Img Tool Classic

Img Tool Classic の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
Img Tool Classic を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

DVD データを、ISO イメージファイルに変換!「Img Tool Classic」。

Img Tool Classic
制作者 CouJo.de
日本語化パッチ 制作者 katgum
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download (Classic )

● Img Tool Classic

DVD データを、ISO イメージファイル に変換してくれるソフト。
VSO DivxToDVD」 などのツールで作成したDVDデータ(「VIDEO_TS」というフォルダ)を、一発でISO イメージファイルに変換してくれます。
イメージファイルを 1GB ごとに分割出力する機能や、作成したイメージファイルを「DVD Decrypter」や 「ImgBurn」 でそのままライティングする機能 も備えています。

「Img Tool Classic」は、DVD データを ISO イメージファイルに変換してくれるソフトです。
「VIDEO_TS」フォルダをそのままライティングして作成されたDVD は、パソコン上では再生できても、家庭用のDVD プレイヤーでは再生できないことが稀にあります。
こういった事態を防ぐためにも、DVD データは一度 ISO 化してから焼くことが推奨されています。
その “ DVD データのISO 化 ” ※1 を実行してくれるソフトが、この「Img Tool Classic」です。
※1 作成されるイメージのファイルシステムは、「UDF 1.02(UDF + ISO 9660)」になる。
基本的に、変換元のフォルダと出力先を指定するだけで使うことができ、また作成したイメージをそのままライティングすることもできたりします。
(ライティングを行う場合、別途「DVD Decrypter」か「ImgBurn」が必要)

使い方は以下のとおりです。
ダウンロード先のページでは、「ImgTool Burn」ではなく「ImgTool Classic」をダウンロードして下さい。
(「ImgTool Classic」は、「ImgTool Burn」の下の方にあります)

    日本語化
  1. 日本語化工房-KUP さんのページ で、日本語化パッチを入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、出てきた「imgtoolc0917_jp.exe」を「ImgTool Classic」のインストールフォルダ内にコピーします。
  3. あとは、「imgtoolc0917_jp.exe」を実行すればOK。
    実際に使う
  1. 「ImgTool.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、「ImgTool Classic << First Time Setup >>」というウインドウ が表示されます。
    必要であれば、ここで
    • 作成するイメージを、1GB ごとに分割出力※2
    • 作成したイメージを、「DVD Decrypter」や「ImgBurn」でライティングする※3
    といったオプションを設定しておきます。
    (そのまま「保存」ボタンを押してもOK)
    ※2 このオプションを指定すると、イメージファイルは「ファイル名.iso_00」「ファイル名.iso_01」「ファイル名.iso_02」... というように、連番化して出力される。
    ※3 このオプションを指定した場合、「DVD Decrypter / ImgBurnの実行 (exe) ファイルの場所」欄の右にある「参照」ボタンをクリックし、「DVDDecrypter.exe」か「ImgBurn.exe」を指定する。
    また、「書き込みに使うドライブ」欄で、空のディスクが入っているドライブを指定しておく。

    これらの設定は、後から変更することもできます。
  3. 設定が済むと、メイン画面が表示されます。
    まず最初に、「ソースファイルのフォルダ」欄で、DVD データ(「VIDEO_TS」「AUDIO_TS」)の入っているフォルダを指定します※4
    ※4 「VIDEO_TS」を指定するのではなく、「VIDEO_TS」と「AUDIO_TS」が入っているフォルダを指定する。
    「AUDIO_TS」がない場合、中身は空でいいので「AUDIO_TS」というフォルダを作っておきます。
    (「AUDIO_TS」フォルダは、「VIDEO_TS」フォルダと同じ階層に作る)
  4. 「ファイルの出力先」欄で、作成されたイメージの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  5. 「ボリュームID」欄に、任意のボリューム名(ディスク名)を入力します。
  6. ライティングを行うように設定していた場合は、下の「書き込みオプション」欄で
    • 書き込み後にWindows をシャットダウン
    • 書き込み後にディスクをベリファイ※5
    といったオプションも設定しておきます。
    (必要な場合のみ)
    ※5 書き込まれたデータが、エラーすることなく読み取れるかどうかをチェックする機能。
  7. 画面右側にある「イメージ」ボタンをクリックし、変換を開始します。
  8. しばらく待ち、「Action successfully completed!」というダイアログが表示されたら変換完了。
    ライティングを行うように設定していた場合は、自動的に「DVD Decrypter」や「ImgBurn」が立ち上がり、データのライティングが実行されます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のDVD 変換ソフト
 HandBrake

DVD / Blu-ray を含む各種動画ファイルを、MP4 / M4V / MKV ファイルに変換してくれるソフト

 VidCoder

DVD / Blu-ray / その他各種動画ファイル を、MP4 / M4V / MKV 動画に変換してくれるソフト

 Img Tool Classic 解説サイト
B-MED
Img Tool Classic TOPへ
 おすすめフリーソフト
 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

Img Tool Classic を紹介しているページです