ProcessKiller

ProcessKiller の概要や使い方を紹介しています

ProcessKiller を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

アクティブウインドウを、 “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で即強制終了!「ProcessKiller」。

ProcessKiller
制作者 OproLab
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● ProcessKiller

アクティブウインドウを、ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で強制終了できるようにするソフト。
フリーズして応答しなくなってしまったアプリケーションを、ホットキーで即強制終了できるようにします。
ウインドウやタスクトレイアイコンが表示されないシンプルな常駐ソフトです。

「ProcessKiller」は、超シンプルなプロセスキラーです。
いちいちタスクマネージャーを開いたりしなくても、ホットキー

  • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
を押すだけで、アクティブウインドウを即強制終了できるようにします。
一応常駐型のソフトですが、ウインドウやタスクトレイアイコンは一切表示されず※1、また一度実行すると自動でスタートアップに登録されるため、元からあるシステム機能のような感じで使うことができると思います。
※1 強制終了を行った時のみ、タスクボタンと小さいバナーが表示される。
ちなみに、同じような機能を持ったソフトで 「SuperF4」 というものもあります。
この「SuperF4」は、タスクトレイアイコンからいくらか設定を行えるようになっているので※2
  • 実行するだけで、勝手にスタートアップに登録されるのは困る
という方は、「SuperF4」を使うとよいでしょう。
※2 機能の一時停止、タスクトレイアイコン表示のON / OFF、スタートアップへの登録ON / OFF 等。

使い方は以下の通りです。

  1. 「ProcessKiller.exe」を実行します。
  2. ウインドウやタスクトレイアイコンは表示されませんが、「ProcessKiller」がメモリに常駐します。
    (この時点で、スタートアップにも登録されています)
  3. あとは、強制終了を行いたい場面で、目的のウインドウを前面に持ってきて
    • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
    を押せばOK。
    画面右下に「ProcessKiller」のバナーのようなものが一瞬表示され、アクティブウインドウが強制終了します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
ProcessKiller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 7+ Taskbar Tweaker

タスクバー / タスクボタン / タスクトレイ 周りの設定を、カスタマイズできるようにするソフト

 Bulk Resize Photos

大量の画像ファイルを、高速に一括リサイズしてくれるウェブサービス

 Twitter as a Sidebar

Firefox のサイドバー内に、Twitter を表示できるようにするアドオン

 Imagine

ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG ファイルを、画質劣化なしに圧縮してくれるソフト

 バックアップと同期

PC 内のファイルを、Google ドライブ / Google フォト に自動でバックアップできるようにするソフト

 White Noise

豊富な自然環境音を利用可能な、リラックスミュージック専用の音楽プレイヤー

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

ProcessKiller を紹介しているページです