SHCML

SHCML の概要や使い方を紹介しています

SHCML を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

右クリックメニューに、よく使うソフトを追加!「SHCML」。

SHCML
制作者 T.Yamashita
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● SHCML

エクスプローラの右クリックメニュー内に、任意のアプリケーションを登録できるようにするソフト。
右クリックメニューで選択したファイルやフォルダを、直接登録アプリケーションへと送れるようにします。
選択したファイルを、任意のフォルダへコピー or 移動 できるようにする機能、“ フォルダの参照 ” ダイアログを開けるようにする機能 を右クリックメニューに追加することもできたりします。

「SHCML」は、右クリックメニューにアプリケーションを登録できるようにするソフトです。
普段よく使っているアプリケーションを右クリックメニューに登録することで、ファイルやフォルダを簡単に好みのアプリで開けるようにします。
機能的には、右クリックメニューの「送る」にアプリケーションを登録するのと同じような感覚ですが、「SHCML」で登録したアプリケーションは、右クリックメニューのルートに登録されるため※1、通常よりもストレスなく使うことができると思います。
※1 ルートとは、 “ 第一階層 ” のこと。
加えて、登録アプリと任意の拡張子を関連付けることもできたりします※2
※2 たとえば、「○○」「△△」「□□」という拡張子のファイルを右クリックした時だけ、「××」という登録アプリを(右クリックメニュー内に)表示させる...という感じ。
(関連付ける拡張子は、複数指定することができる)

そのほか、

  • ファイルやフォルダを、任意のドライブ / フォルダ へコピー or 移動 できるようにする機能
  • “ フォルダの参照 ” ダイアログを開く機能
を右クリックメニューに追加する機能 等も付いています。

使い方は以下の通り。

    初期設定
  1. 「SHCML」をインストールすると、最初に設定画面が表示されます。
    ここで、各種設定を行っておきます。
    設定可能なオプションには、
    • フォルダの選択を有効にする
      下記のような機能を、右クリックメニューから使えるようにする
    • フォルダの選択のヒストリを有効にする
      下記機能により選択したフォルダを、「履歴」として呼び出せるようにする
    • ' COPY ' 元選択を有効にする
      選択中のドライブ / フォルダ へ、任意のファイルをコピーできるようにする
    • ドライブリストを有効にする※3
      ' COPY ' ' MOVE ' ' OPEN ' のサブメニュー内に、ドライブリストを表示する
    • ' COPY ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへコピーできるようにする
    • ' MOVE ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへ移動できるようにする
    • ' OPEN ' メニューを有効にする※4
      「フォルダの参照」ダイアログを開けるようにする
    • コンテキストメニューからプログラムを登録可能にする※5
      右クリックメニューから、直接アプリケーションを登録できるようにする
    といったものがあります。
    ※3 この機能を有効にすると、右クリックメニューが重くなるので注意。
    ※4 この機能を有効化させる場合は、必ず「フォルダの選択を有効にする」も有効にしておく。
    ※5 右クリックメニューにアプリケーションを登録したい場合は、必ず有効にしておく。
    アプリケーションの登録
  1. 右クリックメニューに登録したいアプリケーションを右クリックし、
      -> Add to Context Menu
    を選択します。
  2. これで登録完了です。
    以後、登録アプリが右クリックメニュー内に表示されるようになり、任意のファイルを直接登録アプリへと送れるようになります。


  3. 登録したアプリケーションの管理
  4. 「shcml.exe」を実行し、中段の「コンテキストメニュー」ボタンをクリックします。
  5. すると、これまでに登録してきたアプリケーションがリスト表示されます。
    この中から任意のアイテムを選択し、右の ↑ ↓ ボタンをクリックすると、アイテムの並び順を変更することができます。
    また、 Insert Separator ボタンをクリックすることで、セパレータを追加することもできたりします。
    アイテムを削除する時は、目的のものを選択して Delete ボタンをクリックすればOK。
    (その後「Delete?」というダイアログが表示されるので、「OK」を選択する)
  6. 必要に応じて、登録アイテムの名前、関連付ける拡張子※6 を設定することもできます。
    ※6 どの拡張子のファイルを選択している時に、アイテムを表示するか... という設定。
    これら詳細設定を行う際は、まず目的のアイテムを選択 → 右下の Edit ボタンをクリック。
  7. 「設定」という画面が表示されます。
    ここで、
    • 名前
    • リンク先
    • 関連付ける拡張子
    といったオプションを設定しておきます。
    拡張子を指定する時は、フォーム上に関連付ける拡張子を入力して →「Add」ボタンをクリックします。
  8. 設定が済んだら、下部の「OK」ボタンを押します。
    ファイルのコピー / 移動
  1. 他のフォルダへコピー / 移動 させたいファイルを選択します。
  2. そのまま右クリックし、「Select Copy to...」or「Select Move to...」を選択。
  3. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    あとは、送り先のフォルダを選択すればOK。
    右クリックで選択したフォルダ内へ、ファイルをコピー
  1. 移動先として指定したフォルダを右クリックし、「Copy from...」を選択。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    あとは、現在のフォルダへコピーしたいファイルを選択すればOK。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SHCML TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

スポンサードリンク

SHCML を紹介しているページです。