Avidemux

Avidemux の概要や使い方を紹介しています

Avidemux を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

多くのフォーマットに対応した動画編集ソフト!「Avidemux」。

Avidemux
制作者 mean
日本語ランゲージファイル 制作者 Tilt
対応 2000/XP/Vista/7

Download ( 32bit 版)
Download ( 64bit 版)

● Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト。
不要な場面のカット、動画連結、フォーマット変換、リサイズ、クロップ、黒ベタ追加、画質補正、色調補正、
回転 / 反転、フェード効果挿入、字幕合成、音ズレ補正、ロゴ除去... 等の処理を行うことができます。
AVI / MPG(MPEG-1 / 2 / TS )/ VOB / ASF / WMV / FLV / MP4 / MKV / MOV / M4V / 3GP / OGM /
等々、非常に幅広いフォーマットの入出力に対応しています。

「Avidemux」は、多くのフォーマットに対応した動画編集ソフトです。
動画内の特定場面を切り捨てたり、動画と動画を連結させたり、映像に多種多様なフィルタ※1 をかけたり
することができる... という高機能なビデオエディタです。
※1 シャープ、ぼかし、ノイズ除去、拡大 / 縮小、字幕、明るさ補正 等々、フィルタは 40 種類以上もある。
入力・出力 ともに多形式に対応していているところが最大の特徴で、AVI / MPG(MPEG-1 / 2 / TS )/
VOB / ASF / WMV / MOV / MKV / OGM / FLV / MP4 / M4V / 3GP 等の動画を、AVI / MP4 / MKV / MPG /
MPEG-2 / MPEG-TS / FLV 等で出力できるようになっています。
( iPhone / PSP と互換性のあるフォーマットに変換することも可能)
コーデックに関しては、H.264 / Xvid / Huffyuv / MPEG2(映像)、LAME / FAAC / Aften / Vorbis(音声)
等のものを使うことができます。

基本的な使い方は以下の通り。
(長いですが、自分が必要とする操作のみを行えばOK)
「Microsoft Office IME」を使用している場合、「Avidemux」が起動しない可能性があります。
(「Avidemux ○.○ は、動作を停止しました」というダイアログが表示される)
「Microsoft Office IME」を使用している場合は、日本語入力ソフトを 「Google 日本語入力」 や
Microsoft IME」 に切り替えてから試してみて下さい。

    日本語化
    「Avidemux」が起動していない時に行って下さい。
  1. Tilt さんのサイト で、日本語ランゲージファイルを入手してきます。
  2. 入手したファイルを解凍します。
  3. あとは、解凍して出てきた「i18n」フォルダを、インストールフォルダ内にコピーすれば作業完了。
    (インストールフォルダ内に元から「i18n」フォルダがある場合は、上書きしてよい)

  4. 起動&ファイル読込み
  5. 「avidemux.exe」を実行します。
  6. メニューバー上の「ファイル」→「ファイルを開く」から、編集したいファイルを読み込みます。
    素材動画によっては、 等のダイアログが表示されるので、適宜「はい」を選択しておきます。
    ※2 Xvid / AVI な動画を、カット / 結合 するだけの場合は「いいえ」を選択する。

  7. 動画の結合
  8. 読み込んだ動画に結合したいものがある場合、続けて「ファイル」→「追加」から、目的の
    動画ファイルを選択します※3
    ※3 結合するファイルのフォーマット(拡張子、画像サイズ、コーデック 等)が異なる場合、
    正常に結合することができないので注意。
    この機能は、シリーズものの動画を連結したい時などに使う。

  9. 不要な場面のカット
  10. 不要な場面のカットを行う場合、画面下部にあるシークバーや再生コントロールボタンを使い、
    カット( = 切り捨て)したい場面の始点位置を探します。
    下部の 前のキーフレーム 次のキーフレーム ボタンを押すことで、現在の場所から最も近いキーフレームに移動することも
    できたりします。
    (始点 / 末尾 にキーフレームを指定しておくと、より正確に編集を行うことができる)
  11. 始点位置を決めたら、そこで 選択・始点 ボタンをクリック。
  12. 続いて、カットしたい場面の末尾を決めます。
  13. 末尾を決めたら、そこで 選択・終点 ボタンをクリック。
  14. 範囲選択が完了したら、メニューバー上の「編集」から「切り取り」を選択します※4
    ※4 間違えてカットしてしまった場合は、「編集」→「編集をリセット」を選択。
    不要なシーンが他にもある場合は、同じ手順でカットしていきます。

  15. フォーマット変換
  16. 画面左の「Video Output」欄にある プルダウンメニューをクリック し、映像を圧縮する際に
    使用する コーデック を選択します。
    コーデックは、MPEG-4 AVC(H.264) / MPEG-4 ASP(Xvid) / MPEG-4 ASP / MPEG-2 /
    Huffyuv / FLV1 / M-JPEG 等の中から選べるようになっています。
    映像を再圧縮したくない場合は、「コピー」を選択します。
    映像を未圧縮にしたい場合は、「YV12 Encoder」を選択(サイズが大きくなるので注意)
  17. コーデックを指定したら、下の「構成」ボタンを押し、映像品質などの設定を行います。
    (コーデックによっては、詳細設定を行えないものもあります)
  18. 次に、すぐ下の 「Audio Output」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、音声のフォーマットを
    選択します
    選択できるフォーマットは、MP3 / AAC / OGG(Vorbis)/ AC3 / MP2。
    音声を再圧縮したくない場合は、「コピー」を選択します。
    音声を非圧縮にしたい場合は、「PCM」を選択。
  19. フォーマットを指定したら、下の「構成」ボタンを押し、音声品質などを設定します。
    (フォーマットによっては、詳細設定を行えないものもあります)

  20. フィルタをかける
  21. 映像&音声 には、様々なフィルタをかけることもできるようになっています※5
    ※5 映像 / 音声 ともに、コーデックが「コピー」になっているとフィルタ機能は使えない。
    そのフィルタ処理の手順は下記の通り。

  22. フィルタをかける - 映像
    メニューバー上の「映像」→「ポストプロセッシング」から、画質補正機能を利用することもできる
  23. メニューバー上の「映像」から「フィルター」を選択します。
  24. 「ビデオフィルター管理」というウインドウ が立ち上がります。
    ここで、利用したいフィルタをダブルクリックし、適宜数値を設定しておきます。
    利用できるフィルタには、下記のようなものがあります。
    • Add Borders - 黒ベタ追加※6
    • Blacken Borders - 黒ベタ塗り※7
    • crop - クロップ※8
    • Fade - フェードイン / アウト 効果の挿入
    • Horizontal Flip - 左右反転
    • Resample FPS - フレームレートの変更
    • Rotate - 映像を、90 / 180 / 270 度回転
    • swsResize - 拡大縮小
    • Vertical Flip - 上下反転
    • インターレース解除
    • コントラスト調整
    • Mplayer eq2 - コントラスト / 明るさ / 彩度 / ガンマ の調整
    • Mplayer Hue - 色相 / 彩度 の調整
    • シャープ / ぼかし
    • スムーズ
    • ソフト
    • Mplayer Delogo
    • 字幕 - ass / ssa を読み込める
    (フィルタは、複数設定することができる)
    ※6 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、指定したピクセルサイズだけ黒ベタを追加する。
    ※7 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ黒く塗りつぶす。
    ※8 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る。
    追加したフィルタを削除する時は、右の「アクティブなフィルター」欄で目的のフィルタを選択し、
    右下の フィルターを除去 ボタンを押します。
    追加したフィルタがどのようにかかるのかは、右下の「プレビュー」ボタンをクリックすることで
    確認できるようになっています。
  25. フィルタは、指定した場面にのみかけることもできます。
    もし、適用する場面を指定したいフィルタがある場合は、「アクティブなフィルター」欄で目的の
    フィルタを選択し、右下の「部分的」ボタンをクリック → 該当のフィルタを適当する場面を指定して
    おきます※9
    ※9 フィルタを適当する場面の範囲(開始地点 ~ 終了地点)は、フレーム番号で指定する。
    フレーム番号は、メイン画面左下の欄で確認することができる。
  26. 「アクティブなフィルター」欄に追加したフィルタ、およびその設定内容は、py ファイルとして
    保存することができます。
    (よく使うフィルタ設定がある場合は、ファイルとして保存しておくと便利)
    現在のフィルタ内容を保存する場合は、左下の「保存」ボタンをクリックし、ファイルの保存を
    行います。
    保存したフィルタ設定は、隣にある「読込」ボタンから読み込めるようになっています。

  27. フィルタをかける - 音声
  28. 必要に応じて、音声にもフィルタをかけることができます。
    音声にフィルタをかける場合は、メニューバー上の「音声」から「フィルター」を選択し、適宜設定を
    行っておきます
    使用できるフィルタには、
    • フレームレート変更
    • リミックス (チャンネル数の設定)
    • リサンプリング
    • ゲイン (音量調整)
    • 音声シフト (音ズレ補正)
      音が遅れている場合は、 -500 のように負の値を入力する。
      (単位はミリ秒)
      音が早く聞こえている場合は、 500 のように正の値を入力する。
    等があります。

  29. フィルタをかける - フィルタ適用後の動画をプレビュー
  30. ツールバー上の 出力 ボタンをクリックします。
    こうしておくと、フィルタをかけた後の動画をプレビュー再生できるようになります※10
    ※10 動画再生時に音が鳴らない場合、「編集」→「環境設定」→「音声」タブを開き、
    「音声デバイス」を「Win32」にしておく。
    尚、デフォルトでは音量がMAX になっているので注意。
    (音量バーは、メイン画面の右下にある)

    サイド最上部 をクリックすると、入出力映像を並べて表示させることができ、 分割
    クリックすると、出力映像を小窓に表示させられるようにもなっています。

  31. 出力トラックの選択 - マルチトラック音声の動画を編集する場合
  32. 複数の音声トラックを持つ動画を編集する時は、出力トラックの選択&設定 を行うことができます。
    ( AVI / MKV / MP4 などで出力する場合は、音声をマルチトラックにすることができる)
    出力トラックの設定を行う時は、メニューバー上の「音声」から「トラックを選択」を選択します。
  33. 音声トラック設定画面 が表示されます。
    ここで、どのトラックにどの音声を入れ込むのか を設定します。
    出力しないトラックがある場合は、該当トラックの「Enabled」欄にあるチェックを外しておきます。
  34. 必要であれば、各トラックの変換先フォーマット&その設定、フィルターの設定 も行っておきます。
    (各トラックごとに、変換先フォーマットを変えることもできる)

  35. 保存
  36. 画面左下にある「Output Format」欄で、出力先のフォーマットを選択します
  37. メニューバー上の「ファイル」から「保存」を選択。
  38. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がります。
    あとは、ファイルの出力先フォルダ&名前※11 を指定すればOK です。
    ※11 拡張子の入力も必須。

そのほか、変換終了時にコンピュータをシャットダウンさせる機能や、ファイルのプロパティ※12
表示する機能、選択した場面のフレームをBMP / JPEG ファイルとして保存する機能、動画から音声のみを
抽出して保存する機能※13 等々も付いています。
※12 ビデオコーデック、画像サイズ、アスペクト比、フレームレート、再生時間、オーディオコーデック、
音声のビットレート、サンプルレート 等。

※13 メニューバー上の「音声」→「音声を保存」から。

 Avidemux 解説ページ
MPEG-2関連のフリー・ソフトウェアの紹介

Kenのムービー計画
トップ音楽・動画関連ソフト動画編集 ソフト Avidemux TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 Windows Live ムービーメーカー
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Free Hide Folder
シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Unchecky
アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 新着フリーソフト
 FloatingButton
任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上の好きな場所に配置
 Wise System Monitor
高機能なシステムモニターツール
 RSS Feed Icon in Navbar
ナビゲーションバー上から、“ フィードの購読 ” を行えるようにする Firefox アドオン
 Firewall App Blocker
指定したアプリケーションの通信を、全自動でブロックできるようにするソフト
 PdfTrick
PDF 内の画像をサムネイル一覧で表示し、その中から任意のものを抽出
 UAC Trust Pal
管理者権限が必要なソフトを、Windows 起動時に警告なしで自動実行させる
スポンサード リンク

Avidemux を紹介しているページです