Avidemux

Avidemux の概要や使い方を紹介しています

Avidemux を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

多くのフォーマットに対応した動画編集ソフト!「Avidemux」。

Avidemux
制作者 mean
日本語ランゲージファイル 制作者 Tilt
対応 2000/XP/Vista/7

Download ( 32bit 版)
Download ( 64bit 版)

● Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト。
不要な場面のカット、動画連結、フォーマット変換、リサイズ、クロップ、黒ベタ追加、画質補正、色調補正、
回転 / 反転、フェード効果挿入、字幕合成、音ズレ補正、ロゴ除去、音声抽出... 等の処理を行うことができます。
AVI / MPG(MPEG-1 / 2 / TS )/ VOB / ASF / WMV / FLV / MP4 / MKV / MOV / M4V / 3GP / OGM 等々、
非常に幅広いフォーマットの入出力に対応しています。

「Avidemux」は、多くのフォーマットに対応した動画編集ソフトです。
動画内の特定場面を切り捨てたり、動画と動画を連結させたり、映像に多種多様なフィルタ※1 をかけたり
することができる... という高機能なビデオエディタです。
※1 シャープ、ぼかし、ノイズ除去、拡大 / 縮小、字幕、明るさ補正 等々、フィルタは 40 種類以上もある。
入力・出力 ともに多形式に対応していているところが最大の特徴で、AVI / MPG(MPEG-1 / 2 / TS )/
VOB / ASF / WMV / MOV / MKV / OGM / FLV / MP4 / M4V / 3GP 等の動画を、AVI / MP4 / MKV / MPG /
MPEG-2 / MPEG-TS / FLV 等で出力できるようになっています。
( iPhone / PSP と互換性のあるフォーマットに変換することも可能)
コーデックに関しては、H.264 / Xvid / Huffyuv / MPEG2(映像)、LAME / FAAC / Aften / Vorbis(音声)
等のものを使うことができます。

基本的な使い方は以下の通り。
(長いですが、自分が必要とする操作のみを行えばOK)
「Microsoft Office IME」を使用している場合、「Avidemux」が起動しない可能性があります。
(「Avidemux ○.○ は、動作を停止しました」というダイアログが表示される)
「Microsoft Office IME」を使用している場合は、日本語入力ソフトを 「Google 日本語入力」 や
Microsoft IME」 に切り替えてから試してみて下さい。

    日本語化
    「Avidemux」が起動していない時に行って下さい。
  1. Tilt さんのサイト で、日本語ランゲージファイルを入手してきます。
  2. 入手したファイルを解凍します。
  3. あとは、解凍して出てきた「i18n」フォルダを、インストールフォルダ内にコピーすれば作業完了。
    (インストールフォルダ内に元から「i18n」フォルダがある場合は、上書きしてよい)

  4. 起動&ファイル読込み
  5. 「avidemux.exe」を実行します。
  6. メニューバー上の「ファイル」→「ファイルを開く」から、編集したいファイルを読み込みます。
    素材動画によっては、 等のダイアログが表示されるので、適宜「はい」を選択しておきます。
    ※2 Xvid / AVI な動画を、カット / 結合 するだけの場合は「いいえ」を選択する。

  7. 動画の結合
  8. 読み込んだ動画に結合したいものがある場合、続けて「ファイル」→「追加」から、目的の動画ファイルを
    選択します※3
    ※3 結合するファイルのフォーマット(拡張子、画像サイズ、コーデック 等)が異なる場合、正常に
    結合することができないので注意。
    この機能は、シリーズものの動画を連結したい時などに使う。

  9. 音声抽出
  10. 読み込んだ動画の音声を抽出したい時は、メニューバー上の「音声」から「音声を保存」を選択します。
  11. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    あとは、ファイルの保存先フォルダ&ファイル名 を指定すればOK です。
    (拡張子も入力した方が良いです)

  12. プレビューの表示倍率を調整
  13. メニューバー上の「表示」から、プレビューの表示倍率を調整することもできたりします。
    倍率は、
    • 拡大 1 : 4 - 1/4
    • 拡大 1 : 2 - 1/2
    • 拡大 1 : 1 - 1/1
    • 拡大 2 : 1 - 2 倍
    の中から選べるようになっています。

  14. 不要な場面のカット
  15. 不要な場面のカットを行う場合、画面下部にあるシークバーや再生コントロールボタンを使い、
    カット( = 切り捨て)したい場面の始点位置を探します。
    下部の 前のキーフレーム 次のキーフレーム ボタンを押すことで、現在の場所から最も近いキーフレームに移動することも
    できたりします。
    (始点 / 末尾 にキーフレームを指定しておくと、より正確に編集を行うことができる)
  16. 始点位置を決めたら、そこで 選択・始点 ボタンをクリック。
  17. 続いて、カットしたい場面の末尾を決めます。
  18. 末尾を決めたら、そこで 選択・終点 ボタンをクリック。
  19. 範囲選択が完了したら、メニューバー上の「編集」から「切り取り」を選択します※4
    ※4 間違えてカットしてしまった場合は、「編集」→「編集をリセット」を選択。
    不要なシーンが他にもある場合は、同じ手順でカットしていきます。

  20. フォーマット変換
  21. 画面左の「Video Output」欄にある プルダウンメニューをクリック し、映像を圧縮する際に
    使用する コーデック を選択します。
    コーデックは、MPEG-4 AVC(H.264) / MPEG-4 ASP(Xvid4) / MPEG-4 ASP / MPEG-2 /
    Huffyuv / FLV1 / M-JPEG 等の中から選べるようになっています。
    映像を再圧縮したくない場合は、「コピー」を選択します。
    映像を未圧縮にしたい場合は、「YV12 Encoder」を選択(サイズが大きくなるので注意)
  22. コーデックを指定したら、下の「構成」ボタンを押し、映像品質などの設定を行います。
    (コーデックによっては、詳細設定を行えないものもあります)
  23. 次に、すぐ下の 「Audio Output」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、音声のフォーマットを
    選択します
    選択できるフォーマットは、MP3 / AAC / OGG(Vorbis)/ AC3 / MP2。
    音声を再圧縮したくない場合は、「コピー」を選択します。
    音声を非圧縮にしたい場合は、「PCM」を選択。
  24. フォーマットを指定したら、下の「構成」ボタンを押し、音声品質などを設定します。
    (フォーマットによっては、詳細設定を行えないものもあります)

  25. フィルタをかける
  26. 映像&音声 には、様々なフィルタをかけることもできるようになっています※5
    ※5 映像 / 音声 ともに、コーデックが「コピー」になっているとフィルタ機能は使えない。
    そのフィルタ処理の手順は下記の通り。

  27. フィルタをかける - 映像
    メニューバー上の「映像」→「ポストプロセッシング」から、画質補正機能を利用することもできる
  28. メニューバー上の「映像」から「フィルター」を選択します。
  29. 「ビデオフィルター管理」というウインドウ が立ち上がります。
    ここで、利用したいフィルタをダブルクリックし、適宜数値を設定しておきます。
    利用できるフィルタには、下記のようなものがあります。
    • Add Borders - 黒ベタ追加※6
    • Blacken Borders - 黒ベタ塗り※7
    • crop - クロップ※8
    • Fade - フェードイン / アウト 効果の挿入
    • Horizontal Flip - 左右反転
    • Resample FPS - フレームレートの変更
    • Rotate - 映像を、90 / 180 / 270 度回転
    • swsResize - 拡大縮小
    • Vertical Flip - 上下反転
    • インターレース解除
    • コントラスト調整
    • Mplayer eq2 - コントラスト / 明るさ / 彩度 / ガンマ の調整
    • Mplayer Hue - 色相 / 彩度 の調整
    • ノイズ除去
    • シャープ / ぼかし
    • スムーズ
    • ソフト
    • Mplayer Delogo
    • 字幕 - ass / ssa / srt を読み込める
    (フィルタは、複数設定することができる)
    ※6 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、指定したピクセルサイズだけ黒ベタを追加する。
    ※7 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ黒く塗りつぶす。
    ※8 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る。
    追加したフィルタを削除する時は、右の「アクティブなフィルター」欄で目的のフィルタを選択し、
    右下の フィルターを除去 ボタンを押します。
    追加したフィルタがどのようにかかるのかは、右下の「プレビュー」ボタンをクリックすることで
    確認できるようになっています。
  30. フィルタは、指定した場面にのみかけることもできます。
    もし、適用する場面を指定したいフィルタがある場合は、「アクティブなフィルター」欄で目的の
    フィルタを選択し、右下の「部分的」ボタンをクリック → 該当のフィルタを適当する場面を指定して
    おきます※9
    ※9 フィルタを適当する場面の範囲(開始地点 ~ 終了地点)は、フレーム番号で指定する。
    フレーム番号は、メイン画面左下の欄で確認することができる。
  31. 「アクティブなフィルター」欄に追加したフィルタ、およびその設定内容は、py ファイルとして
    保存することができます。
    (よく使うフィルタ設定がある場合は、ファイルとして保存しておくと便利)
    現在のフィルタ内容を保存する場合は、左下の「保存」ボタンをクリックし、ファイルの保存を行います。
    保存したフィルタ設定は、隣にある「読込」ボタンから読み込めるようになっています。

  32. フィルタをかける - 音声
  33. 必要に応じて、音声にもフィルタをかけることができます。
    音声にフィルタをかける場合は、メニューバー上の「音声」から「フィルター」を選択し、適宜設定を
    行っておきます
    使用できるフィルタには、
    • フレームレート変更
    • リミックス (チャンネル数の設定)
    • リサンプリング
    • ゲイン (音量調整)
    • 音声シフト (音ズレ補正)
      音が遅れている場合は、 -500 のように負の値を入力する。
      (単位はミリ秒)
      音が早く聞こえている場合は、 500 のように正の値を入力する。
    等があります。

  34. フィルタをかける - フィルタ適用後の動画をプレビュー
  35. ツールバー上の 出力 ボタンをクリックします。
    こうしておくと、フィルタをかけた後の動画をプレビュー再生できるようになります※10
    ※10 動画再生時に音が鳴らない場合、「編集」→「環境設定」→「音声」タブを開き、「音声デバイス」を
    「Win32」にしておく。
    尚、デフォルトでは音量がMAX になっているので注意。
    (音量バーは、メイン画面の右下にある)

    サイド最上部 をクリックすると、入出力映像を並べて表示させることができ、 分割 をクリックすると、
    出力映像を小窓に表示させられるようにもなっています。

  36. 出力トラックの選択 - マルチトラック音声の動画を編集する場合
  37. 複数の音声トラックを持つ動画を編集する時は、出力トラックの選択&設定 を行うことができます。
    ( AVI / MKV / MP4 などで出力する場合は、音声をマルチトラックにすることができる)
    出力トラックの設定を行う時は、メニューバー上の「音声」から「トラックを選択」を選択します。
  38. 音声トラック設定画面 が表示されます。
    ここで、どのトラックにどの音声を入れ込むのか を設定します。
    出力しないトラックがある場合は、該当トラックの「Enabled」欄にあるチェックを外しておきます。
  39. 必要であれば、各トラックの変換先フォーマット&その設定、フィルターの設定 も行っておきます。
    (各トラックごとに、変換先フォーマットを変えることもできる)

  40. 保存
  41. 画面左下にある「Output Format」欄で、出力先のフォーマットを選択します
    MP4 で出力する場合、「MP4 Muxer」「MP4v2 Muxer」のどちらかを選べるようになっていますが、
    通常は「MP4v2 Muxer」を選択して下さい※11
    ※11 「MP4 Muxer」は、AC3 音声を格納することができない。
    加えて、「MP4 Muxer」は、「MP4v2 Muxer」に比べると各種デバイスとの互換性も低い。
  42. メニューバー上の「ファイル」から「保存」を選択。
  43. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がります。
    あとは、ファイルの出力先フォルダ&名前※12 を指定すればOK です。
    ※12 拡張子の入力も必須。

そのほか、変換終了時にコンピュータをシャットダウンさせる機能や、ファイルのプロパティ※13 を表示する機能、
選択した場面のフレームをBMP / JPEG ファイルとして保存する機能※14 等々も付いています。
※13 ビデオコーデック、画像サイズ、アスペクト比、フレームレート、再生時間、オーディオコーデック、
音声のビットレート、サンプルレート 等。

※14 メニューバー上の「ファイル」→「画像で保存」から。

 Avidemux 解説ページ
MPEG-2関連のフリー・ソフトウェアの紹介

Kenのムービー計画
トップ音楽・動画関連ソフト動画編集 ソフト Avidemux TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 TrueCrypt
秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 Unchecky
アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト

 新着フリーソフト
 Webイメージコレクター.NET
指定したWeb ページ内に貼られている画像を、一括してダウンロードしてくれる
 DevTools Toolbar ItemsFirefox
ツールバー上に、Web 開発系のツールボタンを追加できるようにする
 About Pages List(Firefox)
“ about: ” で始まる各種ページを、ツールバー上から手軽に開けるようにする
 Renee PDF Aide
PDF を、Word / Excel / Powerpoint / EPUB / TXT / HTML / 画像 に変換
 PDFin1
複数ページのPDF を、1 つのページにまとめてくれるPDF 面付けツール
 Advanced Batch Image Converter
多彩なフォーマットに対応した画像変換ソフト
スポンサード リンク

Avidemux を紹介しているページです