Mouse Manager

Mouse Manager の概要や使い方を紹介しています

Mouse Manager を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

マウスの第 4 ボタン・第 5 ボタンに、任意のキーを割り当てられるようにする!「Mouse Manager」。

Mouse Manager

● Mouse Manager

マウスの第 4 ボタン・第 5 ボタンに、任意のキーを割り当てられるようにするソフト。
4 つ以上のボタンを持つマウスの第 4 ボタン・第 5 ボタン に、よく使うキーなどを割り当てられるようにしてくれます。
各ボタンにはホットキー(複数のキー)を割り当てることもでき、また設定内容をプロファイル化して複数使い分けることも可能となっています。

「Mouse Manager」は、マウスの第 4 ・5 ボタンに、任意のキーを割り当てられるようにするソフトです。
5 ボタンマウスなどの第 4 ボタン・第 5 ボタンに、任意のキーを割り当てられるようにする拡張ボタンカスタマイズツールで、キー割り当ての内容を “ プロファイル ” として複数使い分けられるところが最大の特徴。
プロファイル(=拡張ボタンへのキー割り当て)はタスクトレイアイコンのメニューから切り替えられるようになっていて、場面や状況に応じて拡張ボタンの役割を変えていくことが可能となっています。
普段、5 ボタンマウスなどを使っている人におすすめです。
ちなみに、各ボタンには複数のキーを割り当てることができるので、一つのボタンにショートカットキーや定型文を割り当てることもできたりします※1
※1 ただし、日本語のテキストを割り当てることはできない模様。

使い方は以下の通りです。

  1. 「MouseManager.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これをクリックします。
    Mouse Manager
  3. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    まず、「Settings」タブで、
    • Enable Mouse Manager - 「Mouse Manager」の機能を有効化する
    • Start with Windows - Windows 起動時に、「Mouse Manager」を自動で起動する
    といったオプションの設定を行っておきます。
  4. 続いて、「Profiles」タブを開きます。
    「Profiles」タブ
    最初から一行だけプロファイルが登録されているので、これをクリックします。
    (もしプロファイルが存在しない場合は、右下の「Add」ボタンを押す)
  5. そのまま、下部の「Extra Button 1」欄をクリックし、マウスの第 4 ボタンに割り当てるキーを実際に押してみます※2
    (複数のキーを押しても OK)
    ※2 IME が ON になっていると「Process」などと入力されてしまい、意図したとおりのキーが登録されないため、キーを設定する際は IME を OFF にしておくとよい。
    「Profiles」タブ
  6. 「Extra Button 1」欄に、押されたキーの名前が登録されます。
    キーが間違って登録されてしまった時は、右端にある × ボタンをクリック → もう一度「Extra Button 1」欄をクリック → 登録したいキーを実際に押してみます。
  7. 続いて、そのすぐ下にある「Extra Button 2」欄をクリックし、マウスの第 5 ボタンに割り当てるキーを実際に押してみます。
  8. 「Extra Button 2」欄に、押されたキーの名前が登録されます。
    そのまま、右下の「Save」ボタンをクリックします。
  9. これで、一つのプロファイルが完成しました。
    プロファイルの内容を編集する時は、リスト上で目的のプロファイルを選択 → 下部の「Extra Button 1」「Extra Button 2」欄で、各ボタンに割り当てるキーの内容を変更します。
    プロファイルを複数作成したい時は、画面右下にある「Add」ボタンをクリック → リスト上に新たなプロファイルが一行追加されるので、これをクリック → 下部の「Extra Button 1」「Extra Button 2」欄で、各ボタンに割り当てるキーの設定を行います。
    (その後、「Save」ボタンを押す)
    「Profiles」タブ
    作成したプロファイルを削除する時は、リスト上で目的のプロファイルを選択 → 右下にある「Remove」ボタンをクリックします。
  10. プロファイルの設定が終わったら、右下にある「Close」ボタンを押して設定画面を閉じます。
  11. これで設定完了です。
    以降、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Profiles」からプロファイルを選択することにより、拡張ボタンのキー割り当てを変更できるようになっています。
    「Profiles」タブ
    「Mouse Manager」の機能を無効化したい時は、「Profiles」から「No Profiles」を選択すれば OK です。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Mouse Manager TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

Mouse Manager を紹介しているページです