ボタンをクリックします。
    完全に削除したいアイテムがある時は、該当のアイテムにチェック → 画面上部の「完全に削除」ボタンをクリックします。

その他、画面右上にある「Cloud Drive を検索」というフォームにキーワードを入力することで、ファイルやフォルダを検索することも可能となっています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Amazon Cloud Drive TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

Amazon Cloud Drive を紹介しているページです。