CD Manipulator

CD Manipulator の概要や使い方を紹介しています

CD Manipulator を紹介しているページです

CD を手軽にバックアップ!「CD Manipulator」。

CD Manipulator
3.03 / 5296 票)
制作者 Y.Kanechika
対応 98/Me/2000/XP/Vista/7
バージョン 2.70
更新日時 2004-01-06
ファイルサイズ 242 KB
公式

CD Manipulator

シンプルで使いやすい CD バックアップツール。
指定したCD の内容を、" IMG + cue " 形式の イメージファイル としてそっくりそのままコピーしたり、抽出したイメージファイルを、空のディスクに書き込んだりすることができます。
ファイル / フォルダ を元に " BIN + cue " 形式のイメージを作成する機能や、データディスク作成機能、音楽 CD 作成機能、RW ディスクの内容消去機能... 等も付いています。

「CD Manipulator」は、シンプルな CD バックアップツールです。
CD 内のデータを丸ごと抜き出したり、抜き出したデータをディスクに書き込んだりすることができる という一本完結型の CD バックアップツールです。
データは " IMG + cue " 形式のイメージファイルとして抽出されるようになっているため、CD を完全にバックアップしたい時などに役立ってくれます。
(音楽 CD 内の特定トラックを、WAVE 形式でリッピングすることもできる)
また、

  • データ CD 作成
  • 音楽 CD 作成※1
  • イメージファイル作成※2
... 等の機能も付いていたりして、普通に CD ライティングソフトとしても使えるようになっています。
1 素材とすることができるのは、WAVE 形式の音声ファイル。
2 " BIN + cue " 形式で出力される。
イメージのファイルシステムは、ISO9660 + Joliet になる。

使い方は以下の通りです。
「CD Manipulator」が利用中のドライブを認識しない場合、ASPI レイヤー をインストールする必要が出てくるようです。

使用バージョン : CD Manipulator 2.70
CD 内のデータを、丸ごと抽出する
  1. コピーしたい CD を、光学ドライブに挿入します。
  2. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  3. 初回起動時のみ、使用言語を問うダイアログが表示されます。
    使用言語を問うダイアログ
    ここで「日本語(コピ厨仕様)」もしくは「日本語」を選択し、右下の「OK」ボタンをクリックします。
    (どちらを選択しても、機能に違いはありません)
  4. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「CD」から「イメージ作成」を選択します。
    CD Manipulator
  5. 「CD イメージ作成」というウインドウが表示されます。
    「CD イメージ作成」
    まず、上部にある「選択中のドライブ」欄で、リップしたい CD が入っているドライブを選択します。
  6. 次に、右上の「検索」ボタンをクリックし、リップした CD データ( IMG イメージ + cue シート)の出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。( ファイル名は、「.cue」形式で指定する)
  7. 必要であれば、画面左の「高度な設定」にチェック → 適宜オプションを設定しておきます。
    (よくわからない場合、特に触らなくて OK )
    音楽 CD をコピーする際は、「正しいTOCとギャップ情報の取得」にチェックを入れておくとよいでしょう。
    処理の際にエラーが生じるような時は、「エラー無視」にチェックを入れておきます。
  8. 最後に、画面右下の「OK」ボタンをクリックすればリッピング開始です。
リッピングが完了すると、指定しておいたフォルダ内に “ img 形式のイメージファイル + cue シート※3 ” が出力されます。
(この二つのファイルは、常に同じフォルダ内に置いておく)
3 イメージファイルの構造が記述されたテキストファイル。
これを読み込ませると、イメージファイルを CD と同じように扱えるようになる。

イメージファイルは、「DAEMON Tools」 等の仮想ドライブ作成ソフトに読み込ませると、CD と同じように扱えるようになります。

目次へ戻る


CD イメージを書き込む
  1. 空の CD メディアを、ドライブに挿入します。
  2. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「CD」から「書き込み」を選択します。
    CD Manipulator
  4. 「CD へ書き込む」というウインドウが表示されます。
    「CD へ書き込む」
    最初に「選択中のドライブ」欄で、空の CD メディアが入っているドライブを選択します。
  5. 右上の「検索」ボタンをクリックし、イメージファイルに付いてきた cue シートを選択します。
  6. 必要であれば、画面左の「高度な設定」にチェック → 適宜オプションを設定しておきます。
    (よくわからない場合、特に触らなくて OK )
  7. 最後に、右下の「OK」ボタンをクリックすれば書き込み開始です。
目次へ戻る
ファイルやフォルダを、CD に焼き込む
  1. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「CD」から「マスタリング」を選択します。
    CD Manipulator
  3. 「CD マスタリング」という画面が表示されます。
    「CD マスタリング」
    まず、画面左上の「ボリュームラベル」欄に、これから作成するディスクの名前を入力しておきます。
    (そのままでも OK )
  4. 画面右側の欄に、焼きたいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。
    ファイルを間違えてドロップしてしまった場合は、該当のものを右クリック →「削除」を選択します。
  5. 焼きたいファイルをすべて登録したら、画面右下の「CD へ書き込み」ボタンをクリックします。
  6. 「CD へ書き込む」という画面が表示されます。
    「CD へ書き込む」
    この画面の上部にある「選択中のドライブ」欄で、データの書き込み先ドライブを選択します。
  7. 必要であれば、画面左の「高度な設定」にチェック → 適宜オプションを設定しておきます。
    (よくわからない場合、特に触らなくて OK )
  8. 最後に、右下の「OK」ボタンをクリックすれば書き込み開始です。
目次へ戻る
ファイルやフォルダを、イメージ化する
  1. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「CD」から「マスタリング」を選択します。
    CD Manipulator
  3. 「CD マスタリング」画面が表示されます。
    「CD マスタリング」
    まず、画面左上の「ボリュームラベル」欄に、これから作成するイメージの名前を入力しておきます。
    (そのままでも OK )
  4. 画面右側の欄に、イメージ化したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。
  5. イメージ化したいファイルをすべて登録したら、画面下部にある「イメージの作成」ボタンをクリックします。
  6. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がります。
    あとは、イメージの出力先フォルダ&ファイル名 を指定して「保存」ボタンをクリックすれば OK です。
目次へ戻る
音楽 CD を作成する
  1. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「CD」から「マスタリング」を選択します。
    CD Manipulator
  3. 「CD マスタリング」画面が表示されます。
    「CD マスタリング」
    最初に、左上の「トラックリスト」タブを開きます。
    「トラックリスト」タブ
  4. 焼きたい WAVE ファイルを、リストにドラッグ&ドロップします。
  5. 曲の再生順を変更したい場合は、下部にある「順位を上げる」「順位を下げる」ボタンを使い、適宜順番を調整します。
  6. 画面右下にある「CD へ書き込み」ボタンをクリックします。
  7. 「CD へ書き込む」という画面が表示されます。
    「CD へ書き込む」
    まず、上部にある「選択中のドライブ」欄で、書き込み先のドライブを選択します。
  8. 必要であれば、画面左の「高度な設定」にチェック → 適宜オプションを設定しておきます。
    (よくわからない場合、特に触らなくてOK)
  9. 最後に、右下の「OK」ボタンをクリックすれば書き込み開始です。
目次へ戻る
音楽 CD 内の特定トラックをコピーする
  1. あらかじめ、音楽 CD を光学ドライブに挿入しておきます。
  2. 「CdManipulator.exe」を実行します。
  3. メインウインドウの他に、「TOC」というウインドウが立ち上がります※4
    「TOC」
    4 「TOC」ウインドウが表示されない場合、メニューバー上の「ウインドウ」から「TOC ウインドウ」を選択する。
    この「TOC」ウインドウ内に、現在読み込んでいる CD 内のトラックがリスト表示されています。
    この中から、コピーしたいトラックを選択状態にします。
  4. メイン画面のメニューバー上にある「CD」から「トラックの読み込み」を選択します。
    CD Manipulator
  5. 「トラック読み込み」という画面が表示されます。
    「トラック読み込み」
    右上の「検索」ボタンをクリックし、コピーしたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    (拡張子は「.wav」にする)
  6. 必要であれば、画面左の「高度な設定」にチェック → 適宜オプションを設定しておきます。
    (よくわからない場合、特に触らなくて OK )
  7. あとは、右下の「OK」ボタンをクリックすれば OK です。
    選択していたトラックのコピーが実行されます。

そのほか、CD-RW を初期化する機能や※5、リッピング → ライティング を続けて実行する機能※6 なども付いています。
5 RW ディスクを挿入した後、メニューバー上の「ツール」から「メディアの高速初期化」を選択する。
(「完全初期化」でも OK )

6 メニューバー上の「CD」→「コピー」から。
リッピングが完了すると、続けて書き込み画面が立ち上がる。

CD Manipulator TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

スポンサード リンク

CD Manipulator を紹介しているページです