Volume2

Volume2 の概要や使い方を紹介しています。

Volume2 を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

高機能な音量調整ソフト!「Volume2」。

Volume2
制作者 Irza Alexandr
対応 XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー : US / UK / EU )

● Volume2

多機能な音量調整ソフト。
マウスホイールの回転 / ホットキー / マウスカーソルの移動 といった操作により、システム or アクティブな
アプリケーション or 指定したアプリケーション の音量を、手軽に変更できるようにしてくれます。
音量変更時に、OSD を表示&トレイアイコンを変化させる 機能や、音声の左右バランスを調整する機能、
画面の明るさを調整する機能、音量調整を自動で行わせる “ スケジュール機能 ” ... 等々が付いています.

「Volume2」は、高機能なボリュームチェンジャーです。

  • マウスホイールの回転(タスクバー / タスクトレイ / デスクトップ上)
  • マウスカーソルの移動(画面の上下左右端)
  • ホットキー
といった操作により、システム / 現在アクティブなアプリケーション / 指定したアプリケーション の音量を
調整できるようにする... というボリュームチェンジャーで、非常にカスタマイズ性が高いところが最大の
特徴。
音量変更を行うと、タスクトレイアイコンが変化したりOSD※1 が表示されたりするので、現在の音量値が
一目で判別できるようにもなります。
(トレイアイコンは、スキンに対応している
※1 画面上に現れる通知のようなもの。
OSD は、テキスト / スキン / トラックバー のいずれかで表示させることができる。

音量を調整する機能以外にも、画面の明るさを調整する機能や、CD / DVD ドライブのトレイを開く機能、
USB デバイスの取り外しを行う機能、バッテリー残量を表示する機能 なども付いていて中々多機能。
さらに、音量レベルに反応して動作する ピークメーター も付いていたりします。
(ピークメーターも、スキンに対応している

使い方は以下のとおりです。

    実行前の準備
  1. ダウンロード先のページで、ソフト本体とは別に「OSD Skins」もダウンロードします。
  2. ダウンロードした「OSD Skins」を解凍します。
  3. 出てきたフォルダの全てを、「Volume2」のインストールフォルダ内にある「Osd Skins」内に
    コピーします。
  1. 「Volume2.exe」を実行します。

  2. 超基本的な設定
  3. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Volume2」を選択します。
    (タスクトレイアイコンをダブルクリックしても同じ)
  4. 設定画面 が表示されます。
    設定できるオプションは多数ありますが、基本的には
    • オーディオデバイス
      ボリュームチェンジを行うデバイス(通常は「Windows デフォルト」を選択する)
    • 音量の変更
      ボリュームチェンジの対象アプリケーション
    • 音量変化率※2
      一度の操作で変更する音量値
    のみを設定すればOK です。
    (詳しい設定は後述)
    ※2 数値が小さいほど、音量は一気に変わる。
    例えば、「10」にすると音量は 10 ずつ変化し、「2」にすると 50 ずつ変化する。
    (「100」にすると、1 ずつ変化する)

    必要であれば、音量変更時の効果音を設定しておいてもよいでしょう。

  5. 実際に使う
  6. デフォルトでは、
    • タスクバー上でのホイール回転
    • タスクトレイアイコンをクリックした時に表示される 標準コントローラ を調整
    することで、音量を調整できるようになっています※3
    ※3 音量調整を行うと、OSD が表示される。
    加えて、タスクバー上でホイールクリックすることにより、音量をミュートさせることができます。
  7. 尚、「Volume2」を実行すると、一緒に ピークメーター も表示されるようになっています。
    このピークメーター上で右クリック →「Volume2 Peak Meter」を選択することで、ピークメーターの
    スキンを 変更することもできます
    ピークメーターが不要な場合は、ピークメーターを右クリックして「閉じる」を選択します。
    (もしくは、トレイアイコンを右クリック →「ピークメーターを表示」のチェックを外す)
    設定変更
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Volume2」を選択します。
  2. 設定画面が表示されます。
    この設定画面から、下記のようなオプションの設定変更を行うことができます。

    OSD
  3. 音量変更時にOSD を表示させたくない場合は、「OSD を表示」のチェックを外しておきます。
    また、ここでは、OSD の
    • スタイル
      テキスト / スキン / トラックバー
    • 文字(フォント)
    • テキストの色 / 輪郭
    • OSD の境界 / 背景
    なども設定できるようになっています。
    (「スキン」や「トラックバー」の設定オプションは少し違う)

  4. システムトレイ
  5. ここでは、タスクトレイアイコンのスキン変更を行うことができます。
    さらに、音量変更時にツールヒント(バルーンチップ)を表示させるかどうかも設定できたりします。

  6. マウス
  7. マウス操作によるアクション内容を変更したい場合は、ここで設定を行います。
    行える設定には、下記のようなものがあります。
      トレイマウスイベント
    • 左ボタンのシングルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • 左ボタンのダブルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • 中ボタンのシングルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • マウスクリックの長押しを有効
      左ボタンの長押しで、音量を連続アップ | 右ボタンの長押しで、音量を連続ダウン

    • サウンド音量の変更 (を可能にするアクション)
    • マウスホイールの回転 (このアクションを有効化する場所を指定する)
      • 中マウスボタンでミュート
    • マウスホイールの回転 (画面上)
    • 代替デバイス (の音量変更) : マウスホイール + 任意のキー or ボタン
    • ミュート有効 / 無効 (を可能にするアクション)
    • マウスホイール反転

  8. 画面端での挙動
  9. 画面の上下左右端にマウスカーソルを移動させることで、音量調整を行えるようにしたい場合、
    ここで設定を行います。
    • 画面の端にマウスを移動した時にインジケータを表示
      画面端にマウスカーソルを移動させた時に、音量調整を行えるようにするかどうか
    • アクティブにする側
      マウスカーソルをどの辺に移動させた時に、音量調整を有効化させるのか
    • 制御メソッド※4
    • 音量変更までの遅延 (制御メソッドが「モーション」の時のみ指定可)
    • 常に行う動作 (制御メソッドが「モーション」の時のみ指定可)
    • 反応する領域の幅
    • OSD を表示
    • カーソルの近くにヒントを表示
    • Disable volume control in full-screen mode
      何らかのアプリケーションがフルスクリーンモードの時は、音量調整を行わない
    • (アクション実行時に、音量メーターを) 表示
    ※4 マウスカーソルの移動後、モーション(マウスカーソルを上下 or 左右 に移動させる)/
    ホイールスクロール のどちらで音量調整を行えるようにするのか... というオプション。

  10. キーボード
  11. ここでは、
    • 標準コントローラ (の表示)
    • 再生デバイス (の表示)
    • ミュート有効 / 無効
    • Volume2 (の設定画面表示)
    • 音量アップ
    • 音量ダウン
    • 音量ミキサー (の表示)
    • 音量 10% ~ 100%
    • Set volume percent
    • CD/DVD-ROM トレイを開く
    • 明るさ +
    • 明るさ -
    • 明るさ * (リセット)
    • 音量アップ (代替デバイス)
    • 音量ダウン (代替デバイス)
    • ミュート有効 / 無効 (代替デバイス)
    • 左バランス
    • 右バランス
    • USB デバイスの取り外し
    • バッテリの残量 (パーセント)
    • Set Default Audio Device
    • 次の既定デバイス設定
    • 音量チャンネル +
    • 音量チャンネル -
    • 次のアクティブチャンネル設定
    • システムコントローラ (の表示)
    • Run Application (アプリの起動)
    といったアクションのホットキーを設定することができます。
    設定方法は、右下の「追加」ボタンをクリックし、
    • 動作
    • キーの組み合わせ
    • Parameter
    欄に必要な情報を入力 → ボタンをクリックすればOK です。

  12. システム
  13. このメニュー内では、
    • Windows のスタートアップに登録
    • 通知領域のアイコンに標準的なアイコンを使用※5
    • Restore system volume, when program started
      「Volume2」終了時の音量値を、次回起動時に復元する
    • 終了前に確認する
    • アップデートの確認
    • マウスカーソル下で最初選択を行わずにウィンドウをスクロールする (KatMouse)
    • 通知(音量、明るさ、USB 挿入 / 取り外し、CD/DVD を開く)のON / OFF
    といったオプションの設定を行うことができます。
    ※5 タスクトレイ上に、Windows 標準の音量アイコンを表示させる... というオプション。
    このオプションを有効にする場合、「Volume2.exe」を管理者として起動させている必要がある。
    (加えて、有効化 / 無効化 を切り替える際には、Windows の再起動が必要になる)

  14. スケジュール
  15. ここでは、
    • 音量のセット
    • プログラムの起動
    • Показать сообщение - メッセージを表示
    • Set balance - 音声の左右バランスを調整
    • Set brightness - 画面の明るさを調整
    といったタスクのスケジュール登録を行うことができます。
    タスクの登録方法は次の通り。
    1. 「追加」ボタンをクリック。
    2. 「タスク編集」画面 が表示されるので、
      • タスクの名前
      • 実行する動作内容
      • セットする音量値 / プログラム / メッセージ / バランスの値 / 明るさの値
      • 起動タイミング※6
      • 実行日時 / 曜日
      を設定し、「適用」ボタンをクリックすればOK。
      ※6 一回 / 起動時 / 閉じる時 / 毎分 / 毎時間 / 毎日 / 起床時 / 音声デバイス変更時 /
      After run application(指定したアプリケーションが起動した後)の中から選べる。

トップ音楽・動画関連ソフト音量調整ソフト Volume2 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Google Chrome
軽快に動作するタブブラウザ

 Explzh
高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト

 りかなー
IME OFF時に入力された文字列を、キー連打で日本語に

 AIMP
使いやすい音楽プレイヤー

 新着フリーソフト
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
 AeroFS
指定したフォルダ内のファイルを、別のデバイス内の特定フォルダと同期
 Drag image To SaveChrome
ウェブページ上の画像を、ドラッグ&ドロップで保存できるようにする
スポンサード リンク

Volume2 を紹介しているページです