Re-Metrics

Re-Metrics の概要や使い方を紹介しています

Re-Metrics を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

アプリケーションウインドウの各部分のサイズを、カスタマイズする!「Re-Metrics」。

Re-Metrics
制作者 Tatsu
対応 Vista/7/8/8.1/10

DownloadRe-Metrics

Re-Metrics

アプリケーションウインドウの各部分のサイズ(幅や太さ)を、細かく調整できるようにするソフト。
タイトルバー / メニュー / スクロールバー / ウインドウ枠 / パレット の幅や高さを、個別にカスタマイズできるようにしてくれます。
Windows 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 のデフォルト設定を呼び出す機能や、デスクトップアイコンの間隔(縦 / 横)を調整する機能、設定内容を INI ファイルとして保存する機能 も付いています。

「Re-Metrics」は、アプリケーションウインドウの各部分のサイズを調整できるようにするソフトです。
Windows 7 までは存在していた “ ウインドウの色とデザイン ” に代わり、ウインドウの各部分の幅や高さを細かく調整できるようにするソフトで、アプリケーションウインドウの外観を自分好みにカスタマイズできるようにしてくれます。

タイトルバーやメニューバーの高さを増やしてみた
タイトルバーやメニューの高さを増やしてみた
デフォルト
Windows 10 で使われている “ Yu Gothic UI ”
処理の際には、
  • ウインドウの境界
  • タイトルバーの幅(クラシックスタイル使用時に有効)
  • タイトルバーの高さ
  • スクロールバーの幅
  • スクロールバーの高さ
  • パレットの幅
  • パレットの高さ
  • メニューの幅
  • メニューの高さ
  • ウインドウの境界の間隔
  • アイコンの間隔(横)
  • アイコンの間隔(縦)
を個別に調整することができ、設定した内容は INI ファイルとして保存することも可能となっています。
普段、タイトルバーやスクロールバーの太さなどが、いまいちしっくりきていない人におすすめです。
ちなみに、
  • Windows 2000
  • Windows XP Classic
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7 ベーシック
  • Windows 7
  • Windows 8/8.1
  • Windows 10
の標準設定を一発で呼び出す機能や、デスクトップアイコンの間隔(縦方向 / 横方向)を調整する機能 も付いています。

使い方は以下の通り。

  1. 「ReMetrics.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Re-Metrics
    そのまま、変更したい部分のサイズを個別に調整していきます。
    尚、Windows 10 を使用している場合、「ウインドウの境界」「ウインドウの境界の間隔」の値を大きくしても、ほとんどのアプリ上では見た目が変わりません。
    (見た目は変わらないが、ウインドウをリサイズする時にドラッグ可能な領域は広がっている)
  3. メニューバー上の「プリセット」から、Windows 2000 ~ Windows 10 の標準設定を呼び出すこともできたりします。
    Windows 2000 ~ Windows 10 の標準設定を呼び出すこともできる
  4. 設定が終わったら、画面下部の「OK」ボタンをクリックします※1
    1 メニューバー上の「ファイル」 → 「ウインドウ設定を保存する」から、現在の設定内容を INI ファイルに保存することもできる。
    (保存するファイルの名前には、拡張子「ini」を付ける)
    メニューバー上の「ファイル」から、現在の設定内容を保存することもできる
    保存するファイルの名前には、拡張子「ini」を付ける
    保存したファイルは、同「ファイル」メニュー内の「ウインドウ設定を読み込む」から読み込むことができる。
  5. 設定内容の反映が行われ、「Re-Metrics」も自動で終了します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Re-Metrics TOPへ
スポンサード リンク

Re-Metrics を紹介しているページです