SnipKey

SnipKey の概要や使い方を紹介しています

SnipKey を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

Windows の「Snipping Tool」を、ホットキーやタスクトレイ上から操作できるようにする!「SnipKey」。

SnipKey
制作者 Brenden Campbell
対応 -
バージョン 1.0.0
更新日時 2019-08-02
ファイルサイズ 1.09 MB

SnipKey

Windows の「Snipping Tool」を、ホットキーやタスクトレイ上から操作できるようにするソフト。
専用のホットキーを押したり、タスクトレイアイコンのメニューからコマンドを選択したりすることで、矩形領域のキャプチャ / フルスクリーンキャプチャ / 特定ウインドウのキャプチャ を即実行できるようにしてくれます。
「Snipping Tool」を、タスクトレイアイコンの左クリックで起動できるようにする機能も付いています。

「SnipKey」は、Windows の「Snipping Tool」※1 を手軽に使えるようにするソフトです。
1 Windows 10 の「切り取りとスケッチ」 ではなく、Windows 7 等にもある「Snipping Tool」の方。
「Snipping Tool」によるスクリーンキャプチャを、

  • ホットキー
  • タスクトレイアイコンを左クリック
  • タスクトレイアイコンの右クリックメニュー
から即実行できるようにし、面倒な操作を行わなくても手早くキャプチャを実行できるようにしてくれます※1
上記アクションで実行できるのは、
  • 矩形領域のキャプチャ
  • フルスクリーンキャプチャ
  • 特定ウインドウのキャプチャ
のみですが、タスクトレイアイコンの左クリック一発で「Snipping Tool」を起動できるようにもなったりするので、自由領域のキャプチャや遅延キャプチャも簡単に実行できるようになります。
Snipping Tool
普段、スクリーンショットを撮るのに一苦労している人におすすめです。
尚、インストール不要で使えるポータブルアプリケーションとなっています。

使い方は以下のとおり。
このソフトは 「AutoHotKey」のスクリプト を使用しているため、ウイルスと誤判定されることがあります。

  1. 「SnipKey」を実行します。
  2. Windows 10 を使用している場合、「Windows によって PC が保護されました」というダイアログが表示されることがあります。
    Windows によって PC が保護されました
    もしこのダイアログが表示されたら、左上にある「詳細情報」というリンクをクリックし、右下の「実行」ボタンをクリックしてください。
    右下の「実行」ボタンをクリックする
  3. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイ上に、アイコンが表示される
    このトレイアイコンを右クリックし、
    • Rectangle Snip - 矩形領域をキャプチャ
    • Fullscreen Snip - フルスクリーンをキャプチャ
    • Window Snip - 特定ウインドウをキャプチャ
    のいずれかを選択します※2
    トレイアイコンの右クリックメニュー
    2 矩形領域のキャプチャを実行する時は、トレイアイコンを左クリックするだけでもよい。
    もしくは、下記ホットキーを押しても OK です。
    • 「Win」+ \ - 矩形領域をキャプチャ
    • 「Win」+「Shift」キー + \ - フルスクリーンをキャプチャ
    • 「Win」+「Ctrl」+ \ - 特定ウインドウをキャプチャ
    自由領域をキャプチャしたい時は、タスクトレイアイコンを左クリック → 「Snipping Tool」が起動するので、「モード」ボタンをクリックして「自由形式の領域切り取り」を選択します。
    「モード」ボタンをクリックし、「自由領域をキャプチャ」を選択する
    遅延キャプチャを実行したい時は、タスクトレイアイコンを左クリック → 「Snipping Tool」が起動するので、最初に「キャンセル」ボタンをクリック → 「遅延」ボタンをクリックして遅延時間を指定し、それから「モード」ボタンをクリックしてキャプチャ領域を指定します。
    「遅延」ボタンをクリックして遅延時間を指定する
    「モード」ボタンをクリックし、キャプチャ領域を選択する
  4. 「Snipping Tool」が起動し、キャプチャが実行されます。
    矩形キャプチャ / 自由領域キャプチャ / ウインドウキャプチャ を実行した時は画面がキャプチャモードに切り替わるので、キャプチャしたい領域をドラッグして囲んだり、キャプチャしたいウインドウをクリックしたりします。
    矩形キャプチャや自由領域キャプチャを実行した時は画面がキャプチャモードに切り替わるので、キャプチャしたい領域をドラッグして囲む
    キャプチャしたいウインドウをクリックする
  5. 「Snipping Tool」のエディタが立ち上がります。
    「Snipping Tool」のエディタ
    必要であれば、ここでキャプチャした画像を編集したりします。
    キャプチャした画像を編集することも可能
  6. キャプチャした画像を保存する時は、ツールバー上の 切り取り領域の保存 ボタンをクリックするか、メニューバー上の「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。
    画像をクリックボードにコピーする時は、ツールバー上の コピー ボタンをクリックするか、メニューバー上の「編集」から「コピー」を選択します。
    画像をペイント 3D に送る時は、ツールバー上の ペイント 3D で編集する ボタンをクリックするか、メニューバー上の「編集」から「ペイント 3D で編集」を選択します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SnipKey TOPへ
スポンサード リンク

SnipKey を紹介しているページです