DocFetcher

DocFetcher の概要や使い方を紹介しています

DocFetcher を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

オフィスドキュメント、PDF、EPUB、SVG、Exif 情報... 等々にも対応したGrep ツール!「DocFetcher」。

DocFetcher

● DocFetcher

幅広いフォーマットに対応したファイル内文字列検索ツール。
コンテンツ内に特定の文字列を含むファイルを、超高速に検索してリストアップすることができます。
対応しているフォーマットは、DOC / XLS / PPT などの Office 系ファイルや、Outlook のPST ファイル、Visio のVSD ファイル、PDF / EPUB / RTF / CHM / SVG / HTML / 各種テキストファイル(TXT / JAVA / CPP / PY 等)、MP3 / FLAC(メタデータ)、JPEG ファイル(Exif 情報)。

「DocFetcher」は、多形式に対応したファイル内文字列検索ツールです。

  • Microsoft Office - doc / xls / ppt
  • Microsoft Office 2007 以降 - docx / xlsx / pptx / docm / xlsm / pptm
  • Microsoft Outlook - pst
  • Microsoft Visio - vsd
  • OpenOffice.org - odt / ods / odg / odp / ott / ots / otg / otp
  • RTF
  • AbiWord - abw / abw.gz / zabw
  • PDF
  • EPUB
  • HTML - html / xhtml
  • プレーンテキスト※1
  • CHM
  • MP3 (メタデータ)
  • FLAC(メタデータ)
  • JPEG (Exif 情報)
  • SVG
といったファイル内の文字列検索に対応したGrep ツールで、上記の通り幅広いフォーマットに対応しているところが最大の特徴※2
※1 プレーンテキストとみなす拡張子は、ユーザーが指定することができる。
txt / java / cpp / py... など。

※2 7z / RAR / ZIP / TAR.* といったアーカイブ内のファイル(内の文字列)を検索することも可能。
検索の際には、検索対象とするファイルのフォーマットやサイズを指定することができ、検索結果のファイルに関しては、内蔵ブラウザでプレビュー表示してみる※3 ことが可能となっています。
※3 キーワードを含む部分を、ハイライトして表示させる機能もある。
普段、オフィス系のファイルやRTF、PDF などを扱う機会が多い人におすすめです。
ちなみに、指定したフォルダ / アーカイブ 内のファイルをインデックス化(データベース化)し、そのインデックスを元にテキスト検索を行うため、検索速度は超高速。
必要に応じて、インデックスに含めないファイルを指定したり※4、未対応のファイルでもファイル名のみインデックスしたりする※5 ことが可能となっています。
※4 正規表現で指定することができる。
※5 未対応のファイルであっても、ファイル名だけは検索できるようにする... という機能。

使い方は以下の通り。
このソフトを使用するには、「Java ランタイム」をインストールしている必要があります。

  1. 「DocFetcher.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    DocFetcher

  3. インデックスの作成
  4. まず、画面左下にある「Search Scope」欄上で右クリックし、「Create Index From」からデータベース化するアイテムを選択します。
    データベース化するアイテムは、
    • Folder - フォルダ内のファイル
    • Archive - アーカイブ(7z / RAR / ZIP / TAR.*)内のファイル
    • Outlook PST - PST ファイル
    • Clipboard - クリップボードにコピー中のファイル
    の中から選ぶことができます。
  5. 「Folder」を選択した場合「フォルダーの参照」ダイアログが表示されるので、データベース化したいファイルが入っているフォルダを選択します。
    「Archive」「Outlook PST」を選択した場合は「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、データベース化したいファイルが入っているアーカイブか、PST ファイルを選択します。
  6. 続いて「Indexing Queue」という画面が表示されます。
    Indexing Queue
    そのまま右下の「Run」ボタンを押してもOK ですが、必要であれば各種オプションの設定を行っておきます。
    実際に設定できるオプションには、次のようなものがあります。
      File extensions
    • Plain text - プレーンテキストと見なすファイル(の拡張子)
    • Zip archive - ZIP アーカイブと見なすファイル(の拡張子)
    • Exclude files / detect mime type
      除外するファイル、および、MIME タイプの確認を行うファイル。
      右側にある Add Patern ボタンをクリックし、
      • Pattern (regex) - 処理対象とするファイルの名前(正規表現で指定する)
      • Match Against - 参照する部分
        • Filename - ファイル名
        • Absolute path - ファイルパス
      • Action - 条件と一致するアイテムに対して行うアクション
        • Exclude - インデックスから除外する
        • Detect mime type - MINE タイプの検出を行う
      といったオプションの設定を行う。
      MIME タイプの検出を行うと、拡張子が間違っていても正確なフォーマットを判別できるようになる。
    • Index HTML pairs as single documents
      HTML ファイルと関連付いている「_files」フォルダは、紐付いているHTML ファイルの一部と見なす
    • Detect executable zip and 7z archives (slower)
      自己解凍書庫(ZIP / 7z 形式)内のファイルもインデックスする
    • Index filename even if file contents can't be extracted
      ファイル内の文書を抽出できなかった場合でも、ファイル名はインデックスする
  7. 選択したフォルダやファイルのデータベース化処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  8. 少し待ち、「Indexing Queue」画面が消えたらデータベース化処理完了です※6
    ※6 何らかのエラーがあった場合、画面上部のタブにエラーマーク( エラーマーク )が表示される。
    エラーがあった場合、「Indexing Queue」画面は自動で消えないので、手動で閉じる必要がある。

    データベース化したいフォルダやファイルが他にも存在する場合は、同様の手順で登録処理を行います。
  9. データベース化されたアイテムは、画面左下の「Search Scope」欄にツリー形式でリスト表示されます。
    ここで任意のアイテムを右クリックすることにより、
    • Update Index - インデックスを更新
    • Rebuild Index※7 - インデックスを再構築
    • Remove Index - インデックスを削除
    • Remove orphaned Index - パスが存在しないものを削除
    • List Documents※8 - フォルダ / ファイル 内のアイテムを、リスト表示
    といった操作を行うこともできたりします。
    アイテムの右クリックメニュー
    ※7 「Indexing Queue」画面から操作をやり直すことができる。
    ※8 右上のペインに、リスト形式で一覧表示される。
    検索を実行
  1. 画面左上の「Minimum / Maximum Filesize」欄で、検索対象とするファイルのサイズを範囲指定します※9
    DocFetcher
    ※9 最小 ~ 最大 サイズを指定する。
    ファイルサイズを指定しない場合は、空欄のままでよい。
  2. その下にある「Document Types」欄で、検索対象とするファイルフォーマットにチェックを入れておきます。
  3. 左下の「Search Scope」欄で、検索対象とする場所にチェック。
  4. 右側ペインの上部にあるテキスト入力フォームに、検索キーワードを入力して「Search」ボタンをクリックします※10
    ※10 フォーム右端の ▼ をクリックすることで、過去に入力したキーワードを呼び出すこともできる。
  5. 入力されたキーワードを含むファイルが、リスト形式で一覧表示されます※11
    ※11 リスト上で任意のファイルを右クリックすると、「Open(関連付けソフトで開く)」「Open Parent Folder(格納フォルダを開く)」「Copy(コピー)」といった操作を行うことができる。
    ここで任意のファイルを選択することにより、該当ファイルの内容を右下ペインでプレビュー表示してみることができます。
    (プレビュー画面上では、選択したテキストをコピーすることができる)
    選択中のファイルがHTML である場合、プレビューペインの右上にある Use Embedded HTML Viewer ボタンをクリックすることで、HTML のレンダリングをON / OFF することも可能です。
  6. 尚、メイン画面の右上にある Preferences ボタンをクリックすることで、各種オプションの設定を行うこともできます。
    オプション画面
    実際に設定できるオプションには、次のようなものがあります。
    • Show manual on startup
      起動時にマニュアルを表示する
    • Use OR operator as default in queries (instead of AND)
      検索キーワードを半角スペースで区切った時に、AND 検索ではなくOR 検索を行う
    • Automatically scroll to first match in preview pane
      検索結果のファイルを選択した時、キーワードを含む部分へ自動でスクロールする
    • Hide program in System Tray after opening files
      検索結果のファイルを開いた時、「DocFetcher」をタスクトレイに最小化させる
    • When closing program window, hide in System Tray instead of exiting
      ウインドウを閉じた時に、タスクトレイに最小化させる
    • Clear search history on exit
      「DocFetcher」を終了する時、履歴をクリアする
    • Highlight color
      ハイライトカラー
    • Preview font (normal):
      プレビュー画面上で使用するフォント
    • Preview font (fixed width)
      プレビュー画面上で使用するフォント(プレーンテキスト用)
    • Global hotkey
      「DocFetcher」を最前面に表示させるホットキー

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
DocFetcher TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

スポンサードリンク

DocFetcher を紹介しているページです