SHCML

SHCML の概要や使い方を紹介しています

SHCML を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

右クリックメニューに、よく使うソフトを追加!「SHCML」。

SHCML
制作者 T.Yamashita
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● SHCML

エクスプローラの右クリックメニュー内に、任意のアプリケーションを登録できるようにするソフト。
右クリックメニューで選択したファイルやフォルダを、直接登録アプリケーションへと送れるようにします。
選択したファイルを、任意のフォルダへコピー or 移動 できるようにする機能、“ フォルダの参照 ” ダイアログを開けるようにする機能 を右クリックメニューに追加することもできたりします。

「SHCML」は、右クリックメニューにアプリケーションを登録できるようにするソフトです。
普段よく使っているアプリケーションを右クリックメニューに登録することで、ファイルやフォルダを簡単に好みのアプリで開けるようにします。
機能的には、右クリックメニューの「送る」にアプリケーションを登録するのと同じような感覚ですが、「SHCML」で登録したアプリケーションは、右クリックメニューのルートに登録されるため※1、通常よりもストレスなく使うことができると思います。
※1 ルートとは、 “ 第一階層 ” のこと。
加えて、登録アプリと任意の拡張子を関連付けることもできたりします※2
※2 たとえば、「○○」「△△」「□□」という拡張子のファイルを右クリックした時だけ、「××」という登録アプリを(右クリックメニュー内に)表示させる...という感じ。
(関連付ける拡張子は、複数指定することができる)

そのほか、

  • ファイルやフォルダを、任意のドライブ / フォルダ へコピー or 移動 できるようにする機能
  • “ フォルダの参照 ” ダイアログを開く機能
を右クリックメニューに追加する機能 等も付いています。

使い方は以下の通り。

    初期設定
  1. 「SHCML」をインストールすると、最初に設定画面が表示されます。
    ここで、各種設定を行っておきます。
    設定可能なオプションには、
    • フォルダの選択を有効にする
      下記のような機能を、右クリックメニューから使えるようにする
    • フォルダの選択のヒストリを有効にする
      下記機能により選択したフォルダを、「履歴」として呼び出せるようにする
    • ' COPY ' 元選択を有効にする
      選択中のドライブ / フォルダ へ、任意のファイルをコピーできるようにする
    • ドライブリストを有効にする※3
      ' COPY ' ' MOVE ' ' OPEN ' のサブメニュー内に、ドライブリストを表示する
    • ' COPY ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへコピーできるようにする
    • ' MOVE ' メニューを有効にする※4
      選択中のファイルを、任意のフォルダへ移動できるようにする
    • ' OPEN ' メニューを有効にする※4
      「フォルダの参照」ダイアログを開けるようにする
    • コンテキストメニューからプログラムを登録可能にする※5
      右クリックメニューから、直接アプリケーションを登録できるようにする
    といったものがあります。
    ※3 この機能を有効にすると、右クリックメニューが重くなるので注意。
    ※4 この機能を有効化させる場合は、必ず「フォルダの選択を有効にする」も有効にしておく。
    ※5 右クリックメニューにアプリケーションを登録したい場合は、必ず有効にしておく。
    アプリケーションの登録
  1. 右クリックメニューに登録したいアプリケーションを右クリックし、
      -> Add to Context Menu
    を選択します。
  2. これで登録完了です。
    以後、登録アプリが右クリックメニュー内に表示されるようになり、任意のファイルを直接登録アプリへと送れるようになります。


  3. 登録したアプリケーションの管理
  4. 「shcml.exe」を実行し、中段の「コンテキストメニュー」ボタンをクリックします。
  5. すると、これまでに登録してきたアプリケーションがリスト表示されます。
    この中から任意のアイテムを選択し、右の ↑ ↓ ボタンをクリックすると、アイテムの並び順を変更することができます。
    また、 Insert Separator ボタンをクリックすることで、セパレータを追加することもできたりします。
    アイテムを削除する時は、目的のものを選択して Delete ボタンをクリックすればOK。
    (その後「Delete?」というダイアログが表示されるので、「OK」を選択する)
  6. 必要に応じて、登録アイテムの名前、関連付ける拡張子※6 を設定することもできます。
    ※6 どの拡張子のファイルを選択している時に、アイテムを表示するか... という設定。
    これら詳細設定を行う際は、まず目的のアイテムを選択 → 右下の Edit ボタンをクリック。
  7. 「設定」という画面が表示されます。
    ここで、
    • 名前
    • リンク先
    • 関連付ける拡張子
    といったオプションを設定しておきます。
    拡張子を指定する時は、フォーム上に関連付ける拡張子を入力して →「Add」ボタンをクリックします。
  8. 設定が済んだら、下部の「OK」ボタンを押します。
    ファイルのコピー / 移動
  1. 他のフォルダへコピー / 移動 させたいファイルを選択します。
  2. そのまま右クリックし、「Select Copy to...」or「Select Move to...」を選択。
  3. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    あとは、送り先のフォルダを選択すればOK。
    右クリックで選択したフォルダ内へ、ファイルをコピー
  1. 移動先として指定したフォルダを右クリックし、「Copy from...」を選択。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    あとは、現在のフォルダへコピーしたいファイルを選択すればOK。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SHCML TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Mute Tab

現在開いているすべてのタブを、一括してミュートできるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 PerspectiveImageCorrection

斜めになったり遠近感が狂ったりした画像を、まっすぐ自然な感じに補正してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

SHCML を紹介しているページです。