TranspWnds

TranspWnds の概要や使い方を紹介しています

TranspWnds を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ マウス + キー 操作 ” で、ウインドウを操作!「TranspWnds」。

TranspWnds
制作者 UncleLab
対応 XP/Vista/7

Download

● TranspWnds

ウインドウの半透明化 / 移動 / タイトルバー非表示化 等の操作を、簡単に行えるようにするソフト。
任意の修飾キーを押したまま、特定のマウス操作を行う ” ことにより、ウインドウを半透明表示にしたり、常に最前面状態にしたり、移動 / リサイズ させたり、タイトルバー非表示状態 にできるようにしたりしてくれます。
実行した処理の内容を、テキストで表す “ OSD ” などの機能が付いています。

「TranspWnds」は、各種ウインドウ操作を手軽に行えるようにするソフトです。
“ 任意の修飾キーを押したまま※1、特定のマウス操作を行う ” ことにより、さまざまなウインドウ操作をエミュレートできるようにしてくれます。
※1 修飾キー = Alt / Ctrl / Shift / Win キー。
実際に実行できるようになるのは、次の 5 機能。

  • ウインドウの半透明化 - 特定の修飾キーを押したまま、マウスホイールを回転させる
  • 常に最前面表示のON / OFF - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをクリック
  • ウインドウの移動 - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをドラッグ
  • ウインドウのリサイズ - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをドラッグ
  • タイトルバー表示のON / OFF - 特定の修飾キーを押したまま、任意のマウスボタンをクリック
各機能に割り当てるマウスボタン、および修飾キー は自由にカスタマイズすることができ※2、透明度に関してはステップ値※3 / 最大透明度 なども調整できるようになっています。
※2 機能に関連付ける修飾キーは、複数指定することもできる。
※3 一度の操作で変動させる値のこと。
それぞれの機能を実行すると、処理内容がOSD ※4 で表示されるというヴィジュアル的なソフトです。
※4 オン・スクリーン・ディスプレイ のこと。
テレビで、 “ 消音 ” などのボタンを押した時に表示される字幕のような効果。
OSD が有効になるのは、透明度調整、最前面表示のON / OFF、タイトルバー表示のON / OFF 時。

使い方は以下のとおりです。

    設定編
  1. 「TranspWnds.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Options」を選択。
  3. 「Options」画面が表示されます。
    まず最初に「Hotkey」タブで、各機能を実行する際に使用するホットキーを設定しておきます。
    設定できるのは、下の 5 機能。
    • Transparent - 半透明化
    • TopMost - 常に最前面表示のON / OFF
    • Move - ウインドウを動かす
    • Size - ウインドウをリサイズ
    • ToggleCaption - タイトルバー表示のON / OFF
    それぞれの機能には、 “ 任意のマウスボタン + 任意の修飾キー ” を割り当てられるようになっています。
    (「Transparent」のみ、 “ マウスホイールの回転 + 任意の修飾キー押し ” )
  4. 次に「Transparency」タブを開きます。
    (透明化機能を使わない場合、ここの設定は不要)
    この「Transparency」タブでは、下記二つのオプションを設定できるようになっています。
    • Min transparent level - 最大透明度※5
    • Step change of transparent level - 透明度を上げ下げする際のステップ値
    ※5 透明度をMAX まで上げた時に、どの程度まで透明にするのか... ということ。
    最大透明度は、スライダーを右にドラッグするほど値が大きくなります。
    (値が大きい = それだけ、MAX 時に透明になる)
    ステップ値も、スライダーを右にドラッグするほど値が大きくなります。
    (値が大きい = 透明度を一気に変えていく ということ)
  5. 最後に「OSD」タブを開きます。
    ここで、
    • OSD align - テキストを表示する位置
    • Font - フォント
    • Text Color - 文字色
    • Text Shadow Color - 影の色
    を設定しておきます。
  6. 設定が済んだら、下部の「OK」ボタンを押して「Options」画面を閉じます。
    実践編
  1. 目的とするウインドウ上で※6、設定しておいた操作を行います。
    ※6 特に、タイトルバー上である必要はない。
  2. すると、実行した処理の内容がOSD で表示され、それぞれの機能が実行されます。

ちなみに、タスクトレイアイコンを右クリック →「Disable」を選択することで、「TranspWnds」の機能を無効化することもできたりします。
(タスクトレイアイコンを右クリック →「Enable」を選択すると、機能が再度有効になる)


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
TranspWnds TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

TranspWnds を紹介しているページです