Glary Undelete

Glary Undelete の概要や使い方を紹介しています

Glary Undelete を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

フィルタ機能を搭載した使いやすい復元ソフト!「Glary Undelete」。

Glary Undelete
制作者 Glarysoft
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● Glary Undelete

様々なファイル絞り込み機能を搭載したファイル復元ソフト。
誤ってごみ箱から削除してしまったファイルや、ウイルス感染、ハードディスクのクラッシュ などによって失われてしまったファイルを、簡単な操作で検出&復元 することができます。
検索で見つかったファイルの状態(どの程度の確率で復元できそうか)を確認する機能や、ファイルを名前 / 日付 / サイズ / 状態 / ファイルの種類 といった条件で、絞込み表示する機能 などが付いています。

「Glary Undelete」は、シンプルながらもパワフルなファイルリカバリーツールです。

  • ごみ箱から削除してしまったファイル
  • 「Shift」キーを押しながら削除してしまったファイル
  • クラッシュやウイルス感染によって削除されてしまったファイル
... 等々、なんらかのアクシデントによって消えてしまったファイルを、検索&元通りに復旧 することができるというファイル復元ツールです。
(必ず復元できるソフトではありません)
削除済みのファイルを、名前 / サイズ / ファイルの種類 / 日付 などの条件で絞込み表示できるところが最大の特徴で、目的のファイルを素早く探し出せるようになっています。
加えて、ファイルごとに “ 復元できる確率 ” も表示されたりするので、使い勝手は結構良いです。

使い方は以下の通りです。

    インストール時の注意
  1. インストールの際には、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    外部ツールのインストールを促す画面
    これらはインストールする必要ないものなので、「I accept the license agreement ~」のチェックを外すなどしておいてください。
    また、バージョンによってはインストーラーが文字化けすることがあるようです。
    インストーラー実行時に文字化けが発生していたら、プルダウンメニューをクリック →「English」を選択し、それからインストールを行って下さい。
    「English」を選択
    インストール後は、インストールフォルダ内の「languages」フォルダに入っている「english.lng」を「english.bak」にリネームし、「japanese.lng」を「english.lng」にリネームして下さい。
    (この操作は、「Glary Undelete」を実行していない時に行います)
    実際に使う
  1. 「undelete.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Glary Undelete
    まず、画面左上にあるプルダウンメニューをクリックし、削除してしまったファイルが存在していたドライブを指定します※1
    ※1 プルダウンメニューの右側にある ... ボタンをクリックすることで、「フォルダの参照」ダイアログを開くこともできる。
  3. プルダウンメニューの隣にある「検索」ボタンをクリックします。
  4. 削除されたファイルの検索処理が開始されるので、しばらく待ちます。
    (時間がかかる場合もあります)
  5. 検索が終了すると、削除済みのファイルが
    • 名前 - ファイル名
    • 状態 - ファイルが上書きされているかどうか
    • オリジナルパス - ファイルが格納されているフォルダ
    • サイズ - ファイルサイズ
    • 種類 - ファイルのタイプ
    • 最終更新日
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    ファイルは、それぞれのカラムをクリックすることでソート(並べ替え)することもできたりします。
  6. このリストの中から、復元対象とするファイルを探します。
    ちなみに、ごみ箱から削除されたファイルは、通常特定の書式でリネームされてしまいます。
    そのため、ファイルを探す際は、「種類」「サイズ」「最終更新日」を目安にすると良いでしょう※2
    ※2 tip : ごみ箱から削除されたファイルは、「$Recycle.bin¥」フォルダ内に格納される。
    尚、ファイルの状態が「上書き済み」となっているものは、他のファイルによって既に上書きされてしまっているので、残念ながら復元することはできません※3
    ※3 「最良」はほぼ確実に、「良好」は 9 割方、「標準」は 51 ~ 90 % の確率で、「最低」は 1 ~ 50 % の確率で復元できるようです。
  7. 検出されたファイルは、右上にある「フィルター」ボタンをクリックすることにより、様々な条件で絞り込み表示できるようになっています。
    フィルター
    指定できる絞り込み条件は、
    • ファイル名 - 指定したワイルドカード に一致するファイルのみを表示する。
    • サイズ - ファイルサイズで絞り込む。
      指定したサイズ(KB)より、大きい or 小さい ファイルのみを表示させることができる。
    • 日時 - ファイルの最終更新日時で絞り込む。
      ファイルの最終更新日時が、指定した期間に一致するもののみを表示できる。
    • データの状態 - ファイルの状態で絞り込む。
    の 4 つ。
    さらに、画面左上にある「フォルダ」タブを開くと、ファイルをフォルダ別に表示させることができ、「ファイルの種類」タブを開くと、ファイルを拡張子別に分けて表示させることができます。
    「フォルダ」タブ
  8. 復元したいファイルが見つかったら、そのファイルのチェックボックスを ON にし、右下にある「復元」ボタンをクリック → 復元先のフォルダを指定※4 すればOK です。
    ※4 この時、復元元のドライブとは違うドライブ内のフォルダを指定する。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のファイル復元ソフト
 Recuva

シンプルで使いやすいファイル復元ソフト

Glary Undelete TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

スポンサードリンク

Glary Undelete を紹介しているページです