ProcessKiller

ProcessKiller の概要や使い方を紹介しています

ProcessKiller を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

アクティブウインドウを、 “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で即強制終了!「ProcessKiller」。

ProcessKiller
制作者 OproLab
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● ProcessKiller

アクティブウインドウを、ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「End」” で強制終了できるようにするソフト。
フリーズして応答しなくなってしまったアプリケーションを、ホットキーで即強制終了できるようにします。
ウインドウやタスクトレイアイコンが表示されないシンプルな常駐ソフトです。

「ProcessKiller」は、超シンプルなプロセスキラーです。
いちいちタスクマネージャーを開いたりしなくても、ホットキー

  • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
を押すだけで、アクティブウインドウを即強制終了できるようにします。
一応常駐型のソフトですが、ウインドウやタスクトレイアイコンは一切表示されず※1、また一度実行すると自動でスタートアップに登録されるため、元からあるシステム機能のような感じで使うことができると思います。
※1 強制終了を行った時のみ、タスクボタンと小さいバナーが表示される。
ちなみに、同じような機能を持ったソフトで 「SuperF4」 というものもあります。
この「SuperF4」は、タスクトレイアイコンからいくらか設定を行えるようになっているので※2
  • 実行するだけで、勝手にスタートアップに登録されるのは困る
という方は、「SuperF4」を使うとよいでしょう。
※2 機能の一時停止、タスクトレイアイコン表示のON / OFF、スタートアップへの登録ON / OFF 等。

使い方は以下の通りです。

  1. 「ProcessKiller.exe」を実行します。
  2. ウインドウやタスクトレイアイコンは表示されませんが、「ProcessKiller」がメモリに常駐します。
    (この時点で、スタートアップにも登録されています)
  3. あとは、強制終了を行いたい場面で、目的のウインドウを前面に持ってきて
    • 「Ctrl」+「Alt」+「End」
    を押せばOK。
    画面右下に「ProcessKiller」のバナーのようなものが一瞬表示され、アクティブウインドウが強制終了します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
ProcessKiller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

スポンサードリンク

ProcessKiller を紹介しているページです