VSee

VSee の概要や使い方を紹介しています

VSee を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

複数人と同時にビデオチャットを行うことができる!「VSee」。

VSee
制作者 VSee
対応 XP/Vista/7

Download

● VSee

複数人との同時対話に対応したビデオチャットツール。
接続しているユーザー全員の映像を見ながら、音声通話 / テキストチャット を楽しむことができます。
参加者全員と同時にチャットを行うことができるグループチャット、ドラッグ&ドロップで行えるファイル転送,
デスクトップ or 指定したアプリケーションウインドウ の動作風景公開機能、リモートコントロール... などの
機能も付いています。

「VSee」は、複数人との同時対話に対応したビデオチャットツールです。
接続している人の (Web カメラに映し出された) 映像を見ながら、音声通話を行うことができる... という
ビデオチャットツールで、複数人と同時に対話できるところが最大の特徴。
対話中は、通信相手の映像を並べて表示させておくことができ、また参加者とはグループチャット※1
行うこともできたりします※1
※1 個々の相手とテキストチャットを行うこともできるが、この場合 日本語が文字化けしてしまう...
(グループチャットでは、文字化けが発生しなかった

さらに、デスクトップ or 特定アプリ の動作風景を、参加者全員に公開する機能や※2、ファイル転送機能 も
付いています。
※2 公開ウインドウ内には、お絵描きをすることもできる。
視聴しているユーザーが、配信されているウインドウを操作する “ リモートコントロール ” 機能もある。

インターフェースはかなりシンプルで、いずれの機能も簡単に使えると思います。

使い方は以下のとおり。

    初期設定
  1. 「vsee.exe」を実行します。
  2. ウェルカム画面いくつか 表示されるので、右下の「Next」ボタンをクリックしていきます。
  3. 最後の画面 で「Finish」ボタンをクリックすると、スピーカー / マイク / カメラ の設定画面
    表示されます。
    ここの各欄で、使用するスピーカー、マイク、カメラ を指定しておきます※3
    ※3 この設定は、後から変更することもできる。
    (自分の映像パネル下部にある Settings をクリック →「Audio/Camera setup」から)

    デバイス名の日本語部分は文字化けするようですが、動作自体は正常に行われるようです。
  4. カメラとマイクのセットアップが完了すると、ログイン画面 が表示されます。
    ここの「Create New Account」というリンクをクリックします。
  5. アカウント設定画面 が表示されます。
    ここで、自分の
    • First name - 名前
    • Last name - 苗字
    • Email address - メールアドレス
    • Password - ログインパスワード
    を入力し、「Agree and sign up」ボタンをクリックします。
  6. メイン画面(自分のカメラ映像※4 &アドレス帳)が表示されます。
    ※4 自分の映像パネルが表示されていない場合、アドレスバーの左上にある Open local video window をクリックする。
  7. 映像パネル左下にある ボタンをクリックすることで、マイク音声 / カメラ映像 の有効化 /
    無効化 を切り替えられるようになっています。

  8. 通信テスト
  9. 通信のテストを行ってみたい場合は、アドレス帳に登録されている「demo@vsee.com」に
    マウスカーソルを合わせて アイコンをクリックしてみます。
  10. VSee の映像パネル(オフィス映像?)が表示されたら、通信は正常に行えています。

  11. ビデオチャットを開始する - 呼び出す側の操作
  12. アドレス帳の上部にある「Type to search or Call」欄に、会話したい相手のメールアドレスを
    入力 → 検索ボタンをクリックします。
    (検索ボタンを押すと、呼び出しがかかります)

  13. ビデオチャットを開始する - 呼び出された側の操作
  14. 誰かから呼び出しがかかると、自分のデスクトップに相手の映像パネルが表示されます。
    この映像パネルに「accept」「decline」というボタンが表示されるので、会話を許可する場合は
    「accept」ボタンをクリックします。
    (拒否する場合は「decline」ボタンをクリック)
  15. 「accept」ボタンをクリックすると、呼び出しを行った人のデスクトップに、こちらの映像パネルが
    表示されます。
    これで、ビデオチャットが可能な状態になっています。
    ちなみに、映像パネルはマウスドラッグで自由に動かすことができ、またリサイズすることも可能と
    なっています。
    加えて、タイトルバー上にある Always on top をクリックすると、該当のパネルを “ 常に最前面に表示 ” 状態に
    させておけたりします。
    ついでに、自分の映像パネルの下部にある Settings ボタンをクリック →「Advanced」から
    「Show timestamp」にチェックを入れると、自分の映像パネル内に現在の時刻が表示されるように
    なります。

  16. デスクトップ / アプリケーションウインドウ の動作風景を公開
  17. デスクトップの様子を (通信中の相手に) 公開したい場合、自分の映像パネル下部にある Collaboration
    クリック →「Share desktop」を選択します。
  18. すると、参加者のデスクトップに、こちらのデスクトップ映像が配信されます。
    映像配信中は、画面上部にある
    • Pen - ペン
    • Text - テキスト入力(日本語は不可)
    • Color - 色変更
    • Erase - 描画内容のクリア
    といったツールを使い、配信画面にお絵描きをすることができます。
    (配信者&視聴者 の両者が行える)
    尚、視聴者となるユーザーは、配信画面の上部にある Take Control ボタンをクリックすることで,
    配信中の画面をリモート操作できるようになったりします。
    (しかし、このリモート機能は有効にならないこともある?模様...)
    相手にリモート操作を行わせたくない場合は、配信者が Control ボタンをクリックします。
  19. 特定のアプリケーションウインドウのみ公開したい場合、Collaboration をクリック →「Share application」
    から目的のアプリケーションを選択します。
    目的のアプリケーションウインドウを前面に表示させてから、タイトルバー上の Share ボタンを
    クリックしてもOK です。
  20. 共有機能を終了する時は、ツールバー上の Unshare ボタンをクリックします。

  21. ファイル転送 - 送る側の操作
  22. ビデオチャットが確立している間は、参加者にファイルを送信することができます。
    送信を行う時は、目的のファイルを相手 (の映像パネル) に向かってドラッグ&ドロップすればOK。

  23. ファイル転送 - 受け取る側の操作
  24. 誰かからファイルが送られてくると、送り主の映像パネル内にファイルアイコンが表示されます。
    このファイルアイコンを、任意のフォルダ内にドラッグ&ドロップすると、ファイルの保存を行うことが
    できます。
    (保存は、ファイルアイコン下部のメーターがいっぱいになるまで行えない)

  25. グループチャット
  26. 現在通信中の全員と、テキストチャットを行うこともできます。
    グループチャットを行う場合、自分の映像パネル下部にある Collaboration をクリック →「Group chat」を
    選択します。
  27. グループチャットウインドウ が表示されます。
    あとは、下部の「to everyone>:」と表示されている部分に、送信したいテキストを入力 →
    「Enter」キーを押せばOK です。
    テキスト入力後に「Anonymous」ボタンをクリックすることで、匿名発言を行うこともできたりします。

  28. アドレス帳 - ユーザーを登録
  29. アドレス帳の左下にある「add」ボタンをクリック →「Add contact」を選択することで、任意の
    ユーザーをアドレス帳に登録することができます。
    登録方法は、表示された画面
    • Username - ユーザー名(メールアドレス)
    • Group - 登録先のグループ
    を設定して「OK」ボタンをクリックするだけです。
    (グループについては後述)
  30. 登録したユーザーをアドレス帳から削除する時は、アドレス帳上で目的のユーザーを右クリック →
    「Delete」を選択します。

  31. アドレス帳 - グループを登録
  32. アドレス帳内に新規グループを作成する時は、左下の「add」ボタンをクリック →「Add group」を
    選択し、作成するグループの名前を入力します。
    尚、アドレス帳内のユーザーは、ドラッグ&ドロップでグループ替えを行うことができます。

  33. ミーティングの開始 - 開始する人の操作
  34. アドレス帳に登録されている複数のユーザーに対して、電話を一斉にかけることもできます。
    (ミーティング機能)
    このミーティング機能を利用したい場合は、目的とするユーザーをあらかじめアドレス帳に登録して
    おきます。
  35. 自分の映像パネル下部にある Collaboration ボタンをクリック →「Start meeting」を選択します※5
    ※5 アドレス帳上で、任意のグループ名を右クリック →「Start a meeting」を選択することにより、
    該当グループ内のユーザーに対して一括コールを行うこともできる。
    この手順でミーティングを開始させた場合、いきなりミーティングが始まる。
    (下記「Host a meeting」画面は表示されない)
  36. 「Host a meeting」という画面 が表示されます。
    この画面の左に表示されているユーザーのうち、ミーティングに呼びたい人を選択 → 中央の
    + ボタンをクリックします。
  37. 同様の手順で、ミーティングに呼びたいユーザーを右側の欄に追加していきます。
    ユーザーを間違えて追加してしまった場合は、右側の欄で該当のユーザーを選択 → 中央の
    - ボタンをクリックします。
  38. ユーザーを登録し終わったら、下部の「Start」ボタンをクリックします。
  39. すると、登録しておいた全ユーザーにコールがかかります。
  40. 通信が確立すると、各ユーザーのデスクトップに参加ユーザーの映像パネルが表示されます。
    ミーティングから退席する時は、自分の映像パネルのタイトルバー上にある × ボタンをクリックし、
    「Leave meeting」を選択します。

  41. その他オプション - 自動応答、ログインパスワード変更
  42. アドレス帳の上部にある Preferences をクリック →「Preferences」→「Automatically accept calls」に
    チェック → 次に表示された画面 で「Automatically accept calls from」にチェックを入れておくと、
    かかってきた通話を自動で許可させる “ 自動応答 ” 機能を有効にすることができます※6
    ※6 指定したユーザーからのコールのみ、自動応答するように設定することも可能。
    ユーザー指定を行う場合は、「selected users」を選択し、「Type to add a contact to list」欄に
    該当ユーザーのメールアドレスを入力 →「OK」ボタンをクリックする。

    尚、この「Preferences」内にある「Start program when computer starts」のチェックを外すと、
    「VSee」がWindows 起動時に自動起動しなくなります。
  43. ログインパスワードの変更を行う時は、Preferences をクリック →「Account」から「Change password」を
    選択し、
    • Old password - 現在のパスワード
    • New password - 変更先のパスワード
    • Confirm password - 変更先のパスワード(確認用)
    を入力してから「Submit」ボタンをクリックします。

トップインターネット共有・コミュニケーション VSee TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 foobar2000
カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Mouse without Borders
マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 AIMP
使いやすい音楽プレイヤー

 新着フリーソフト
 FloatingButton
任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上の好きな場所に配置
 Wise System Monitor
高機能なシステムモニターツール
 RSS Feed Icon in Navbar
ナビゲーションバー上から、“ フィードの購読 ” を行えるようにする Firefox アドオン
 Firewall App Blocker
指定したアプリケーションの通信を、全自動でブロックできるようにするソフト
 PdfTrick
PDF 内の画像をサムネイル一覧で表示し、その中から任意のものを抽出
 UAC Trust Pal
管理者権限が必要なソフトを、Windows 起動時に警告なしで自動実行させる
スポンサード リンク

VSee を紹介しているページです。