CipherWall Self-Decryptor

CipherWall Self-Decryptor の概要や使い方を紹介しています

CipherWall Self-Decryptor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

使いやすい暗号化ツール!「CipherWall Self-Decryptor」。

CipherWall Self-Decryptor
制作者 Vsevolod Yevgiyenko
対応 2000/XP/Vista

Download (ミラー : US )

● CipherWall Self-Decryptor

ファイルやフォルダを、“ 暗号化された自己解凍書庫 ” に圧縮保存することができるソフト。
ドラッグ&ドロップなどから追加されたファイルやフォルダを、自己解凍書庫にまとめて、さらに AES-256 やCAST-256、Blowfish などのアルゴリズムで、強力に暗号化することができます。
(暗号化は、パスワードのほかにも “ キーファイル / キーURL ” を指定して行うことができる)
パスワード / キーファイル を生成する機能や、ファイルを完全に削除する機能 などもあります。

「CipherWall Self-Decryptor」は、ファイルやフォルダを暗号化することができるソフトです。
重要なデータの入ったファイルやフォルダを、AES-256 / CAST-256 / Blowfish / RC4 / RC5... といったアルゴリズムで、強力に暗号化&プロテクトすることができます。
暗号化されたファイルは、一つの “ 自己解凍書庫※1 ” として出力されるため、別途なんらかのプログラムを必要とせずに解凍・復号化することができます。
(もちろん、「CipherWall Self-Decryptor」をインストールしていないPC でも復元できる)
※1 単独で解凍できる書庫のこと。
ドラッグ&ドロップから使える操作の簡単なソフトです。

使い方は以下のとおり。

    基本設定(必要な場合のみ)
  1. 「cwsd.exe」を実行します。
  2. メニューバーの「Tools」→「Options」を選択します。
  3. 「Cryptography」欄で、暗号化の際に使用するアルゴリズムを選択します。
  4. 「Compression」タブを開き、作成される自己解凍書庫の(デフォルトの)圧縮レベルを設定します。
    圧縮レベルは、中央のスライダーを右にドラッグするほど大きくなりますが、その分処理に時間がかかるようになります。
  5. 暗号化 / 復号化の際には、元のファイルを自動で削除することもできます。
    その場合は、「Wipe」タブを開き、「Action for input files」欄の「Delete」or「Wipe」にチェックを入れておきます※2
    ※2 「Delete」= 通常に削除 | 「Wipe」= 完全に削除。
    完全削除時のアルゴリズムは、上の「Wipe algorithm」欄で指定できる。
    (右にいくほど強力)
    暗号化 編
  1. 暗号化したいファイルやフォルダを、リストにドラッグ&ドロップします。
    (複数のアイテムを登録した場合、全てを一つにまとめた自己解凍書庫が作成される)
  2. ツールバー上にある Create self-decrypting archive ボタンをクリック。
  3. 「Creating Self-Decrypting Archive」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Passphrase」欄に、暗号化 / 復号化時に使用するパスワードを、
    • 「Confirm passphrase」欄に、先ほど入力したのと同じパスワードを、
    • 「Keyfile path / URL」欄に、キーファイル or キーURL のパスを※3
    • 「Output file path」欄に、出力先のフォルダパスを※4
    入力します。
    ※3 Select keyfile ボタンをクリックすると、「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がる。
    尚、このキーファイルに変更が生じると、正常に復号化できなくなるので注意。
    キーURL に関しても同じで、URL(HTML ファイル)の中身が変更されると、復元できなくなる。

    ※4 Set outout file path ボタンをクリックすると、「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がる。
    ちなみに、パスワードとキーファイルは、どちらか一方を指定するだけでもOK です。
  4. 必要であれば Change compression level ボタンをクリックし、作成する書庫の圧縮レベルを調整しておきます。
  5. あとは、「OK」ボタンをクリックすればOK。
    暗号化が実行され、自己解凍書庫が作成されます。
    復号化 編
  1. 暗号化された自己解凍書庫を、ダブルクリックします。
  2. 「CipherWall Self-Decrypting Archive」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Destination folder」欄に、復号先のフォルダパスを※5
    • 「Passphrase」欄に、暗号化時に指定したパスワードを、
    • 「Keyfile」欄に、暗号化時に指定したキーファイル or URL のパスを※6
    入力します。
    ※5 「Browse」ボタンをクリックすると、「フォルダの参照」ダイアログが立ち上がる。
    ※6 右の方にある「Select Keyfile」ボタンを押すと、「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がる。
    パスワード / キーファイルに関しては、指定していなければ入力しなくてOK です。
  3. あとは、「Extract」ボタンをクリックすればOK。
    パスワードやキーファイルが正しければ、正常に復元されます。
    パスワード生成 編
  1. ツールバー上にある Passphrases Generator ボタンをクリック。
  2. 「Passphrases Generator」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Passphrases length」欄に、生成するパスワードの長さ(文字数)を、
    • 「Number of passphrases」欄に、生成するパスワードの数を
    入力します。
  3. 「Generate」ボタンをクリック。
  4. 「Output」欄にパスワードが生成されます。
    あとは、これをクリップボードにコピーしたりすればOK。
    キーファイル生成 編
  1. ツールバー上にある Keyfiles Generator ボタンをクリックします。
  2. 「Keyfile size」欄に、作成するキーファイルのファイルサイズを入力します。
    この値が大きいほど、強度の強いキーファイルになります。
  3. 右下にある ボタンをクリックし、作成するキーファイルの名前、出力先フォルダ を指定します。
    (拡張子は何でもOK)
  4. 最後に、「Generate」ボタンを押せばOK。

そのほか、ファイルやフォルダを完全に抹消する機能もあります※7
※7 ファイルやフォルダをリストに登録した後、「Tools」→「Wipe」を選択する。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

CipherWall Self-Decryptor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Reset Data Usage

Windows 10 の “ データ使用状況 ” で計測中の通信量を、手動でリセットできるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

スポンサードリンク

CipherWall Self-Decryptor を紹介しているページです