Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する

Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する

Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する

Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する

このページでは、Windows 10 の「メール」アプリを使い、Gmail を送受信できるようにする方法を紹介します。

Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する


Windows 10 の「メール」アプリでは、プロバイダメールや Microsoft 系メールサービスのほかに、Gmail などのメールサービスを管理することもできます

メールを一元的に管理できるようになるのはもちろん、「メール」アプリは Windows の通知に対応しているため、メールチェッカーの代わりとしても使うことが可能となっています※1
(通知が必要なければ、Gmail アカウントのみ通知を無効化することもできる)

メールを受信すると、デスクトップの右下からバナー通知が表示される
1 メールを受信すると、デスクトップの右下からバナー通知が表示される。
また、「メール」アプリをタスクバー上にピン留めしておけば、未読メールの件数がバッジで表示されたりもする。
(おそらく、デフォルトでタスクバーにピン留めされていると思います)
未読メールの件数が、タスクバー上にピン留めされたアイコンの上にバッジで表示される

登録した Gmail アカウントはスタートメニュー内にピン留めしておくこともできるので、スタートメニューから一発で受信トレイを開けるようにもなったりします。
(特定ラベルへのショートカットをピン留めすることもできる)

普段、Gmail などのメールサービスを利用している人におすすめです。


Gmail の IMAP を有効化する(有効にしていない場合のみ)
  1. Gmail を開き、画面右側にある歯車アイコンをクリック → 「設定」を選択します。
    画面右上にある歯車アイコンをクリックする
    「設定」を選択する
  2. 設定画面が表示されるので、上部にあるメニューを「メール転送と POP/IMAP」に切り替え、中段の「IMAP アクセス」欄で「IMAP を有効にする」を選択 → 画面下部にある「変更を保存」ボタンをクリックします。
    上部にあるメニューを「メール転送と POP/IMAP」に切り替え、「IMAP を有効にする」を選択する
目次へ戻る
Google アカウントで「安全性の低いアプリ」を有効化する(有効にしていない場合のみ)
  1. Google アカウントにログインしたまま、安全性の低いアプリのアクセス ページを開きます。
  2. 「安全性の低いアプリのアクセス」という画面が表示されるので、「安全性の低いアプリの許可」欄にあるスイッチをクリックし、「有効」に変更しておきます。
    「安全性の低いアプリの許可」を有効にする
  3. Google から「重大なセキュリティ通知」というメールが届きます。
    Google から「重大なセキュリティ通知」というメールが届く
    このメールの本文中にある「アクティビティを確認」ボタンをクリックし、「はい、心当たりがあります」をクリックしておきます。
    「はい、心当たりがあります」をクリックする
目次へ戻る
「メール」アプリに、Gmail のアカウントを登録する
  1. 最初に、スタートメニュー内にある「メール」アプリをクリックします。
    スタートメニュー内にある「メール」アプリをクリックする
    「メール」アプリがタスクバー上にピン留めされている場合は、それをクリックしても OK です。
    「メール」アプリがタスクバー上にピン留めされている場合は、それをクリックしてもよい
  2. 「メール」アプリが表示されます。
    メール
    まず、左メニュー内にある「アカウント」をクリック → 画面右側にパネルが表示されるので、「+ アカウントの追加」を選択します。
    画面右側にパネルが表示されるので、「+ アカウントの追加」を選択する
    画面左側にメニューが表示されていない時は、左上にある メニューボタン をクリックしてみてください。
    画面左上にあるメニューボタンをクリックする
  3. 「アカウントの追加」という画面が表示されます。
    アカウントの追加
    ここで、「その他のアカウント」を選択します※2
    2 私の環境では、「Google」から登録を行った場合、なぜかメールチェックを自動で行うことができなかった。
    (バージョン 16005.12228.20410.0)
  4. 「その他のアカウント」という画面が表示されます。
    その他のアカウント
    ここで、
    • メールアドレス - 「メール」アプリで管理できるようにする Gmail アドレス
    • この名前を使用してメッセージを送信 - メール受信者に表示される名前
    • パスワード - Gmail のパスワード
    を入力し、右下にある「サインイン」をクリックします。
  5. 少し待ち、「すべて完了しました」という画面が表示されたらセットアップ完了です。
    すべて完了しました
    そのまま、右下にある「完了」をクリックします。
  6. 「メール」アプリの左メニュー内に、先ほど設定を行った Gmail アカウントが登録されています。
    先ほど設定を行った Gmail アカウントが登録されている
    このアカウント名をクリックすると、受信トレイの中身を確認することができます※3
    3 環境によっては、メールの同期(メールの受信)に時間がかかる場合もある。
    メールの同期が中々開始されない時は、アカウント名をクリック → 画面上部に表示される このビューを同期 をクリックしてみるとよい。
    画面右上にある同期ボタンをクリックする
目次へ戻る
よく使うラベルを、お気に入りに追加する
  1. 「受信トレイ」以外のラベルが付いたメールに関しては、アカウント名をクリック → 「その他」をクリックすることで表示することができます。
    「受信トレイ」以外のラベルが付いたメールに関しては、「その他」をクリックすることで表示できるようになっている
    よく使うラベルがある場合、該当のラベルを右クリック → 「お気に入りに追加」を選択することで、該当のラベルを「メール」アプリの左メニュー内に追加することもできたりします。
    任意のラベルを右クリック → 「お気に入りに追加」を選択する
    該当のラベルが、「メール」アプリの左メニュー内に追加された
    ラベルをお気に入りから削除する時は、目的のラベルを右クリック → 「お気に入りから削除」を選択します。
    目的のラベルを右クリック → 「お気に入りから削除」を選択する
    目的のラベルを右クリック → 「お気に入りから削除」を選択する
目次へ戻る
Gmail の受信トレイを、スタートメニューから開けるようにする
  1. 「メール」アプリに登録した Gmail アカウントは、右クリックメニューからスタート画面にピン留めすることも可能となっています。
    「メール」アプリに登録した Gmail アカウントは、スタート画面にピン留めすることもできる
    このタイルをスタートにピン留めしますか?
    Gmail アカウントが、スタート画面にピン留めされた
    ピン留めされたタイルをクリックすると、選択アカウントの受信トレイをダイレクトに開くことができます。
    同様の手順で、特定ラベルへのショートカットをスタート画面にピン留めすることもできたりします。
    特定ラベルへのショートカットを、スタート画面にピン留めすることもできる
    該当のラベルが、スタート画面にピン留めされた
目次へ戻る
メールチェックの頻度を指定する
  1. メールチェックを行う頻度を変更したい時は、目的のアカウントを右クリックして「アカウント設定」を選択します。
    設定を行うアカウントを右クリックして「アカウント設定」を選択する
  2. 「アカウントの設定」という画面が表示されます。
    アカウントの設定
    ここで、「メールボックスの同期の設定を変更」を選択します。
  3. 「Gmail 同期の設定」という画面が表示されます。
    Gmail 同期の設定
    そのまま、「新しいメールをダウンロードする頻度」欄にあるプルダウンメニューをクリック → どのくらいの頻度でメールチェックを行うのか指定します※4
    新しいメールをダウンロードする頻度
    4 「アイテムの受信時」は、「サーバーに到着した時」を意味している模様。
    「使用状況に応じて」の詳細は不明だが、バッテリー使用時、AC 電源接続時、モバイルネットワーク使用時、Wi-Fi 利用時... 等々、状況に応じてメールチェックの間隔を最適化するということだろうか?

    また、「ダウンロードするメールの期間」欄にあるプルダウンメニューをクリックすることにより、メールチェック時に何日分のメールをダウンロードするのかを選択することもできたりします。
    ダウンロードするメールの期間
目次へ戻る
Gmail の通知を無効化する
  1. 「メール」アプリに登録したアカウントにメールが届くと、デスクトップの右下から通知バナーが表示されるようになっています。
    メールを受信すると、デスクトップの右下からバナー通知が表示される
    また、未読メールがある場合、ピン留めされたアイコンの上にバッジが表示されるようにもなっています。
    未読メールの件数が、タスクバー上にピン留めされたアイコンの上にバッジで表示される
    もしこのような通知が不要である場合は、アカウント名を右クリックして「通知を無効にする」を選択しておきます。
    通知が不要である場合は、アカウント名を右クリックして「通知を無効にする」を選択する
    無効化した通知を再度有効化する場合は、アカウントを右クリックして「通知を有効にする」を選択します。
    無効化した通知を再度有効化する場合は、アカウントを右クリックして「通知を有効にする」を選択する
目次へ戻る
登録した Gmail アカウントを、「メール」アプリから削除する
  1. 登録した Gmail アカウントを「メール」アプリから削除したい時は、目的のアカウントを右クリックして「アカウント設定」を選択します。
    登録したアカウントを「メール」アプリから削除したい時は、目的のアカウントを右クリックして「アカウント設定」を選択する
  2. 「アカウントの設定」という画面が表示されます。
    アカウントの設定
    ここで、「このデバイスからアカウントを削除」を選択します。
  3. 「このアカウントを削除しますか?」という画面が表示されます。
    このアカウントを削除しますか?
    あとは、画面下部にある「削除」ボタンをクリックすれば OK です。


スポンサード リンク


Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理 TOPへ
スポンサードリンク

Windows 10 の「メール」アプリで、Gmail を管理する