SHCML

SHCML の概要や使い方を紹介しています

SHCML を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

右クリックメニューに、よく使うソフトを追加!「SHCML」。

SHCML
制作者 T.Yamashita
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● SHCML

エクスプローラの右クリックメニュー内に、任意のアプリケーションを登録できるようにするソフト。
右クリックメニューで選択したファイルやフォルダを、直接登録アプリケーションへと送れるようにします。
選択したファイルを、任意のフォルダへコピー or 移動 できるようにする機能、“ フォルダの参照 ” ダイアログを開けるようにする機能 を右クリックメニューに追加することもできたりします。

「SHCML」は、右クリックメニューにアプリケーションを登録できるようにするソフトです。
普段よく使っているアプリケーションを右クリックメニューに登録することで、ファイルやフォルダを簡単に好みのアプリで開けるようにします。
機能的には、右クリックメニューの「送る」にアプリケーションを登録するのと同じような感覚ですが、「SHCML」で登録したアプリケーションは、右クリックメニューのルートに登録されるため※1、通常よりもストレスなく使うことができると思います。
※1 ルートとは、 “ 第一階層 ” のこと。
加えて、登録アプリと任意の拡張子を関連付けることもできたりします※2
※2 たとえば、「○○」「△△」「□□」という拡張子のファイルを右クリックした時だけ、「××」という登録アプリを(右クリックメニュー内に)表示させる...という感じ。
(関連付ける拡張子は、複数指定することができる)

そのほか、

  • ファイルやフォルダを、任意のドライブ / フォルダ へコピー or 移動 できるようにする機能
  • “ フォルダの参照 ” ダイアログを開く機能
を右クリックメニューに追加する機能 等も付いています。

使い方は以下の通り。

    初期設定
  1. 「SHCML」をインストールすると、最初に設定画面が表示されます。
    ここで、各種設定を行っておきます。
    設定可能なオプションには、
    • フォルダの選択を有効にする
      下記のような機能を、右クリックメニューから使えるようにする
    • フォルダの選択のヒストリを有効にする
      下記機能により選択したフォルダを、「履歴」として呼び出せるようにする
    • ' COPY ' 元選択を有効にする
      選択中のドライブ / フォルダ へ、任意のファイルをコピーできるようにする
    • ドライブリストを有効にする※3
      ' COPY ' ' MOVE ' ' OPEN ' のサブメニュー内に、ドライブリストを表示する
    • ' COPY ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへコピーできるようにする
    • ' MOVE ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへ移動できるようにする
    • ' OPEN ' メニューを有効にする※4
      「フォルダの参照」ダイアログを開けるようにする
    • コンテキストメニューからプログラムを登録可能にする※5
      右クリックメニューから、直接アプリケーションを登録できるようにする
    といったものがあります。
    ※3 この機能を有効にすると、右クリックメニューが重くなるので注意。
    ※4 この機能を有効化させる場合は、必ず「フォルダの選択を有効にする」も有効にしておく。
    ※5 右クリックメニューにアプリケーションを登録したい場合は、必ず有効にしておく。
    アプリケーションの登録
  1. 右クリックメニューに登録したいアプリケーションを右クリックし、
      -> Add to Context Menu
    を選択します。
  2. これで登録完了です。
    以後、登録アプリが右クリックメニュー内に表示されるようになり、任意のファイルを直接登録アプリへと送れるようになります。


  3. 登録したアプリケーションの管理
  4. 「shcml.exe」を実行し、中段の「コンテキストメニュー」ボタンをクリックします。
  5. すると、これまでに登録してきたアプリケーションがリスト表示されます。
    この中から任意のアイテムを選択し、右の ↑ ↓ ボタンをクリックすると、アイテムの並び順を変更することができます。
    また、 Insert Separator ボタンをクリックすることで、セパレータを追加することもできたりします。
    アイテムを削除する時は、目的のものを選択して Delete ボタンをクリックすればOK。
    (その後「Delete?」というダイアログが表示されるので、「OK」を選択する)
  6. 必要に応じて、登録アイテムの名前、関連付ける拡張子※6 を設定することもできます。
    ※6 どの拡張子のファイルを選択している時に、アイテムを表示するか... という設定。
    これら詳細設定を行う際は、まず目的のアイテムを選択 → 右下の Edit ボタンをクリック。
  7. 「設定」という画面が表示されます。
    ここで、
    • 名前
    • リンク先
    • 関連付ける拡張子
    といったオプションを設定しておきます。
    拡張子を指定する時は、フォーム上に関連付ける拡張子を入力して →「Add」ボタンをクリックします。
  8. 設定が済んだら、下部の「OK」ボタンを押します。
    ファイルのコピー / 移動
  1. 他のフォルダへコピー / 移動 させたいファイルを選択します。
  2. そのまま右クリックし、「Select Copy to...」or「Select Move to...」を選択。
  3. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    あとは、送り先のフォルダを選択すればOK。
    右クリックで選択したフォルダ内へ、ファイルをコピー
  1. 移動先として指定したフォルダを右クリックし、「Copy from...」を選択。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    あとは、現在のフォルダへコピーしたいファイルを選択すればOK。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SHCML TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

スポンサードリンク

SHCML を紹介しているページです。