VSee

VSee の概要や使い方を紹介しています

VSee を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

複数人と同時にビデオチャットを行うことができる!「VSee」。

VSee
制作者 VSee
対応 XP/Vista/7

Download

● VSee

複数人との同時対話に対応したビデオチャットツール。
接続しているユーザー全員の映像を見ながら、音声通話 / テキストチャット を楽しむことができます。
参加者全員と同時にチャットを行うことができるグループチャット、ドラッグ&ドロップで行えるファイル転送、デスクトップ or 指定したアプリケーションウインドウ の動作風景公開機能、リモートコントロール... などの機能も付いています。

「VSee」は、複数人との同時対話に対応したビデオチャットツールです。
接続している人の (Web カメラに映し出された) 映像を見ながら、音声通話を行うことができる... というビデオチャットツールで、複数人と同時に対話できるところが最大の特徴。
対話中は、通信相手の映像を並べて表示させておくことができ、また参加者とはグループチャットを行うこともできたりします。
(もちろん、個別の相手とチャットを行うことも可能)
さらに、デスクトップ or 特定アプリ の動作風景を、参加者全員に公開する機能や※1、ファイル転送機能 も付いています。
※1 公開ウインドウ内には、お絵描きをすることもできる。
視聴しているユーザーが、配信されているウインドウを操作する “ リモートコントロール ” 機能もある。

インターフェースはかなりシンプルで、いずれの機能も簡単に使えると思います。

使い方は以下のとおり。

    初期設定 - アカウントの作成 ~ ログイン
  1. VSee のページにアクセスし、画面左上にある「Enter your email」欄 にメールアドレスを入力 → 「Free Sign UP」ボタンをクリックします。
  2. 「確認メールを送信しました」というような内容の画面が表示されるので、メールチェックを行ってみます。
  3. 「VSee」から届いたメールを開き、中央の「Complete Signup」ボタンをクリック
  4. アカウント情報入力画面 が表示されます。
    ここで、
    • First name - 名前
    • Last name - 苗字
    • Password - ログインパスワード
    を入力して「Next」ボタンをクリックします。
  5. 続いて 「Find Friends」という画面 が表示されます。
    ここで他のユーザーを登録してもOK ですが、そのままページを閉じてしまって構いません。
  6. 「vsee.exe」を実行します。
  7. ログイン画面 が表示されます。
    ここで
    • Username - 登録しておいたメールアドレス
    • Password - 設定しておいたパスワード
    を入力し、「LOGIN」ボタンをクリックします。
  8. 自動的に「Setup Your Video and Audio」という画面 が表示されます。
    ここに、Web カメラの映像が映っていたら、そのまま「Yes」ボタンをクリックします。
    Web カメラの映像が映っていなかった場合、右下にあるプルダウンメニューをクリックし、アクティブなWeb カメラを選択し直してみて下さい。
  9. 次に、「Speaker Volume」という画面 が表示されます。
    ここにある「Play test sound」ボタンをクリックし、音が正常に聞こえてきたら「Yes」ボタンをクリック。
    (聞こえなかった場合、「No」をクリックし、音声デバイスを選択し直してみる)
  10. 最後に、「Microphone」という画面 が表示されます。
    ここで、適当に喋るか音を出し、マイクの画像が赤くなったら「Yes」ボタンをクリックします。
    (赤くならなかったら、マイクを選択し直してみる)
  11. 「Setup is complete」という画面 が表示されるので、「Done」ボタンをクリック。
  12. 続いて「Quick Startup Guide」という画面 が表示されます。
    これもそのまま「Done」ボタンをクリックしてOK です。
  13. セットアップが完了すると、「VSee」のメインパネル が表示されます。
    Web カメラやスピーカーの設定を変更したくなったら、ツールバー上の「Settings」ボタンをクリックして「Audio and Camera Setup」を選択します。

  14. アドレス帳に、他の Vsee ユーザーを登録
  15. 「VSee」パネルのツールバー上にある「Add」ボタンをクリック →「Add Contact」を選択します。
  16. 「Find Contacts」という画面 が表示されます。
    この画面の上部にあるフォームに、目的とするユーザーのメールアドレスを入力 → 「Find」ボタンをクリックします。
  17. 画面中央の欄に、見つかったユーザーの情報が表示されます。
    あとは、そのまま「Add」ボタンをクリックすればOK です。
  18. 登録したユーザーをアドレス帳から削除する時は、「VSee」パネル上で目的のユーザー名を右クリック → 「Delete Contact」を選択します。

  19. ユーザーグループを作成
  20. 「VSee」パネルのツールバー上にある「Add」ボタンをクリック →「Add Group」を選択します。
  21. 「Add a new group」という画面 が表示されるので、作成するグループの名前を入力して「OK」ボタンをクリックします。
    尚、アドレス帳内のユーザーは、ドラッグ&ドロップでグループ替えを行うことができます。

  22. 通信テスト
  23. 通信のテストを行ってみたい場合は、アドレス帳に登録されている「Vsee Test Call」にマウスカーソルを合わせて アイコンをクリックしてみます。
  24. VSee の映像パネル(オフィス映像?)が表示されたら、通信は正常に行えています。
    (オフラインの時もあります)

  25. 特定のユーザーと、ビデオチャットを開始する - 呼び出す側の操作
  26. 「VSee」パネル上で、通話先のユーザーを選択して アイコンをクリックします。

  27. ビデオチャットを開始する - 呼び出された側の操作
  28. 誰かから呼び出しがかかると、自分のデスクトップに 相手の映像パネル が表示されます。
    この映像パネルに、「accept」「decline」というボタンが表示されるので、会話を許可する場合は「accept」ボタンをクリックします。
    (拒否する場合は「decline」ボタンをクリック)
  29. 「accept」ボタンをクリックすると、呼び出しを行った人のデスクトップに、こちらの映像パネルが表示されます。
    これで、ビデオチャットが可能な状態になっています。

  30. ビデオチャット中の操作 - 呼び出した側 / 呼び出された側 が行える操作
  31. 映像パネルはマウスドラッグで自由に動かすことができ、またリサイズすることも可能となっています。
    加えて、タイトルバー上にある Always on top をクリックすると、該当のパネルを “ 常に最前面に表示 ” 状態にさせておけたりします。
  32. 相手の映像パネルの右下にある をクリックすることで、テキストチャット を行うことも可能となっています。

  33. ファイル転送 - 送る側の操作
  34. ビデオチャットが確立している間は、参加者にファイルを送信することができます。
    送信を行う時は、目的のファイルを相手(の映像パネル)に向かってドラッグ&ドロップすればOK。

  35. ファイル転送 - 受け取る側の操作
  36. 誰かからファイルが送られてくると、送り主の映像パネル内にファイルアイコンが表示されます。
    このファイルアイコンを、任意のフォルダ内にドラッグ&ドロップすると、ファイルの保存を行うことができます。
    (保存は、ファイルアイコン下部のメーターがいっぱいになるまで行えない)

  37. デスクトップ / アプリケーションウインドウ の動作風景を公開
  38. デスクトップの様子を(通信中の相手に)公開したい場合、「VSee」パネルのツールバー上にある「Tools」ボタンをクリック → 「Share Desktop」を選択します。
  39. すると、参加者のデスクトップに、こちらのデスクトップ映像が配信されます。
    映像配信中は、画面上部にある
    • Pen - ペン
    • Text - テキスト入力(日本語は不可)
    • Color - 色変更
    • Erase - 描画内容のクリア
    といったツールを使い、配信画面にお絵描きをすることができます。
    (配信者&視聴者 の両者が行える)
    尚、視聴者となるユーザーは、配信画面の上部にある Take Control ボタンをクリックすることで、配信中の画面をリモート操作できるようになったりします。
    (しかし、このリモート機能は有効にならないこともある?模様...)
    相手にリモート操作を行わせたくない場合は、配信者が Control ボタンをクリックします。
  40. 公開したくないアプリケーションウインドウがある場合は、「VSee」パネルのツールバー上にある「Tools」ボタンをクリック → 「Share Application」から、目的のアプリケーションを選択します※2
    ※2 先頭に [STOP] と表記されているものが、現在公開中のアプリケーション。
    この [STOP] が付いたものをクリックすると、該当アプリケーションの公開が停止される。
    逆に、 [STOP] と表記されていないものをクリックすると、該当のアプリケーションが公開状態になる。

    目的のアプリケーションウインドウを前面に表示させてから、タイトルバー上の Share ボタンをクリックしてもOK です。
  41. 共有機能を終了する時は、ツールバー上の Unshare ボタンをクリックします。
    (もしくは、「VSee」パネル上の「Tools」ボタンをクリック → 「Unshare Desktop」を選択)

  42. ビデオチャットの終了
  43. ビデオチャットを終了する時は、相手の映像パネルの右上にある「End call」ボタン をクリックします。

  44. グループチャット
  45. 指定したグループに登録されているメンバー全員と、テキストチャットを行うこともできます。
    (グループチャット)
    このグループチャットを開始する時は、「VSee」パネル上で目的のグループを選択 → 右クリックして「Chat with this Group」を選択します。
  46. グループチャットウインドウ が表示されます。
    あとは、下部の「Type your messages here」欄に、送信したいテキストを入力 → 「Enter」キーを押せばOK です。

  47. ミーティングの開始 - 開始する人の操作
  48. 指定したグループ内のメンバー全員に対して、電話を一斉にかけることもできます。
    (ミーティング機能)
    ミーティングを開始する時は、「VSee」パネル上で目的のグループを右クリックして「Call this Group」を選択します。
  49. グループ内のメンバー全員に、コールがかかります。
  50. 通信が確立すると、各ユーザーのデスクトップに参加ユーザーの映像パネルが表示されます。
    ミーティングから退席する時は、自分の映像パネルのタイトルバー上にある × ボタンをクリック → 「Leave Call」を選択します。

  51. その他オプション - 自動応答、ログインパスワード変更
  52. 「VSee」パネルのツールバー上にある「Settings」ボタンをクリック →「Preferences」 → 「Automatically accept calls」にチェック → 次に表示された画面 で「Automatically accept calls from」にチェックを入れておくと、かかってきた通話を自動で許可させる “ 自動応答 ” 機能を有効にすることができます※3
    ※3 指定したユーザーからのコールのみ、自動応答するように設定することも可能。
    ユーザー指定を行う場合は、「selected users」を選択し、「Type to add a contact to list」欄に該当ユーザーのメールアドレスを入力 →「OK」ボタンをクリックする。

    尚、この「Preferences」内にある「Start program when computer starts」のチェックを外すと、「VSee」がWindows 起動時に自動起動しなくなります。
  53. ログインパスワードの変更を行う時は、「Settings」ボタンをクリック →「Edit Profile」を選択 → 既定のブラウザでプロフィール編集画面が表示されるので、「Change Password」欄で
    • Current password - 現在のパスワード
    • New password - 変更先のパスワード
    • Repeat new password - 変更先のパスワード(確認用)
    を入力 → 「Change Password」ボタンをクリックします。

トップインターネット共有・コミュニケーション VSee TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 りかなー

IME OFF時に入力された文字列を、キー連打で日本語に

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上でミラーリング表示できるようにするソフト

 Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフトを紹介しています

 Show or hide updates(Windows 10 向け)

特定の更新プログラムやドライバーのアップデートが、自動でインストールされないようにする

 Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

システムドライブ + α を、そっくりそのまま完全にバックアップする方法を紹介しています

 Personalization Panel for Windows 10

Windows 10 上で、Windows 8.1 以前の “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにする

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

スポンサード リンク

VSee を紹介しているページです。