Recuva

Recuva の概要や使い方を紹介しています

Recuva を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

使いやすいインターフェイスのファイル復元ソフト!「Recuva」。

Recuva
制作者 Piriform
対応 2000/XP/Vista/7/8

Download (公式)
Download (ミラー )

● Recuva

シンプルで使いやすいファイル復元ソフト。
ごみ箱から削除されたファイル等々を、元通りに復旧してくれるファイルリカバリーツールです。
復元の前にファイルをプレビュー表示する機能や、検出されたファイルの状態を 4 段階で評価する機能、
検索結果のファイルを、名前の一部やファイルの種類でフィルタリングする機能... などが付いています。
検出されたファイルを、完全に削除してしまうこともできたりします。

「Recuva」は、シンプルなファイル復元ソフトです。
誤ってごみ箱から削除してしまったファイルや、一時ファイル、さらにはクラッシュ、バグ、ウイルス などに
よって消えてしまったファイル等々を、元通りに復旧してくれる.. というファイルリカバリーソフトです。
見た目はシンプルでありながらも中々高機能で、ファイルがどのくらいの確率で復元できるのかを事前に
確認できたり、検索で見つかったファイルをプレビュー表示してみたりすることができます。
(プレビューは、ファイルの状態が良い場合にのみ可能)
検索結果のファイルは、様々な条件を元に絞り込み表示&並べ替え することができ、また「Recuva」の
ようなソフトで復元できないように “ 抹消 ” することもできたりします。
高機能な割にインターフェースはシンプルで分かりやすく、実用性は非常に高いと言えるでしょう。

基本的な使い方は以下の通り。
ウィザードに沿って操作を進めるモードもありますが、ここではウィザードを使わない方法を紹介します。

  1. 「Recuva.exe」を実行します。
  2. Recuva ウィザード」 が表示されますが、右下の「キャンセル」ボタンをクリック。
    ポータブル版を使用している場合、「Cancel」ボタンをクリック → 画面右上の「Options」ボタンを
    クリックし、上部の「Language」欄で「Japanese」を選択して下さい。
  3. メイン画面が表示されます。
    左上にあるプルダウンメニューをクリックし、削除してしまったファイルが存在していたドライブを
    選択します。
  4. すぐ右側にある「スキャン」ボタンをクリック。
    消失したファイルの検索処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  5. 検索が終了すると、画面中央に削除済みのファイルがリスト表示されます。
    ファイルは、
    • ファイル名
    • 削除時のパス
    • 最終更新日時
    • サイズ
    • 状態※1
    • ファイルに対するコメント※2
    といった項目ごとにカラム分けして表示され、各項目ごとにソートできるようになっています。
    ※1 ファイルの状態は、「高確率」「中確立」「低確率」「復元不可能」の 4 段階に分けられる。
    確率が高いほど、ファイルを正常に復旧することができる。

    ※2 ファイルが上書きされているか否かを確認することができる。
  6. 検索結果のファイルは、特定の条件でフィルタリング(絞り込み表示)することもできたりします。
    ファイルをフィルタリングする場合、画面右上にある検索フォームに、目的とするファイルの名前
    (の一部)、あるいは拡張子 を入力します※3
    (通常は、拡張子で絞り込む)
    ※3 検索フォームの右端にある ▼ をクリックし、ファイルの種類を指定しても良い。
    指定できるファイルの種類は、ピクチャ / ミュージック / ドキュメント / ビデオ / 圧縮ファイル /
    電子メール。

    ちなみに、ごみ箱から削除されたファイルは、特定の規則に基づいてリネームされてしまうため、
    通常は「最終更新日」や「サイズ」、「拡張子」を目安にしてファイルを探します※4
    ※4 また、ごみ箱から削除されたファイルは、「削除時点のパス」欄に「$Recycle.bin¥~」と
    表示されるので、それらのファイルを中心に探す。
  7. ファイルの状態が良ければ、その内容を復元前にプレビューすることも可能です。
    操作方法は簡単で、内容を確認したいファイルをクリックするだけ。
    (プレビューは、画面右側のプレビューパネル上で確認することができる)
    プレビューパネルの上部にあるタブをクリックすることで、ファイルの詳細情報 / ヘッダ を
    確認することもできたりします。
  8. 復元したいファイルにチェックを入れ※5、画面右下の「復元」ボタンをクリック※6
    ※5 複数のファイルをまとめて復元したい場合、ファイルの選択を行った後に右クリック →
    「選択されたファイルをチェック」を選択するとよい。

    ※6 目的のファイルらしきものが全く見つからなかった場合、「詳細スキャン」で作業をやり直す...
    という手もある。
    (ただし、詳細スキャンは物凄く時間がかかるので注意)
    「詳細スキャン」を行う場合、画面右上の「オプション」ボタンをクリック → 「動作」タブ を開き、
    「詳細スキャン (調査時間:大) 」にチェック → 再度スキャンを実行する。
  9. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、ファイルの復元先フォルダを指定します。
    この時、復元元のドライブとは違うドライブ内のフォルダを指定します。
  10. ファイルの復元処理が実行されます。
  11. 少し待ち、「 ○ ヶのファイルを復元しました」というダイアログ が表示されたら復元完了です。
  12. Tips : 検索で見つかったファイルを、二度と復元できないように完全削除することもできます。
    ファイルを完全削除するには、削除対象とするファイルにチェックを入れ、右クリック →
    • チェックしたファイルをセキュアな方式で削除
    を選択すればOK です※7
    ※7 画面右上の「オプション」→「動作」タブの下部で、ファイルの削除方式を設定することもできる。
    削除方式は、単純な上書き / 米国国防総省 NISPOM 方式 / NSA 方式 / Gutmann 方式 の
    中から選べる。
    上書き回数が大きいものほど処理は確実になるが、その分処理に時間がかかる。

その他、検出されたファイルの表示形式を、エクスプローラ風なツリービュー、または サムネイル一覧
切り替えることもできたりします。
(ファイルリスト上で右クリック →「表示形式」から)

尚、ファイルの復旧は、「削除した直後に試みる」のが鉄則です。
少しでも時間が経つと、他のファイルに上書きされてしまう可能性があるので、「しまった!!」と
思ったら、即座に処理を実行することをおすすめします。

トップユーティリティ総合データ 復元 Recuva TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 LAV Filters
ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Everything
超高速なファイル検索ソフト

 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト

 LinuxLive USB Creator
Linux 系OS のライブUSB を作成

 SoundEngine
高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 新着フリーソフト
 COMODO Internet Security 8
総合型のセキュリティソフト
 Print preview buttonFirefox
ツールバーボタンやホットキーから、“ 印刷プレビュー ” を行えるようにする
 Windows Installation Media Creation Tool
Windows 8.1 のインストールメディアを作成することができるソフト
 Video Logo Remover
動画内のロゴ / 字幕 等を、除去してくれるソフト
 SpecialFolderPathList.hta
特殊フォルダへのリンクを、リスト形式で一覧表示してくれるソフト
 TakeOwnershipPro
アクセスが拒否されて開くことができないファイルやフォルダを、開けるように修復
スポンサード リンク

Recuva を紹介しているページです