Power Laser Express

Power Laser Express の概要や使い方を紹介しています

Power Laser Express を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

インストール不要のポータブルライティングソフト!「Power Laser Express」。

Power Laser Express
制作者 KiaPlayer
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download (ENG )

● Power Laser Express

インストール不要の軽量ライティングソフト。
データCD / DVD 作成、ISO イメージファイル の構築 / ライティング、RW ディスクの内容消去、マルチセッションディスク作成、ブータブルディスク作成... 等の機能が付いています。
ファイルサイズが約 500KB という非常にコンパクトなソフトです。

「Power Laser Express」は、シンプルで軽量なライティングソフトです。
システムにインストールすることなく使えるポータブルなライティングソフトで、外出先でもサッと素早く使えるその手軽さが最大の特徴。
主な機能には、データ CD / DVD 作成、RW ディスクの内容消去、マルチセッションディスクへのファイル追記、ISO イメージファイルの作成※1 / 書き込み、ディスク / ドライブ の性能チェック... などがあり、操作はいずれも簡単な 2 ~ 3 ステップで行えるようになっています。
※1 ファイルシステムは、「ISO9660 Joliet」になる。
ファイルサイズは 500KB、ソフトは EXE 単体で動作する ということもあり、USB メモリに入れておいても損はないと思います。

使い方は以下のとおり。

    データCD / DVD 作成 編
  1. 「PowerLaserExpress_1.0_ENG.exe」を実行します。
  2. 右メニューの一番上にある「Record new CD / DVD」を選択します。
  3. 右下の「Select decice」欄で、書き込み先のデバイスを選択します。
  4. その下にある「Next」ボタンをクリック。
  5. 「Add files」という画面 が表示されるので、焼きたいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで追加します※2
    ※2 日本語名のファイルも焼けるが、一部ダメ文字(ソ 貼 申 表 予 など)もある模様。
    (焼けないことはないが...)

    ちなみに、追加したファイル(やフォルダ)を右クリックすることで、対象をリネームしたり、新規フォルダを作成したりすることもできるようになっています。
    また、ルートディレクトリ(ディスクアイコンのところ)で右クリック →「Rename」を選択すると、ディスクのボリュームラベル(名前)を変更することができます。
    (デフォルトのボリュームラベルは「New」)
    尚、追加したファイルの総容量は、右側の「Project size」欄で確認できるようになっています。
  6. 焼きたいファイルやフォルダを登録し終えたら、右下の「Next」ボタンをクリック。
  7. 「Record options」という画面 が表示されます。
    まず、左上の「Recording speed」欄で、ファイルの書き込み速度を設定します。
    書き込み先のディスクがRW ディスクの場合で、書き込みを行う前にディスクの内容を消去しておきたい場合は、「Erase RW before recording」にもチェックを入れておきます。
  8. ライティング後にディスクをファイナライズする場合は、「Finalize disc」にチェックを入れます。
    (これ以降追記を行わないのであれば、基本的にファイナライズする)
    ディスクをブータブルディスクにする場合、「Make bootable disc」にチェック → ブートイメージを指定しておきます。
    (指定できるブートイメージは、IMG ファイルのみ)
  9. 必要であれば、右側の欄で
    • Preparer - 作成者
    • Publisher - 発行者
    • Copyright - 著作権者
    といった情報を入力しておきます。
  10. 右下の「Next」ボタンをクリック。
  11. ライティングが始まります。
    この時、「Eject disc after finish」にチェックを入れておくと、ライティング終了時に自動でディスクを排出させることができます。
    さらに、「Shutdown PC after finish」にチェックを入れておくと、ライティング終了時にパソコンを自動でシャットダウンさせることができます。
    データCD / DVD 作成(追記)編
  1. 「PowerLaserExpress_1.0_ENG.exe」を実行します。
  2. 右メニューの「Continue CD / DVD」を選択します。
  3. あとの操作方法は、データ焼きの時とほとんど同じ。
    RW ディスクの内容消去 編
  1. 「PowerLaserExpress_1.0_ENG.exe」を実行します。
  2. 消去したいRW ディスクを、ドライブに挿入します。
  3. 「Power Laser Express」を実行し、右メニューの「Erase RW-disc」を選択します。
  4. 右下の「Select decice」欄で、RW ディスクが入っているデバイスを選択します。
  5. その下にある「Next」ボタンをクリック。
  6. 「Erase options」という画面 が表示されます。
    ここで、ディスクの消去方法を指定します。
    ディスクの消去方法は、
    • Quick erase - クイックフォーマット(ファイルの場所情報のみを素早く消去)
    • Full erase - フルフォーマット(完全削除)
    の 2 種類があります。
    どちらかを選択したら、右下の「Next」ボタンをクリック。
    ディスクを人に渡すとかでなければ、通常は「Quick erase」で十分です。
  7. ディスクのフォーマットが始まります。
    あとは、中央のメーターがいっぱいになるまで待つだけ※3
    ※3 「Eject disc after finish」「Shutdown PC after finish」といったオプションは、ここでも指定することができる。
    ISO イメージファイル構築 編
  1. 「PowerLaserExpress_1.0_ENG.exe」を実行します。
  2. 右メニュー内にある「Make ISO-image」を選択し、右下の「Next」ボタンをクリック。
  3. イメージ化したいファイルやフォルダを、ウインドウにドラッグ&ドロップして追加します。
    ここでの処理は、データCD / DVD 作成時と全く同じです。
  4. イメージ化したいファイルやフォルダを登録し終えたら、右下の「Next」ボタンをクリック。
  5. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、イメージファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定し、「保存」ボタンをクリック。
  6. 「Record option」画面が表示されます。
    ここで適宜オプションを設定し、右下の「Next」ボタンをクリック。
  7. イメージファイルの構築が始まります。
    中央のメーターがいっぱいになり、「Record finished successfully」と表示されたら構築完了です。
    ここでも、処理完了後にパソコンをシャットダウンさせたりすることができます。
    イメージライティング 編
  1. 「PowerLaserExpress_1.0_ENG.exe」を実行します。
  2. 右メニューの「Record ISO-image to disc」を選択します。
  3. 右下の「Select decice」欄で、ライティング先のデバイスを指定します。
  4. 「Next」ボタンをクリック。
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がるので、焼きこむイメージファイルを選択します。
  6. 「Record options」画面が表示されます。
    あとの操作は、データ焼きの時と同じです。

その他、「Get infomation」メニューから、挿入されているディスクのプロパティ / 選択しているドライブの性能 を 確認できるようになっています

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のライティングソフト
 ImgBurn

多機能かつ使いやすいライティングソフト

 BurnAware Free

シンプルで使いやすいライティングソフト

 ISO Workshop

各種イメージファイルを、展開 / 変換 / 作成 / ライティング することができるソフト

Power Laser Express TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

スポンサードリンク

Power Laser Express を紹介しているページです