TranspWnds

TranspWnds の概要や使い方を紹介しています

TranspWnds を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ マウス + キー 操作 ” で、ウインドウを操作!「TranspWnds」。

TranspWnds
制作者 UncleLab
対応 XP/Vista/7

Download

● TranspWnds

ウインドウの半透明化 / 移動 / タイトルバー非表示化 等の操作を、簡単に行えるようにするソフト。
任意の修飾キーを押したまま、特定のマウス操作を行う ” ことにより、ウインドウを半透明表示にしたり、常に最前面状態にしたり、移動 / リサイズ させたり、タイトルバー非表示状態 にできるようにしたりしてくれます。
実行した処理の内容を、テキストで表す “ OSD ” などの機能が付いています。

「TranspWnds」は、各種ウインドウ操作を手軽に行えるようにするソフトです。
“ 任意の修飾キーを押したまま※1、特定のマウス操作を行う ” ことにより、さまざまなウインドウ操作をエミュレートできるようにしてくれます。
※1 修飾キー = Alt / Ctrl / Shift / Win キー。
実際に実行できるようになるのは、次の 5 機能。

  • ウインドウの半透明化 - 特定の修飾キーを押したまま、マウスホイールを回転させる
  • 常に最前面表示のON / OFF - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをクリック
  • ウインドウの移動 - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをドラッグ
  • ウインドウのリサイズ - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをドラッグ
  • タイトルバー表示のON / OFF - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをクリック
各機能に割り当てるマウスボタン、および修飾キー は自由にカスタマイズすることができ※2、透明度に関してはステップ値※3 / 最大透明度 なども調整できるようになっています。
※2 機能に関連付ける修飾キーは、複数指定することもできる。
※3 一度の操作で変動させる値のこと。
それぞれの機能を実行すると、処理内容がOSD ※4 で表示されるというヴィジュアル的なソフトです。
※4 オン・スクリーン・ディスプレイ のこと。
テレビで、 “ 消音 ” などのボタンを押した時に表示される字幕のような効果。
OSD が有効になるのは、透明度調整、最前面表示のON / OFF、タイトルバー表示のON / OFF 時。

使い方は以下のとおりです。

    設定編
  1. 「TranspWnds.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Options」を選択。
  3. 「Options」画面が表示されます。
    まず最初に「Hotkey」タブで、各機能を実行する際に使用するホットキーを設定しておきます。
    設定できるのは、下の 5 機能。
    • Transparent - 半透明化
    • TopMost - 常に最前面表示のON / OFF
    • Move - ウインドウを動かす
    • Size - ウインドウをリサイズ
    • ToggleCaption - タイトルバー表示のON / OFF
    それぞれの機能には、 “ 任意のマウスボタン + 任意の修飾キー ” を割り当てられるようになっています。
    (「Transparent」のみ、 “ マウスホイールの回転 + 任意の修飾キー押し ” )
  4. 次に「Transparency」タブを開きます。
    (透明化機能を使わない場合、ここの設定は不要)
    この「Transparency」タブでは、下記二つのオプションを設定できるようになっています。
    • Min transparent level - 最大透明度※5
    • Step change of transparent level - 透明度を上げ下げする際のステップ値
    ※5 透明度をMAX まで上げた時に、どの程度まで透明にするのか... ということ。
    最大透明度は、スライダーを右にドラッグするほど値が大きくなります。
    (値が大きい = それだけ、MAX 時に透明になる)
    ステップ値も、スライダーを右にドラッグするほど値が大きくなります。
    (値が大きい = 透明度を一気に変えていく ということ)
  5. 最後に「OSD」タブを開きます。
    ここで、
    • OSD align - テキストを表示する位置
    • Font - フォント
    • Text Color - 文字色
    • Text Shadow Color - 影の色
    を設定しておきます。
  6. 設定が済んだら、下部の「OK」ボタンを押して「Options」画面を閉じます。
    実践編
  1. 目的とするウインドウ上で※6、設定しておいた操作を行います。
    ※6 特に、タイトルバー上である必要はない。
  2. すると、実行した処理の内容がOSD で表示され、それぞれの機能が実行されます。

ちなみに、タスクトレイアイコンを右クリック →「Disable」を選択することで、「TranspWnds」の機能を無効化することもできたりします。
(タスクトレイアイコンを右クリック →「Enable」を選択すると、機能が再度有効になる)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
TranspWnds TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 PerspectiveImageCorrection

斜めになったり遠近感が狂ったりした画像を、まっすぐ自然な感じに補正してくれるソフト

 Play/PauseFirefox

YouTube 等の再生・一時停止 を、タブ上のアイコンやホットキーから切り替えられるようにする

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

スポンサードリンク

TranspWnds を紹介しているページです