WinBubble

WinBubble の概要や使い方を紹介しています

WinBubble を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Vista / 7 専用のWindows 環境変更ソフト!「WinBubble」。

WinBubble
制作者 UnlockForUs
対応 Vista/7

Download (ミラー)
Download (公式)

● WinBubble

Windows Vista / 7 の環境設定変更ツール。
特殊フォルダのアイコン、ショートカットアイコンに表示される矢印、ログオン画面の背景、IE、UAC、Aero、右クリックメニュー、コマンドプロンプトの背景色、スクリーンセーバーの動作オプション 等々、Windows の基本的な部分に関する設定を、簡単な操作で変更することができます。
不要と思われる機能の無効化、ドライブ隠蔽、IE の履歴削除 等の機能も付いています。

「WinBubble」は、Windows Vista / 7 の設定をカスタマイズすることができるソフトです。
デスクトップ周りの設定、システムフォルダのアイコン、スクリーンセーバーの動作オプション、IE 環境の設定 をはじめとして、ファイルやフォルダの右クリックメニュー、ログオン画面の背景、UAC、Aero 等々の設定を、簡単な操作でカスタマイズすることができます。
(ログオン画面の変更は、Windows 7 のみ)
インターフェースが英語なのでややとっつきづらい感じですが、操作はボタンを押したりチェックボックスをON / OFF にしたりするだけなので、割と簡単に使うことができると思います※1
※1 とは言え、よく分からないものは触らないのが鉄則です。
OEM 情報を編集したり、IE の使用履歴を削除したりする機能も付いています。
インストーラーも付いていますが、インストーラーなしでも使えます。
(「WinBubbles.zip」内に、「WinBubbles.exe」が入っている)

「WinBubble」では、編集できるオプションが大きく9 つのカテゴリ(タブ)に分けられています。
ここでは、その一部を簡単に紹介します。

    General タブ
    Branding your Windows Vista / 7 Computer
  • Original Equipment Manufacturer (OEM) Settings
    OEM 情報の編集
  • Owner Information
    オーナー情報の編集

  • Add more options to Explorer's Context Menu (Right-Click Menu)
  • "Move To"
    ファイルやフォルダの右クリックメニューに、「フォルダへ移動」を追加
  • "Copy To"
    ファイルやフォルダの右クリックメニューに、「フォルダへコピー」を追加
  • "Turn On Aero" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Turn On Aero(Aero を有効化)」を追加
  • "Turn OFF Aero" to Computer Icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Turn OFF Aero(Aero を無効化)」を追加
  • "Create a Restore point" to Computer Icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Create a Restore point(復元ポイントを作成)」を追加
  • "Device Manager" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Device Manager(デバイスマネージャー)」を追加
  • "Disk Clean-up" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Disk Clean-up(ディスククリーンアップ)」を追加
  • "Monitor Off" to Explorer and Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Monitor OFF」を追加

  • Desktop Customizations
  • Show ○○ Icon to Desktop
    デスクトップ上に、コンピュータ / コントロール パネル / ネットワーク などのアイコンを表示する
  • Remove the Shortcut Arrow
    ショートカットアイコンに付いている矢印を削除
    Specific タブ
    Customize Screensaver and Shortcut Arrow Icon
  • スクリーンセーバー(Bubbles)をカスタマイズ
    影を付ける(With Shadows)、背景を黒にする(Black Background)といったオプションがある
  • スクリーンセーバー(Ribbon)をカスタマイズ
    リボンの数(Number of Ribbons)/ 幅(Preset)を指定することができる
  • スクリーンセーバー(Mystify)をカスタマイズ
    ラインの数(Number of Lines)を指定することができる
  • スクリーンセーバー(Aurora)をカスタマイズ
    「set1」/「set2」というプリセットが用意されている
  • Customize Shortcut Icon
    ショートカットアイコンに付く矢印をカスタマイズできる

  • 操作は、基本的に「Preset」欄でプリセットを選択し、それぞれの欄にある「Set」ボタンを押せばOK。
    ( 「Mystify」だけ「Window」となっているが...)
    「Ribbon」欄でリボンの本数 / 幅 を指定する場合、両方の値を指定しないと設定は反映されないので注意。
    (たとえば、リボン幅だけを指定... ではNG)

    Tweaking Toolbox
  • Hacking WEI Score
    「Windows エクスペリエンス インデックス スコア」の変更
  • System Configuration
    「システム構成」を呼び出す
  • Folder Options
    「フォルダオプション」を呼び出す
  • Disable Hibernation
    ハイバネーション機能の無効化
  • All Task CP Tweaks
    「すべてのタスク」を呼び出す
  • Command Prompt Color
    コマンドプロンプトの背景色(Background Color)/ 文字色(Text Color)をカスタマイズ
  • Windows Services
    「サービス」を呼び出す
  • System File Check
    システムファイルのチェック / 修復
    Icon タブ
  • 各種ドライブ、 “ ドキュメント ” フォルダ 等、特殊フォルダのアイコンを変更することができます。
    操作は、各項目の右にある ... ボタンをクリック → 変更先のアイコン(ico ファイル)を選択するだけ。
    対象のフォルダによっては、「Icons」というウインドウが表示されることもあります。
    その場合、表示されたアイコン一覧の中から好きなものを選択 → 下部の「SELECT」ボタンを押します。
    (アイコンの種類は、上部メニュー「Suggested」「Shell32」等から切り替えることができる)
    尚、「Icons」ウインドウが表示された場合でも、左下の「Browse for ico, dll,」ボタンから任意のICO を選択できるようになっています。
    変更したアイコンを元に戻す時は、 X ボタンをクリックします。
    (画面下部にある「Restore all to(全てを元に戻す)」ボタンをクリックしてもよい)
    Windows 7 タブ
    OS がVista の場合、ここは「Windows Utilities」タブになっています。
    表示されるオプションは、下記の「Windows Utilities and Tools」。

    Windows 7 Welcome Screen Customization
  • “ ようこそ ” 画面をカスタマイズすることができます。
    手順は次の通り。
    1. 「Browse」ボタンをクリック。
    2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、ログオン画面の背景として使いたいJPEG ファイルを指定。
    3. 「Set」ボタンをクリック。
    4. 「Logon screen wallpaper has been set.」というダイアログが表示されたら設定完了。
    5. 元に戻したくなったら、「Restore」ボタンを押します。
    ここでは、テキストに付ける影のスタイル(Text Shadow)を変更したり、スタートアップ時のサウンドを無効化(Disable the Start-up Sound)したりすることもできる。

  • Windows Utilities and Tools
  • 各種システムツールを呼び出すことができます。
    (右にあるメニューボタンから、表示するツールのカテゴリを選択することができる)
    Security タブ
    Securing your Desktop
  • Remove "New" in Explorer's Context Menu
    右クリックメニュー内にある「新規作成」を削除
  • Disable AutoPlay in all types of media
    ドライブ接続時のオートランを無効化
  • Enable UAC (User Account Control)
    UAC の有効化 / 無効化
  • Require users to press ctrl+alt+del
    ロック解除時に、ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「Delete」” の入力を必須にする

  • More UAC options
  • Change UAC levels
    UAC レベルの変更
  • Prompt for credentials (Username and Password)
    「ユーザーアカウント制御」ダイアログ上で、パスワード入力を要求するようにする

  • Hide it!
    指定したドライブを、エクスプローラ上で非表示にすることができます。
  • Hide Shutdown button and options in the Start menu
    スタートメニューやログオン画面から、「シャットダウン」ボタンを隠す

  • Internet Explorer
    IE の各種機能を無効化することができます。
    Optimize タブ
  • Detailed Performance Settings
    「パフォーマンス オプション」を呼び出す
  • Aero Off
    DWM サービスを停止する(Aero をオフにする)
  • Aero Off/On
    Aero のON / OFF 切り替え
  • Do not allow Window Animations
    ウインドウのアニメーションを無効化する

  • Start Menu Search
  • Stop searching the File index
    (スタートメニュー検索で、)インデックス済みのファイルを検索しない
  • Stop searching Favorites and History (Web pages)
    (スタートメニュー検索で、)「お気に入り」などのWeb ページは検索しない
  • Stop searching the Communication files such as Windows Live Mails
    (スタートメニュー検索で、)Windows Live Mail などのコミュニケーションファイルを検索しない

  • More on Speeding-up: Start Menu, Boot, Windows Shutdown ~
  • Do not Clear Pagefile at Shutdown: Speeds up Windows shutdown but ~
    シャットダウン時に、ページファイルをクリアしない(シャットダウンを高速化する)
  • Increase NTFS Performance 1: Disable updating the last-accessed timestamp ~
    「最終アクセス日時」の更新を無効化する(システムの高速化)
  • Startup Programs
    スタートアッププログラムを表示する(「システム構成」の「スタートアップ」タブを開く)
    Tools タブ
    Context Menu Customization Tool
  • システムフォルダ / ドライブ / フォルダ / ファイル / IE 等の右クリックメニューを、カスタマイズすることができます。
    (アイテムの追加 / 削除 / バックアップ)
    手順は以下の通り。
    1. 「Computer Icon」「Explorer/Desktop」「IE」など、カスタマイズ先の項目(ボタン)をクリック。
      もしくは、「File type」欄のプルダウンメニューをクリックし、カスタマイズ先の拡張子を選択します。
    2. 左下のリストに、ユーザーによって追加された右クリックメニューがリスト表示されます。
    3. アイテムを削除する時は、目的のアイテムを選択 →「Remove(削除)」ボタンをクリック。
      アイテムをバックアップする時は、「Backup(バックアップ)」ボタンを押します※2
      ※2 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、バックアップファイルに適当な名前を付けて保存する。
      (バックアップ内容を復元する時は、保存したREG ファイルをダブルクリックすればOK)

      アイテムを追加する時は、右の「Context Menu Entry」欄にある「Command」欄で追加するアイテムを選択し、名前、(必要であれば)アイコン を指定して「Add」ボタンを押せばOK。
    My Computer and Control Panel Items
  • 「コンピュータ」「コントロール パネル」「デスクトップ」内に、任意のファイルやフォルダを追加することができます。
    手順は次の通り。
    1. 右の「Options」欄で追加先の場所を選択します。
    2. 左の「File/Folder」欄で、追加するアイテムを選択します※3
      ※3 ファイルを追加する場合は下の「File」に、フォルダを追加する場合は「Folder」にチェックを入れる
    3. 上の「Name」欄に表示名を入力し、「Set」ボタンを押せばOK。
    登録したアイテムを削除する時は、以下のように操作します。
    1. 右下の「Hide/Show Item」ボタンをクリック。
    2. 「List Items」というウインドウが表示されます。
      まず、右上の欄で、アイテムが登録されている場所を選択します。
    3. 登録したアイテムが表示されます。
      あとは、削除したいアイテムを選択し、「Delete」キーを押せばOK。
      (確認ダイアログが表示されるので、「はい」を選択する)
    More policy
    Taskbar and Start Menu
  • Add Run Command to Start Menu
    スタートメニュー内に、「ファイル名を指定して実行」を追加

  • Miscellaneous Quick Tweaks
  • Show the Letter First in Windows Explorer
    ドライブレターを、ボリューム名の前に表示する
  • Disable Low disk space checks
    ディスクの空き容量監視機能を無効化
  • Disable Balloon Tips
    バルーンチップの無効化
  • Disable Mobility Center
    モビリティセンターの無効化
  • Disallow Flip3d
    フリップ3D の無効化
  • Disable Taskbar Thumbnails
    タスクボタンの上にマウスカーソルを乗せた際に、サムネイルを表示しない
  • " Encrypt / Decrypt " Right-Click Menu
    フォルダの右クリックメニューに、「暗号化」を追加
  • Number of Recent Items
    「最近使ったメニュー」内に表示する項目の数
    IE タブ
    Internet Explorer
  • IE の
    • Title(ウインドウタイトル)
    • Start Page(スタートページ)
    • Other Start Page(第二 ~ のスタートページ)
    を設定することができます。
  • Disable/Restrict changing the Start Pages or Home Page Settings in ~
    スタートページの変更禁止
  • Enable Pop-Up Blocker
    ポップアップブロックの有効化
  • Enable Phising Filter
    フィッシングフィルターの有効化
  • Enable ClearType
    ClearType の有効化

  • Miscellaneous
  • URL History
    アドレスバーの履歴を、個別に削除(Delete)or 全消去(Crear All)する
  • Download Directory
    ファイルダウンロード時に、保存先とするルートフォルダを指定

  • Tools
  • Delete ALL History
    下記全てを削除
  • Clear History Only
    閲覧履歴を削除(直近のみ?)
  • Delete Cookies Only
    クッキーを削除
  • Delete Form Data only
    フォームに入力したデータを削除
  • Delete Password History only
    IE に記憶させたパスワードを削除
  • Delete Temporary IE files only
    IE の一時ファイルを削除
  • Open IE (No Ad-Ons)
    アドオンなしの状態で、IE を実行

操作の手順は、大体以下のような感じです。

  1. 初回起動時のみ、ライセンス同意書(「Software license Agreement」)が表示されるので、「はい」を選択します。
  2. 続いて “「WinBubble」の新しい機能を確認しますか? ” というような内容のダイアログが表示されます。
    その情報を見る場合は「はい」を、見ない場合は「いいえ」を選択します。
    (「はい」を選択すると、このページ が表示される)
  3. メイン画面が表示されます。
    あとは、各タブでチェックボックスをON / OFF にしたりし、画面右下にある「Apply」ボタンを押すだけです。
    「Tweaks has been saved!」というダイアログが表示され、設定内容が反映されます。
    ちなみに、チェックボックスをON にしたり、「Apply」ボタンを押したりした時に
    • Restarting your computer is recommended. Do you want to Restart now ?
    • You need to Log Off afterwards to apply the settings. Do you want to continue ?
    というダイアログが表示された場合、設定内容は次回のWindows 起動時 / ログオン時 まで反映されません。
    ここですぐに再起動 / ログオフ を行う場合は「はい」を選択し、後で再起動 / ログオフ する場合は「いいえ」を選択します※4
    ※4 「You need to Log Off ~(処理を続行するには、ログオフが必要になります)」の場合、「はい」を選択した後に「Apply」ボタンを押すと、ログオフが自動的に行われる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
WinBubble TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

スポンサードリンク

WinBubble を紹介しているページです