PinClipBoard

PinClipBoard の概要や使い方を紹介しています

PinClipBoard を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 をピン留めする機能を備えたクリップボードマネージャー!「PinClipBoard」。

PinClipBoard

● PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト。
よく使うテキスト / フォルダ / 画像 をお気に入りのような感覚でピン留めすることができるランチャー風のツールで、ピン留めしたアイテムを後から手軽にコピーしたり開いたりできるようにしてくれます。
クリップボードにコピーしたテキストの履歴を保存し、履歴のテキストを後から再利用できるようにする機能や、メイン画面を常に最前面に表示させる機能... なども備えています。

「PinClipBoard」は、“ ピン留め ” 機能を備えたクリップボード拡張ソフトです。
よく使うアプリをタスクバーにピン留めするのと似たような感覚で、普段よく使う

  • テキスト(定型文など)
  • フォルダ
  • 画像
を専用の画面にピン留めしておけるようにするランチャー風のソフトで、ピン留めしたアイテムを必要な時に素早くコピーしたり開いたりできるようにしてくれます。
インターフェースは非常にシンプルで分かりやすく、また常に最前面に表示させておくことも可能となっているため、現物のクリップボードと同じような感覚で使うことができます。
現在、よく使う定型文やフォルダ、画像 があったりする人におすすめです。
その他、クリップボードにコピーしたテキストの履歴を保存し、保存したテキストを後から再利用できるようにする機能も付いています。

使い方は以下の通り。

  1. 「PinClipboard.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されると同時に、メイン画面が表示されます。
    タスクトレイアイコン
    PinClipBoard
    この画面は、ホットキー “ 「Ctrl」+「Shift」+「Z」 ” で表示 / 非表示 を切り替えることが可能となっています。
    (ホットキーは変更可能)

  3. クリップボードの履歴を再利用
  4. 左メニュー内の「History」をクリックすると、クリップボードにコピーされたテキストの履歴をリスト表示することができます。
    「History」メニュー
    ここで任意の履歴アイテムをダブルクリックすると、該当のテキストをクリップボードに再コピーすることができます。
    また、履歴アイテムを右クリックすることにより、該当のアイテムを
    • Copy - クリップボードに再コピー
    • Remove - 履歴から削除
    • Pin - ピン留め
    することもできたりします。
    履歴アイテムの右クリックメニュー
    複数の履歴アイテムをまとめて削除する機能はないようですが、
    • C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\PinClipboard
    もしくは
    • %appdata%\PinClipboard
    内に保存される「content.csv」を編集したり削除したりすることで、履歴を一括クリアすることが可能となっています※1
    %appdata%\PinClipboard フォルダ
    ※1 「content.csv」を削除すると、ピン留めテキストの情報もクリアされるので注意。

  5. ピン留めしたテキストの利用
  6. 左メニュー内にある「Pin Board」をクリックすることにより、ピン留めしたテキストをリスト表示することができます。
    「Pin Board」メニュー
    ここで任意のアイテムをダブルクリックすると、該当のテキストをクリップボードにコピーすることができます。
    また、アイテムを右クリックすることにより、該当のアイテムを
    • Copy - クリップボードにコピー
    • Remove - 一覧から削除
    することもできたりします。
    ピン留めテキストの右クリックメニュー

  7. よく使うフォルダをピン留め
  8. まず、左メニュー内にある「Pin Folder」をクリックします。
  9. ピン留めされたフォルダのリストが表示されます。
    (デフォルトでは空です)
    「Pin Folder」メニュー
    ここに、よく使うフォルダをエクスプローラ等からドラッグ&ドロップします。
    よく使うフォルダを、エクスプローラ等からドラッグ&ドロップする
  10. ドロップしたフォルダがリストに登録されました。
    ドロップしたフォルダが、リストに登録さた
    登録されたフォルダをダブルクリックすると、該当のフォルダをエクスプローラで開くことができます。
    また、右クリックすることにより、フォルダを
    • Open - エクスプローラで開く
    • Remove - 一覧から削除
    することが可能となっています。
    ピン留めされたフォルダの右クリックメニュー

  11. よく使う画像をピン留め
  12. 左メニュー内にある「Pin Image」をクリックします。
  13. ピン留めされた画像のリストが表示されます。
    (デフォルトでは空です)
    「Pin Image」メニュー
    ここに、よく使う画像をドラッグ&ドロップします。
    (ウェブ上の画像を直接ドロップすることもできる)
  14. ドロップした画像が、リストに登録されました。
    ドロップした画像が、リストに登録された
    登録された画像をダブルクリックすると、該当の画像を関連付けソフトで開くことができます。
    (選択中の画像は、リスト下部にプレビュー表示される)
    また、画像を右クリックすることにより、
    • Copy※2 - クリップボードにコピー
    • Open - 関連付けソフトで開く
    • Open in File Explorer - (画像のある場所を)エクスプローラで開く
    • Remove - 一覧から削除
    することが可能となっています。
    ピン留めされた画像の右クリックメニュー
    ※2 画像の内容をコピーするのではなく、ファイルとしてコピーする。
  15. 尚、ピン留めされた画像は、インストールフォルダ内の「PinImageBoard」フォルダ内に保存されるようになっています。
    (ウェブ上の画像は、BMP 形式で保存される模様)

  16. 設定
  17. 左メニュー内にある「Settings」を選択します。
  18. 設定画面が表示されます。
    ピン留めされた画像の右クリックメニュー
    ここでは、
    • Stick to the top - メイン画面を、常に最前面に表示する
    • Start with Windows - Windows 起動時に自動で「PinClipBoard」を起動する
    • Show / Hide - 表示 / 非表示 を切り替えるホットキー
    といったオプションを変更することができます。
    ちなみに、「Stick to the top」に関しては、ON / OFF を切り替え後に
    • タスクトレイアイコンをクリックする
    • 「Show / Hide」で設定してあるホットキーを押す
    まで反映されないようです。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
PinClipBoard TOPへ
スポンサード リンク

PinClipBoard を紹介しているページです