Lucidity

Lucidity の概要や使い方を紹介しています

Lucidity を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

お気に入りの画像ファイルを、 “ 透けて見える壁紙 ” として設定!「Lucidity」。

Lucidity
制作者 Skwire Empire
対応 -

Download (Portable zip )

● Lucidity

指定した画像ファイルを、 “ 常に透けて見える壁紙 ” として使えるようにするソフト。
デスクトップ全体に透過エフェクトをかけることで、背景の壁紙が常に透けて見えるようにしてくれます。
素材として使うことができるのは、BMP / JPG / PNG / GIF / TIF 形式の画像ファイル。
透明度を調整する機能も付いています。

「Lucidity」は、任意の画像を “ 透けて見える壁紙 ” として設定できるようにするソフトです。

  1. 任意の画像ファイルを、壁紙として設定※1
  2. デスクトップ全体に、透過エフェクトをかける
ことにより、指定された画像ファイル (壁紙) が常にうっすらと透けて見えるようにしてくれます。
※1 壁紙として設定せずに使うこともできる。
壁紙として設定しなかった場合、選択した画像自体も半透明化される。
(壁紙として設定した場合、選択した画像自体は透明化されない)

透過エフェクトの強さは自由に調整することができるため、意外と邪魔になるようなことはないと思います。
(画像によっては、作業効率がアップする... かも)
尚、機能のON / OFF は、ワンクリックで即切り替えられるようになっています。

使い方は以下のとおり。

  1. “ 透けて見える壁紙 ” として使いたい画像ファイルを、「Lucidity.exe」にドラッグ&ドロップします。
    もしくは、目的とする画像ファイルのパスをパラメータにして、「Lucidity.exe」を実行します。
  2. すると、指定された画像ファイルが “ 透けて見える壁紙 ” として設定されます。
    もし透明度が気になる場合は、タスクトレイアイコンを右クリック →「Adjust transparency」を選択し、透明度の設定を行っておきます
    (数値が低いほど、画像の表示が薄くなる)
  3. 機能を無効化したくなったら、トレイアイコンを右クリック →「Toggle effect」を選択すればOK です。
    (トレイアイコンを左クリックするだけでもOK )

ちなみに、指定された画像ファイルは、毎回壁紙として設定されます。
壁紙として設定されるのが嫌な場合&壁紙自身も透過させたい場合 は、パラメータとして

    -nosetwall
を付けて実行する必要があります※2
※2 コマンドプロンプトや「ファイル名を指定して実行」上で、 ↓ のように入力する。
~¥Lucidity.exe "画像のパス" -nosetwall
例) D:¥Lucidity¥Lucidity.exe D:¥pic¥jpg¥902.jpg -nosetwall のような感じ。

下記手順でショートカットを作成しておくと、いちいちパラメータを付ける必要がなくなるようですが、私の環境ではこのショートカットが使えませんでした※3
※3 Lucidity 1.0.4 build 1 | Windows 7 Home Premium 64bit。
コマンドラインを手動で入力した場合&コマンドラインをBAT ファイルに書いた場合 は、きちんと動作した.
  1. 「Lucidity.exe」を右クリックし、ショートカットを作成します。
  2. 作成されたショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。
  3. ショートカットのプロパティ画面 が表示されます。
    ここの「リンク先」欄の末尾に半角スペースを入力し、続けて下記パラメータを入力します。
      %1 -nosetwall
    例えば、↓ のような感じになります。
    D:¥download¥utility¥Lucidity¥Lucidity.exe %1 -nosetwall
  4. これで設定完了です。
    以後、このショートカットファイルに画像をドラッグ&ドロップすれば、壁紙設定なしで使えるようになるようです。
  5. 前述のとおり、私の環境ではショートカットがうまく動作しなかったので、次の手順でBAT ファイルを作成しました。
    1. 先ほどの手順で作成したショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。
    2. ショートカットのプロパティ画面 が表示されます。
      ここの「リンク先」欄に表示されている文字列を、全てコピーします。
    3. メモ帳などの テキストエディタ を開き、start と入力します。
    4. start に続けて半角スペースを入力し、コピーしておいた文字列を貼り付けます。
      例えば、↓ のような感じになります。
      start D:¥download¥utility¥Lucidity¥Lucidity.exe %1 -nosetwall
    5. あとは、これを拡張子 bat で保存すればOK。
      以後、このBAT ファイルに画像をドラッグ&ドロップすれば、壁紙設定なしで「Lucidity」を使えるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Lucidity TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

Lucidity を紹介しているページです