CipherWall Self-Decryptor

CipherWall Self-Decryptor の概要や使い方を紹介しています

CipherWall Self-Decryptor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

使いやすい暗号化ツール!「CipherWall Self-Decryptor」。

CipherWall Self-Decryptor
制作者 Vsevolod Yevgiyenko
対応 2000/XP/Vista

Download (ミラー : US )

● CipherWall Self-Decryptor

ファイルやフォルダを、“ 暗号化された自己解凍書庫 ” に圧縮保存することができるソフト。
ドラッグ&ドロップなどから追加されたファイルやフォルダを、自己解凍書庫にまとめて、さらに AES-256 やCAST-256、Blowfish などのアルゴリズムで、強力に暗号化することができます。
(暗号化は、パスワードのほかにも “ キーファイル / キーURL ” を指定して行うことができる)
パスワード / キーファイル を生成する機能や、ファイルを完全に削除する機能 などもあります。

「CipherWall Self-Decryptor」は、ファイルやフォルダを暗号化することができるソフトです。
重要なデータの入ったファイルやフォルダを、AES-256 / CAST-256 / Blowfish / RC4 / RC5... といったアルゴリズムで、強力に暗号化&プロテクトすることができます。
暗号化されたファイルは、一つの “ 自己解凍書庫※1 ” として出力されるため、別途なんらかのプログラムを必要とせずに解凍・復号化することができます。
(もちろん、「CipherWall Self-Decryptor」をインストールしていないPC でも復元できる)
※1 単独で解凍できる書庫のこと。
ドラッグ&ドロップから使える操作の簡単なソフトです。

使い方は以下のとおり。

    基本設定(必要な場合のみ)
  1. 「cwsd.exe」を実行します。
  2. メニューバーの「Tools」→「Options」を選択します。
  3. 「Cryptography」欄で、暗号化の際に使用するアルゴリズムを選択します。
  4. 「Compression」タブを開き、作成される自己解凍書庫の(デフォルトの)圧縮レベルを設定します。
    圧縮レベルは、中央のスライダーを右にドラッグするほど大きくなりますが、その分処理に時間がかかるようになります。
  5. 暗号化 / 復号化の際には、元のファイルを自動で削除することもできます。
    その場合は、「Wipe」タブを開き、「Action for input files」欄の「Delete」or「Wipe」にチェックを入れておきます※2
    ※2 「Delete」= 通常に削除 | 「Wipe」= 完全に削除。
    完全削除時のアルゴリズムは、上の「Wipe algorithm」欄で指定できる。
    (右にいくほど強力)
    暗号化 編
  1. 暗号化したいファイルやフォルダを、リストにドラッグ&ドロップします。
    (複数のアイテムを登録した場合、全てを一つにまとめた自己解凍書庫が作成される)
  2. ツールバー上にある Create self-decrypting archive ボタンをクリック。
  3. 「Creating Self-Decrypting Archive」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Passphrase」欄に、暗号化 / 復号化時に使用するパスワードを、
    • 「Confirm passphrase」欄に、先ほど入力したのと同じパスワードを、
    • 「Keyfile path / URL」欄に、キーファイル or キーURL のパスを※3
    • 「Output file path」欄に、出力先のフォルダパスを※4
    入力します。
    ※3 Select keyfile ボタンをクリックすると、「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がる。
    尚、このキーファイルに変更が生じると、正常に復号化できなくなるので注意。
    キーURL に関しても同じで、URL(HTML ファイル)の中身が変更されると、復元できなくなる。

    ※4 Set outout file path ボタンをクリックすると、「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がる。
    ちなみに、パスワードとキーファイルは、どちらか一方を指定するだけでもOK です。
  4. 必要であれば Change compression level ボタンをクリックし、作成する書庫の圧縮レベルを調整しておきます。
  5. あとは、「OK」ボタンをクリックすればOK。
    暗号化が実行され、自己解凍書庫が作成されます。
    復号化 編
  1. 暗号化された自己解凍書庫を、ダブルクリックします。
  2. 「CipherWall Self-Decrypting Archive」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Destination folder」欄に、復号先のフォルダパスを※5
    • 「Passphrase」欄に、暗号化時に指定したパスワードを、
    • 「Keyfile」欄に、暗号化時に指定したキーファイル or URL のパスを※6
    入力します。
    ※5 「Browse」ボタンをクリックすると、「フォルダの参照」ダイアログが立ち上がる。
    ※6 右の方にある「Select Keyfile」ボタンを押すと、「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がる。
    パスワード / キーファイルに関しては、指定していなければ入力しなくてOK です。
  3. あとは、「Extract」ボタンをクリックすればOK。
    パスワードやキーファイルが正しければ、正常に復元されます。
    パスワード生成 編
  1. ツールバー上にある Passphrases Generator ボタンをクリック。
  2. 「Passphrases Generator」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Passphrases length」欄に、生成するパスワードの長さ(文字数)を、
    • 「Number of passphrases」欄に、生成するパスワードの数を
    入力します。
  3. 「Generate」ボタンをクリック。
  4. 「Output」欄にパスワードが生成されます。
    あとは、これをクリップボードにコピーしたりすればOK。
    キーファイル生成 編
  1. ツールバー上にある Keyfiles Generator ボタンをクリックします。
  2. 「Keyfile size」欄に、作成するキーファイルのファイルサイズを入力します。
    この値が大きいほど、強度の強いキーファイルになります。
  3. 右下にある ボタンをクリックし、作成するキーファイルの名前、出力先フォルダ を指定します。
    (拡張子は何でもOK)
  4. 最後に、「Generate」ボタンを押せばOK。

そのほか、ファイルやフォルダを完全に抹消する機能もあります※7
※7 ファイルやフォルダをリストに登録した後、「Tools」→「Wipe」を選択する。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

CipherWall Self-Decryptor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

CipherWall Self-Decryptor を紹介しているページです