Pola

Pola の概要や使い方を紹介しています

Pola を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像をポラロイド写真風に加工!「Pola」。

Pola
制作者 Manuel Barzi
対応 -

Download (ミラー : US )

● Pola

画像を、ポラロイド写真風に加工してくれるソフト。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ画像ファイルを、ポラ写真っぽい雰囲気の画像に一発変換してくれます。
写真タイプの変更、シャドウエフェクト付加、台紙へのテキスト書き込み といった機能も付いています。

「Pola」は、画像をポラロイド写真風に加工してくれるソフトです。
画像内の特定領域を元にして※1、そこそこ本格的な “ ポラ写真風画像 ” を作成することができます。
※1 画像内の特定領域をクロップ枠で切り抜き、その部分をポラ写真化するような仕様になっている。
クロップ枠のアスペクト比(縦横比)が 1 : 1 なので、画像のアスペクト比がそれに近ければ、画像全体をポラ写真化することができる。

ポラ写真のタイプ(カートリッジ)は 4 つの中から選ぶことができ、またシャドウエフェクトにより色合いを微妙に変えたりすることもできるので、作れる画像のバリエーションは意外と豊富です。
その他、台紙部分にはテキストを書き込めるようになっています※2
※2 日本語のテキストは書き込めないので注意...

使い方は以下のとおりです。
インストールの際に 「Babylon Toolbar」のインストールを促す画面 が表示されますが、インストールする必要はありません。
(全てのチェックを外す)

  1. 「Pola.exe」を実行します。


  2. 実行時の音を消す
  3. 処理実行時には、音が鳴るようになっています。
    もし音が鳴らないようにしたい場合は、メイン画面をクリックし、 Audio ボタンをクリック → サブメニューの右側にある Audio をクリックします。
  4. 設定が終わったら、左にある Continue をクリック。


  5. 写真のタイプ(カートリッジ)を選択
  6. メイン画面をクリックし、 ChooseCartridge を選択します。
  7. 中央のボタンをクリックし、画像をどのような感じに仕上げるのかを選択します。
    写真のタイプは、以下の四つの中から選べるようになっています。
    PolaWhite PolaChoco PolaBlue PolaBlack
  8. ついでに、右側にある ChooSize をクリックし、出力画像のサイズを設定します。
    (「Normal(普通)」or「Big(大きい)」)
    出力サイズを「Normal」にした場合、画像は 410 × 497 で出力され、「Big」にした場合は 1392 × 1692 で出力されるようです。
    (台紙のサイズも含む)
  9. 設定が終わったら、左にある Continue をクリック。


  10. 出力先のフォルダを選択
  11. メイン画面をクリックし、 ChooseOutputFolder を選択します。
  12. 次に表示されたメニューで ChooseOutputFolder を選択し、加工されたファイルの出力先フォルダを選択します。
  13. フォルダを選択したら、左にある Continue をクリック。


  14. 台紙に、文字を入れる - 必要な場合のみ
  15. メイン画面をクリックし、 WriteAComment を選択します。
  16. テキスト入力フォームが表示されます。
    下部の「F」ボタンをクリックし、使用するフォントを選択します。
  17. 上部のフォームに、テキストを入力します。
  18. テキストのサイズを変更する時は ChooSize ボタンを、テキストの色を変更する時は ChooColor ボタンをクリックします。
  19. テキストの設定が終わったら、左にある Continue をクリック。


  20. ポラ加工を実行
  21. ポラ写真化したい画像ファイルを、メイン画面に向かってドラッグ&ドロップします。
    尚、複数の画像をドロップしても、最初の画像しか変換されないようなので注意。
  22. 「Crop & Shoot」という画面が表示されます。
    ここで、ポラ写真化する領域をクロップ枠で囲み、右端にある Shoot! ボタンをクリック。
  23. ポラ加工が行われるので、そのまま待ちます。
    出力画像のサイズを「Big」にしていた場合、処理に時間がかかることもあります。
  24. 少し待つと、加工された画像が表示されます。
    それと同時に、ポラ加工された画像ファイルが、指定しておいたフォルダ内に保存されます。
  25. 「Pola」を終了する時は、メイン画面をクリック → SeeYouSoon! ボタンをクリックします。

出来上がった画像が気に入らなかった場合、カートリッジを変えてみたり、シャドウエフェクト※3 を付けてみたりするとよいでしょう。
※3 メイン画面をクリックし、 AddShadow ボタンをクリック。
( ON / OFF を切り替えても、ボタンの表示が変わらないので注意)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 BeFunky

超多機能な画像編集サービス

Pola TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

Pola を紹介しているページです