Volume2

Volume2 の概要や使い方を紹介しています。

Volume2 を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

高機能な音量調整ソフト!「Volume2」。

Volume2
制作者 Irza Alexandr
対応 XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー : US / UK / EU )

● Volume2

多機能な音量調整ソフト。
マウスホイールの回転 / ホットキー / マウスカーソルの移動 といった操作により、システム or アクティブなアプリケーション or 指定したアプリケーション の音量を、手軽に変更できるようにしてくれます。
音量変更時に、OSD を表示&トレイアイコンを変化させる 機能や、音声の左右バランスを調整する機能、画面の明るさを調整する機能、音量調整を自動で行わせる “ スケジュール機能 ” ... 等々が付いています。

「Volume2」は、高機能なボリュームチェンジャーです。

  • マウスホイールの回転(タスクバー / タスクトレイ / デスクトップ上)
  • マウスカーソルの移動(画面の上下左右端)
  • ホットキー
といった操作により、システム / 現在アクティブなアプリケーション / 指定したアプリケーション の音量を調整できるようにする... というボリュームチェンジャーで、非常にカスタマイズ性が高いところが最大の特徴。
音量変更を行うと、タスクトレイアイコンが変化したりOSD※1 が表示されたりするので、現在の音量値が一目で判別できるようにもなります。
(トレイアイコンは、スキンに対応している
※1 画面上に現れる通知のようなもの。
OSD は、テキスト / スキン / トラックバー のいずれかで表示させることができる。

音量を調整する機能以外にも、画面の明るさを調整する機能や、CD / DVD ドライブのトレイを開く機能、USB デバイスの取り外しを行う機能、バッテリー残量を表示する機能 なども付いていて中々多機能。
さらに、音量レベルに反応して動作する ピークメーター も付いていたりします。
(ピークメーターも、スキンに対応している

使い方は以下のとおりです。

  1. 「Volume2.exe」を実行します。

  2. 超基本的な設定
  3. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Volume2」を選択します。
    (タスクトレイアイコンをダブルクリックしても同じ)
  4. 設定画面 が表示されます※2
    ※2 日本語化されていない場合、左メニューの「Language」を選択 → 「日本語」を選択して画面下部の「Apply」ボタンを押す。
    設定できるオプションは多数ありますが、基本的には
    • オーディオデバイス
      ボリュームチェンジを行うデバイス(通常は「Windows デフォルト」を選択する)
    • 音量の変更
      ボリュームチェンジの対象アプリケーション
    • 音量変化率※3
      一度の操作で変更する音量値
    のみを設定すればOK です。
    (詳しい設定は後述)
    ※3 数値が小さいほど、音量は一気に変わる。
    例えば、「10」にすると音量は 10 ずつ変化し、「2」にすると 50 ずつ変化する。
    (「100」にすると、1 ずつ変化する)

    必要であれば、音量変更時の効果音を設定しておいてもよいでしょう。

  5. 実際に使う
  6. デフォルトでは、
    • タスクバー上でのホイール回転
    • タスクトレイアイコンをクリックした時に表示される 標準コントローラ を調整
    することで、音量を調整できるようになっています※4
    ※4 音量調整を行うと、OSD が表示される。
    加えて、トレイアイコンをホイールクリックすることにより、音量をミュートさせることができます。
  7. 尚、「Volume2」を実行すると、一緒に ピークメーター も表示されるようになっています。
    このピークメーター上で右クリック →「Volume2 Peak Meter」を選択することで、ピークメーターのスキンを 変更することもできます
    ピークメーターが不要な場合は、ピークメーターを右クリックして「閉じる」を選択します。
    (もしくは、トレイアイコンを右クリック →「ピークメーターを表示」のチェックを外す)
    設定変更
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Volume2」を選択します。
  2. 設定画面が表示されます。
    この設定画面から、下記のようなオプションの設定変更を行うことができます。

    OSD
  3. 音量変更時にOSD を表示させたくない場合は、「OSD を表示」のチェックを外しておきます。
    また、ここでは、OSD の
    • スタイル
      テキスト / スキン / トラックバー
    • 文字(フォント)
    • テキストの色 / 輪郭
    • OSD の境界 / 背景
    なども設定できるようになっています。
    (「スキン」や「トラックバー」の設定オプションは少し違う)

  4. システムトレイ
  5. ここでは、タスクトレイアイコンのスキン変更を行うことができます。
    さらに、音量変更時にツールヒント(バルーンチップ)を表示させるかどうかも設定できたりします。

  6. マウス
  7. マウス操作によるアクション内容を変更したい場合は、ここで設定を行います。
    行える設定には、下記のようなものがあります。
      トレイマウスイベント
    • 左ボタンのシングルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • 左ボタンのダブルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • 中ボタンのシングルクリック (で、表示 or 実行 する内容)
    • マウスクリックの長押しを有効
      左ボタンの長押しで、音量を連続アップ | 右ボタンの長押しで、音量を連続ダウン

    • サウンド音量の変更 (を可能にするアクション)
    • マウスホイールの回転 (このアクションを有効化する場所を指定する)
      • 中マウスボタンでミュート
    • マウスホイールの回転 (画面上)
    • 代替デバイス (の音量変更) : マウスホイール + 任意のキー or ボタン
    • ミュート有効 / 無効 (を可能にするアクション)
    • マウスホイール反転

  8. 画面端での挙動
  9. 画面の上下左右端にマウスカーソルを移動させることで、音量調整を行えるようにしたい場合、ここで設定を行います。
    • 画面の端にマウスを移動した時にインジケータを表示
      画面端にマウスカーソルを移動させた時に、音量調整を行えるようにするかどうか
    • アクティブにする側
      マウスカーソルをどの辺に移動させた時に、音量調整を有効化させるのか
    • 制御メソッド※5
    • 音量変更までの遅延 (制御メソッドが「モーション」の時のみ指定可)
    • 常に行う動作 (制御メソッドが「モーション」の時のみ指定可)
    • 反応する領域の幅
    • OSD を表示
    • カーソルの近くにヒントを表示
    • Disable volume control in full-screen mode
      何らかのアプリケーションがフルスクリーンモードの時は、音量調整を行わない
    • (アクション実行時に、音量メーターを) 表示
    ※5 マウスカーソルの移動後、モーション(マウスカーソルを上下 or 左右 に移動させる)/ ホイールスクロール のどちらで音量調整を行えるようにするのか... というオプション。

  10. キーボード
  11. ここでは、
    • プログラム設定(の表示)
    • 再生デバイス (の表示)
    • 標準コントローラ (の表示)
    • 音量アップ
    • 音量ダウン
    • ミュート有効 / 無効
    • 音量ミキサー (の表示)
    • 音量 10% ~ 100%
    • 音量設定(パーセント)
    • CD/DVD-ROM トレイを開く
    • 明るさ +
    • 明るさ -
    • 明るさ * (リセット)
    • 明るさの設定(パーセント)
    • 音量アップ (代替デバイス)
    • 音量ダウン (代替デバイス)
    • ミュート有効 / 無効 (代替デバイス)
    • 左バランス
    • 右バランス
    • USB デバイスの取り外し
    • バッテリの残量 (パーセント)
    • デフォルト音量デバイス
    • 次のアクティブチャンネル設定
    • 音量チャンネル +
    • 音量チャンネル -
    • システムコントローラ (の表示)
    • アプリケーションを起動
    • アクティブなアプリケーション以外をすべてミュート
    • すべてのミュート解除
    • 前に戻る
    • PC を再起動
    • 電源を切る
    • モニターを切る
    といったアクションのホットキーを設定することができます。
    設定方法は、画面下部の「追加」ボタンをクリックし、
    • 動作
    • キーの組み合わせ
    • Parameter
    欄に必要な情報を入力 → ボタンをクリックすればOK です。

  12. システム
  13. このメニュー内では、
    • Windows のスタートアップに登録
    • 通知領域のアイコンに標準的なアイコンを使用※6
    • Restore system volume, when program started
      「Volume2」終了時の音量値を、次回起動時に復元する
    • 終了前に確認する
    • アップデートの確認
    • マウスカーソル下で最初選択を行わずにウィンドウをスクロールする (KatMouse)
    • 通知(音量、明るさ、USB 挿入 / 取り外し、CD/DVD を開く)のON / OFF
    といったオプションの設定を行うことができます。
    ※6 タスクトレイ上に、Windows 標準の音量アイコンを表示させる... というオプション。
    このオプションを有効にする場合、「Volume2.exe」を管理者として起動させている必要がある。
    (加えて、有効化 / 無効化 を切り替える際には、Windows の再起動が必要になる)

  14. スケジュール
  15. ここでは、
    • 音量のセット
    • プログラムの起動
    • Показать сообщение - メッセージを表示
    • Set balance - 音声の左右バランスを調整
    • Set brightness - 画面の明るさを調整
    といったタスクのスケジュール登録を行うことができます。
    タスクの登録方法は次の通り。
    1. 「追加」ボタンをクリック。
    2. 「タスク編集」画面 が表示されるので、
      • タスクの名前
      • 実行する動作内容
      • セットする音量値 / プログラム / メッセージ / バランスの値 / 明るさの値
      • 起動タイミング※7
      • 実行日時 / 曜日
      を設定し、「適用」ボタンをクリックすればOK。
      ※7 一回 / 起動時 / 閉じる時 / 毎分 / 毎時間 / 毎日 / 起床時 / 音声デバイス変更時 / After run application(指定したアプリケーションが起動した後)の中から選べる。

トップ音楽・動画関連ソフト音量調整ソフト Volume2 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Elevated Shortcut

指定したソフトを、UAC の警告なしで特権起動可能に

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 MasterSeeker

インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 新着フリーソフト
 GhostBuster

レジストリに残っている “ 今は使われていないハードウェアの情報 ” を、削除できる

 Drive Letter Changer

シンプルで使いやすいドライブレター&マウントポイント管理ツール

 Dual Screen Video Maker

二つの動画ファイルを左右に並べて結合し、一つの動画ファイルとして出力

 Xpeon-Keystrike

ホットキーや簡単なキーワード入力で、ファイルやフォルダを開けるようにするソフト

 File Association Fixer

指定した拡張子の関連付け設定を、Windows 標準のものに戻してくれるソフト

 Open in Wayback MachineFirefox

今見ているページやリンク先のページを、Wayback Machine で開けるようにする

スポンサード リンク

Volume2 を紹介しているページです