ProcessKiller

ProcessKiller の概要や使い方を紹介しています

ProcessKiller を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

アクティブウインドウを、 “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で即強制終了!「ProcessKiller」。

ProcessKiller
制作者 OproLab
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● ProcessKiller

アクティブウインドウを、ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で強制終了できるようにするソフト。
フリーズして応答しなくなってしまったアプリケーションを、ホットキーで即強制終了できるようにします。
ウインドウやタスクトレイアイコンが表示されないシンプルな常駐ソフトです。

「ProcessKiller」は、超シンプルなプロセスキラーです。
いちいちタスクマネージャーを開いたりしなくても、ホットキー

  • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
を押すだけで、アクティブウインドウを即強制終了できるようにします。
一応常駐型のソフトですが、ウインドウやタスクトレイアイコンは一切表示されず※1、また一度実行すると自動でスタートアップに登録されるため、元からあるシステム機能のような感じで使うことができると思います。
※1 強制終了を行った時のみ、タスクボタンと小さいバナーが表示される。
ちなみに、同じような機能を持ったソフトで 「SuperF4」 というものもあります。
この「SuperF4」は、タスクトレイアイコンからいくらか設定を行えるようになっているので※2
  • 実行するだけで、勝手にスタートアップに登録されるのは困る
という方は、「SuperF4」を使うとよいでしょう。
※2 機能の一時停止、タスクトレイアイコン表示のON / OFF、スタートアップへの登録ON / OFF 等。

使い方は以下の通りです。

  1. 「ProcessKiller.exe」を実行します。
  2. ウインドウやタスクトレイアイコンは表示されませんが、「ProcessKiller」がメモリに常駐します。
    (この時点で、スタートアップにも登録されています)
  3. あとは、強制終了を行いたい場面で、目的のウインドウを前面に持ってきて
    • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
    を押せばOK。
    画面右下に「ProcessKiller」のバナーのようなものが一瞬表示され、アクティブウインドウが強制終了します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
ProcessKiller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 画像半蔵

任意の画像を、指定したサイズ&透明度 でデスクトップ上に表示しておけるようにするソフト

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

ProcessKiller を紹介しているページです