win-sshfs

win-sshfs の概要や使い方を紹介しています

win-sshfs を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

SSH で接続可能なサーバーを、ネットワークドライブのようにしてマウント!「win-sshfs」。

win-sshfs
制作者 mladenov
対応 XP/Vista/7

Download

● win-sshfs

任意のSSH サーバーを、ネットワークドライブのようにして使えるようにするソフト。
SSH で接続可能なリモートサーバーをシステムにマウントし、該当のサーバーをローカルディスクのようにして使えるようにしてくれます。
マウントの際にルートとするディレクトリを指定する機能や、接続サーバーに割り当てるドライブレターを指定する機能、Windows 起動時に特定のサーバーを自動でマウントする機能、複数のサーバーを同時にマウントする機能 などが付いています。

「win-sshfs」は、SSH サーバーをローカルドライブのようにして扱えるようにするソフトです。
SSH で接続可能なサーバーをシステムにマウントし、該当のサーバーをローカルドライブ(ネットワークドライブ)のようにして扱えるようにする... というSSH サーバーマウントツールです。
サーバーには、パスワード認証 or 公開鍵認証※1 でログインすることができ、マウントの際にはどのディレクトリをルートとするのかも指定できるようになっています。
※1 秘密鍵は、OpenSSH のフォーマットである必要がある。
「PuTTY」で作った秘密鍵は、↓ のような手順でOpenSSH のフォーマットに変換しておく。
「puttygen.exe」を実行し、右下の「Load」ボタンをクリックして秘密鍵を読み込む → メニューバー上の「Conversions」から「Export OpenSSH key」を選択し、ファイルを適当な名前で保存する。

また、マウントするSSH サーバーに割り当てるドライブレターも、自由に指定することが可能となっています。
普段、よく使用しているサーバーが存在する場合などに便利。
尚、複数のサーバーを同時にマウントすることもできるので、サーバー間コピーツールのようにしても使うことができたりします※2
※2 ただし、あるサーバーを開いてから別のサーバーを開くと、直前に開いていたサーバーのディレクトリ情報が表示されてしまう模様。
(ディレクトリ情報がキャッシュとして残っている?)
「F5」キーを押してリフレッシュすると、ディレクトリ情報が正しく表示される。

使い方は以下のとおりです。

    Windows 8 でのインストール
  1. 「win-sshfs」の動作に必要なライブラリ「Dokan Library」がWindows 8 以上に対応していないので、下記手順によりWindows 7 互換モードでインストールする必要があります。
    (普通にインストールすると、途中でエラーが出ます
  2. 「win-sshfs」のインストーラーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  3. 「プロパティ」画面が表示されるので、「互換性」タブ を開きます。
  4. 画面中段にある「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、「Windows 7」を選択します。
  5. あとは、普通にインストールを行えばOK です。
    インストール時の注意
  1. インストールの途中で、「Restart required」というダイアログ が表示されます。
    ここで「OK」をクリックするとWindows の再起動が行われるので、編集中のファイルがある場合などは、保存作業を行ってから「OK」ボタンをクリックして下さい。
    (再起動後、インストール処理の続きが実行されます)
    サーバーの登録
  1. インストールが完了すると、タスクトレイ上にアイコン( Sshfs Manager )が表示されます。
    これを右クリックし、「Show Manager」を選択。
  2. メイン画面 が表示されます。
    最初に、画面左下の「Add」ボタンをクリック。
  3. 左側の欄に、「New Drive 1」というアイテムが追加されます。
    これを選択し、右側の欄で
    • Drive name - マウントするサーバーの名前(自分で分かれば何でもよい)
    • Host - マウントするサーバーのホスト名
    • Port - 接続の際に使用するポートの番号
    • Username - ユーザー名
    • Authentication method - 認証方法
      • Password - パスワード
      • PrivateKey※3 - 秘密鍵
    • Directory※4 - 仮想ドライブのルートとするディレクトリ
    • Drive Letter - このサーバーに割り当てるドライブレター
    • Mount at login - Windows ログイン時に自動でマウント
    といったオプションを設定し、右下の「Save」ボタンを押します。
    ※3 右端の ... をクリックし、公開鍵とペアになっている秘密鍵を選択する。
    秘密鍵にパスワードを設定しておいた場合は、「PrivateKey」欄の下にある空欄にパスワードを入力しておく。
    (パスワードを設定していない場合は、空欄のままでよい)

    ※4 下記のような相対パスも使える。
    / → サーバーのルートディレクトリ
    . → ユーザーのルートディレクトリ
  4. マウントできるようにしたいサーバーが他にもある場合は、同様の手順で登録処理を行っていきます。
    サーバーを間違えて登録してしまった時は、左側の欄で該当のサーバーを選択 → 左下にある「Remove」ボタンをクリックします。
  5. ちなみに、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Run at startup」にチェックを入れると、「win-sshfs」をWindows 起動時に自動で起動させることができます。

  6. 登録したサーバーを、マウント
  7. メイン画面の左側の欄で、マウントしたいサーバーを選択し、右下の「Mount」ボタンをクリックします。
    もしくは、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Mount」から、マウントしたいサーバーを選択。
  8. すると、選択されたサーバーのマウント処理が実行されます。
    マウントされたサーバーは、「コンピュータ」画面等から普通に開けるようになっています。

  9. マウントしたサーバーを、アンマウント
  10. メイン画面の左側の欄で、アンマウントしたいサーバーを選択し、右下の「Unmount」ボタンをクリックします。
    もしくはタスクトレイアイコンを右クリック → 「Unmount」から、アンマウントしたいサーバーを選択します。
  11. すると、選択されたサーバーのアンマウント処理が実行されます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
win-sshfs TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 CCCP

定番のコーデックパック

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Jpeg.io

画質劣化なしで画像を圧縮& JPEG 出力してくれるウェブサービス

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

スポンサードリンク

win-sshfs を紹介しているページです