Auslogics Disk Defrag

Auslogics Disk Defrag の概要や使い方を紹介しています

Auslogics Disk Defrag を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

多機能なデフラグツール!「Auslogics Disk Defrag」。

Auslogics Disk Defrag
制作者 AusLogics, Inc.
対応 XP/Vista/7/8.1/10

Download (公式)
Download (ミラー)

● Auslogics Disk Defrag

高機能なデフラグツール。
断片化したファイルの連続化、空き領域の連続化、MFT 予約領域の最適化、システムファイルの移動(ディスク先頭へ)、アイドル時の自動デフラグ、スケジュールデフラグ、複数ドライブの一括デフラグ、指定したファイル / フォルダ / ドライブ の個別デフラグ、右クリックメニューへの機能統合、一時ファイルの削除... などの機能が付いています。

「Auslogics Disk Defrag」は、高機能なデフラグツールです。
ハードディスク内のデータ断片化を解消することにより、パソコンを速く快適に使えるようにしてくれます。
フリーソフト(ホームユーザーのみ)とは言え結構多機能で、

  • 断片化状況の分析
  • 断片化したファイルの連続化
  • 空き領域の連続化
  • システムファイルを、ディスクの先頭へと移動させる
  • MFT 予約領域を最適化※1
  • 指定したファイル / フォルダ / ドライブ のみをピンポイントにデフラグ
  • スケジュールデフラグ
  • 自動デフラグ※2
  • ファイルやフォルダの右クリックメニューに、デフラグ機能を追加
  • デフラグ実行前に、テンポラリファイル(一時ファイル)を削除
等々、割と豊富な機能を備えています。
※1 MFT 予約領域内に詰め込まれたファイルを、MFT 予約領域外へ出す。
MFT 予約領域とは、MFT(全ファイルの情報が格納されている領域)の断片化を防ぐために、MFT 専用に確保されている空き領域のこと。

※2 パソコンがアイドル状態になった時に、自動でデフラグを実行する。
(GUI は表示されない)
アイドル状態とは、パソコン上で特に操作が行われていない状態のこと。

ちなみに、デフラグ中は、再配置の様子をブロックイメージで確認することができたりします※3
※3 ブロックイメージの配色は、変更することができる。
(いくつかのテーマが用意されている)

使い方は以下の通り。

    インストール時の注意
  1. インストーラーを実行したら、「カスタムインストール」を選択し、「Install Auslogics BoostSpeed to ~」のチェックを外すようにしてください。
    Auslogics Disk Defrag インストーラー
    「Install Auslogics BoostSpeed」のチェックを外す
  2. 続けて、外部ツール(ここでは、「Ad-Aware Web コンパニオン」)のインストールを促す画面が表示されるので、「いいえ」ボタンをクリックして下さい。
  3. 「いいえ」ボタンをクリック
  4. 最後に、「Installation complete」という画面が表示されます。
    Auslogics Disk Defrag インストーラー
    これが表示されたら、「Run a free scan」のチェックを外してから「終了」ボタンをクリックしてください。
    実際に使う
  1. 「DiskDefrag.exe」を実行します。
  2. 現在接続されているドライブが、画面上部にリスト表示されます。
    Auslogics Disk Defrag
    この中から、処理対象としたいドライブにチェックを入れておきます。
    (複数可)
  3. 画面中段にある デフラグ | ▼ ボタンの ▼ をクリックし、これから実行する処理の内容を選択します。
    実行する処理の内容を選択
    断片化状況の分析のみを行う時は「分析」を※4、ファイルの連続化のみを行う時は「デフラグ」を、ディスクの最適化を行う時は「デフラグ 最適化」※5 を、SSD を最適化する時は「SSD を最適化」を選択します。
    ※4 断片化しているファイルを、リスト表示することができる。
    そこから、任意のファイルをピンポイントにデフラグすることも可能。

    ※5 ファイルの連続化、空き領域の連続化、システムファイルをディスク前方へと動かす、MFT 予約領域内のデータファイルを、MFT 予約領域外へ移す... といった処理を行う。
    尚、システムファイル移動機能をON にする場合、あらかじめメニューバー上の「設定」から「プログラムの設定」→ 「アルゴリズム」タブを開き、「システムファイルをディスクの最初に移動する」にチェックを入れておく必要がある。
    「アルゴリズム」タブ
  4. 選択した処理が開始されます。
    「デフラグ」「デフラグ 最適化」「SSD を最適化」を選択した場合は、処理が完了するまで待つだけです。
    (デフラグ中は、再配置の様子がグラフィカルに表示されます※6
    ※6 ブロックイメージの配色は、変更することもできる。
    設定は、メニューバー上の「設定」→「プログラムの設定」→「クラスタマップ」タブを開き、中段の「カラーテーマ」欄で行うことができる。
    「クラスタマップ」タブ

    「分析」を選択した場合、断片化しているファイルの
    • ファイル名
    • 断片化 - 断片数
    • サイズ
    • パス
    といった情報を、下の「ファイル」タブで確認できるようになります※7
    ※7 任意のファイルをクリックすると、該当ファイルの場所をブロックイメージ上で確認することができる。
    ここで、任意のファイルを選択 → 右クリック →「デフラグ」を選択することで、選択したファイルをピンポイントでデフラグできたりもします。
    (ファイルは複数選択可)

デフラグが終了すると、下部の「一般」タブ上に、デフラグについての簡単な要約が表示されます。
より詳細な情報を確認したい時は、下にある「詳細なレポートを表示」というリンクをクリックします。
(処理の内容を記述したHTML が表示される)

    自動デフラグ
    アイドル時や特定の日時に、自動でデフラグを実行する機能
  1. メニューバー上の「表示」から「スケジュールされた最適化」を選択します。
  2. スケジュール設定画面が表示されます。
    スケジュール設定画面
    まず、左上にある「自動的に最適化」にチェックを入れます。
  3. 下の「頻度」欄で、デフラグの実行タイミングを設定します。
    パソコンがアイドル状態の時にデフラグが行われるようにしたい場合、「PC がアイドル状態の時」を選択 → アイドル状態が何分間続いた時に、自動デフラグを開始するのか決めます。
    (1 ~ 30 分の間で指定可能)
    特定の日時に自動でデフラグが行われるようにしたい場合、「PC がアイドル状態の時」をクリック →
    • 毎日 (時刻指定可)
    • 毎週 (曜日、時刻指定可)
    • 毎月 (日付、時刻指定可)
    のいずれかを選択し、デフラグを実行する時刻や曜日、あるいは日付を設定したりします。
  4. 中段の「ドライブ」欄で、デフラグ対象とするドライブを選択します。
    「すべてのローカル ディスク ドライブを最適化、または ~」にチェックを入れると、全てのドライブがデフラグ対象となります。
    ドライブを個別に指定したい時は、ここのチェックを外して目的のドライブのみにチェック。
  5. 最後に、下部の「オプション」欄で
    • ラップトップ(ノートPC)がバッテリ電源モードのときは自動最適化をしない
    • フルスクリーンモードでプログラムが開始されている場合デフラグを停止
    • 最適化後にレポートを作成
    といったオプションの設定を行っておきます。
  6. 設定が済んだら、左下の「ディスクに戻る」リンクをクリックします。
    これで、「Auslogics Disk Defrag」が、バックグラウンドで自動デフラグを行ってくれるようになります。
    (デフラグ実行時には、「cdefrag.exe」というプロセスが発生します)

その他、デフラグ実行前に一時ファイルを自動で削除する機能や※9、指定サイズ以上のファイルをスキップさせる機能※10、ファイルやフォルダの右クリックメニューにデフラグ機能を統合する機能... 等も付いています※11
※9 メニューバー上の「設定」→「プログラムの設定」→「ディスククリーンアップ」タブ を開き、「デフラグ前に一時ファイルを消去」にチェック。
※10 メニューバー上の「設定」→「プログラムの設定」→「アルゴリズム」タブ を開き、「より大きな断片をスキップする」にチェック → スキップするサイズを指定する。
※11 「プログラムの設定」の 「組み込み」タブ を開き、「Disk Defrag をWindows エクスプローラの右クリックメニューに組み込む」にチェック。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 スクリーンセーバー型のデフラグソフト
Auslogics Disk Defrag Screen Saver
Auslogics Disk Defrag TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 VidCutter

各種動画ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

Auslogics Disk Defrag を紹介しているページです