Context Menu Editor

Context Menu Editor の概要や使い方を紹介しています

Context Menu Editor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

フォルダの背景&デスクトップの右クリックメニューを拡張!「Context Menu Editor」。

Context Menu Editor
制作者 Gopal Adhikari
対応 Vista/7

Download
Download (ミラー)

● Context Menu Editor

フォルダの背景&デスクトップの右クリックメニュー内 に、アプリケーションを登録できるようにするソフト。
フォルダの背景(何もないところ)上での右クリックメニュー / デスクトップ上での右クリックメニュー 内に、普段よく使っているアプリケーションや、任意のWeb サイトを登録できるようにします。
登録アイテムのアイコン / 表示名 をカスタマイズする機能や、 “「Shift」キー ” を押している時のみ登録アイテムを表示するように設定する機能、登録したアイテムを削除する機能 等も付いています。

「Context Menu Editor」は、シンプルな右クリックメニュー拡張ソフトです。
フォルダの背景&デスクトップ上で右クリックした時に表示されるメニュー内に、普段よく使っているアプリ ケーションやお気に入りのWeb サイトを登録できるようにしてくれます※1
※1 Web サイトは、既定のブラウザではなくIE で表示されるので注意。
アイテムは HKEY_CLASSES_ROOT¥Directory¥Background¥shell 以下に登録されるので、開くブラウザを変更することもできるが...

登録アイテムに関連付けるアイコン / 表示名 は自由にカスタマイズすることができ、また必要なくなればいつでも削除できるようになっています。
多機能なソフトではありませんが、右クリックメニューをランチャーのようにして使えるようになるので結構便利です。

使い方は以下の通りです。

    準備
  1. 「Context Menu Editor.exe」を右クリック →「プロパティ」→「互換性」タブを開き、一番下にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック → 下部の「OK」ボタンを押します。
    (「Context Menu Editor」を、管理者として実行できるようにする... ということ)

  2. アプリケーションの登録
  3. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    一番上の「Path」欄にある「Browse」ボタンをクリックし、登録するアプリケーションを指定します。
  5. すると、下の「Icon」欄に該当アプリケーションのアイコンパスが、「Text」欄にアプリケーション名が自動入力されます※2
    ※2 「Text」欄に入力されたテキストが、メニュー内での表示名になる。
    もしこれらを変更したい場合は、適宜編集を行っておきます。
  6. 必要であれば、登録アプリを “ 「Shift」キーを押している時のみ表示する ” ように設定することもできます。
    そのようにしたい場合は、「Text」欄の右にある「Extended」にチェックを入れておきます。
  7. あとは、下の「Set」ボタンを押せばOK。
    これで、フォルダの背景やデスクトップ上での右クリックメニューから、登録したアプリを呼び出せるようになっています。

  8. Web サイトの登録
  9. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  10. 下の「URL」欄に、登録したいWeb サイトのURL を入力します。
  11. 必要であれば、下の「Icon」欄にある「Browse」ボタンをクリックし、該当URL に関連付けるアイコンを指定しておきます。
    (アイコンを指定しない場合、単純に “ アイコンなし ” になる)
  12. その下の「Text」欄に、アイテムの表示名を入力します。
  13. 登録したサイトを、 “ 「Shift」キーを押している時のみ表示する ” ようにしたい場合は、「Text」欄の右にある「Extended」にチェックを入れておきます。
  14. あとは、下部の「Set」ボタンを押せばOK。

  15. 登録した項目の削除
  16. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  17. 上部の「Remove」タブを開きます。
  18. あとは、目的のアイテムを右クリックし、「Delete」を選択すればOK。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Context Menu Editor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい音楽編集ソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Desktop Movie

デスクトップの背景で、動画の再生を行えるようにするソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

Context Menu Editor を紹介しているサイトです