BatchEncoder

BatchEncoder の概要や使い方を紹介しています

BatchEncoder を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

様々なフォーマットに対応したオーディオコンバーター!「BatchEncoder」。

BatchEncoder
制作者 Wieslaw Soltes
日本語ランゲージファイル 制作者 katgum
対応 7/8/8.1/10

Download

BatchEncoder

多形式に対応した音楽変換ソフト。
LAME、Nero Digital Audio、FLAC、Monkey's Audio 等々の フロントエンドとして動作するソフトで、WAV / MP3 / M4A / MP4 / AAC / FLAC / APE / AC3 / OGG / WV / OFR / OPUS / TTA / TAK / MPC 形式の音声ファイルを、相互に変換することができます。
変換の際に指定するパラメータは “ プリセット ” としてあらかじめ登録されているため、簡単に使えるようになっています。

「BatchEncoder」は、各種オーディオエンコーダー / デコーダー※1 のフロントエンドです。
(「theFrontend」の後継ツール)
1 「エンコーダー」とは、“ ○○ ” 変換する際に必要な圧縮ソフト。
「デコーダー」とは、“ ○○ ” 変換する際に必要な伸張ソフト(解凍ソフトのような感じ)。

  • LAME
  • Nero Digital Audio(Nero AAC Codec)
  • QAAC
  • FAAC / FAAD
  • FLAC
  • MAC(Monkey's Audio
  • Wavpack
  • True Audio
  • Aften
  • TAK
  • Oggenc / Oggdec
  • Mppenc / Mppdec
  • OptimFROG
等々のコマンドラインエンコーダー / デコーダー を、分かりやすい GUI 上で操作できるようにする音楽変換ソフトで、上記の通りとにかく多くのツールに対応しているところが最大の特徴。
実際に対応している入力フォーマットは WAV / MP3 / MP1 / MP2 / MP4 / M4A / AAC / OGG / FLAC / APE / MAC / WV / TTA / TAK / AC3 / EAC3 / DTS / DTSHD / TRUEHD / OFR / OPUS / MPC / MPP / MP+ で、これらのファイルを WAV / MP3 / M4A / MP4 / AAC / OGG / AC3 / FLAC / APE / WV / TTA / TAK / OFR / OPUS / MPC に変換することができます。
各エンコーダーのプリセット(変換設定)はあらかじめ登録されているため、コマンドラインオプションの知識を必要とせずに使うことが可能となっています。
(プリセットの内容は、カスタマイズすることもできる)
その他、マルチスレッド処理にも対応していたりします。

使い方は以下の通り。

    準備
  1. 「BatchEncoder」はフロントエンドなので、まず最初にコアとなるエンコーダー / デコーダー を入手し、それらを「BatchEncoder.exe」と同じフォルダ内に置いてやる必要があります※2
    2 自分が必要とするものだけを準備すればよい。
    それぞれのファイル変換に必要なエンコーダー / デコーダー は、以下のようになっています。

    フォーマット エンコーダー デコーダー
    MP3 lame.exe lame.exe
    MP1 / MP2 なし lame.exe
    M4A (MPEG-4/AAC) - NeroAACCodec neroAacEnc.exe※3 neroAacDec.exe※3
    MP4 (MPEG-4/AAC) - NeroAACCodec neroAacEnc.exe※3 neroAacDec.exe※3
    M4A (MPEG-4/AAC) - QAAC qaac.exe※4 neroAacDec.exe※3
    AAC faac.exe faad.exe
    OGG (Ogg Vorbis) oggenc2.exe oggdec.exe
    AC3 aften.exe※5 ffmpeg.exe※6
    EAC3 なし ffmpeg.exe※6
    DTS なし ffmpeg.exe※6
    DTSHD なし ffmpeg.exe※6
    TRUEHD なし ffmpeg.exe※6
    FLAC flac.exe flac.exe
    APE (Monkey's Audio) MAC.exe MAC.exe
    MAC (Monkey's Audio) なし MAC.exe
    WV (WavPack) - WavPack Win32 / 64 wavpack.exe wvunpack.exe※7
    TTA tta.exe tta.exe
    TAK Takc.exe※8 Takc.exe
    OPUS opusenc.exe※9 opusdec.exe※9
    OFR ofr.exe ofr.exe
    MPC (Musepack) mppenc.exe mppdec.exe
    MPP / MP+ なし mppdec.exe

    3 「win32」フォルダ内に入っている。
    4 私の環境では、qaac.exe でエンコードを行うことはできなかった。
    (Windows 7 64bit / BatchEncoder 1.0)

    5 無印のものと、SSE2 / SSE3 対応のものがある。
    Pentium4 以降の Intel 製 CPU、および Athlon64 以降の AMD 製 CPU を使用している場合は「SSE2」フォルダ内のものを、Core 2 Duo 以降の Intel 製 CPU を使用している場合は「SSE3」フォルダ内のものを使うとよい。

    6 ダウンロード先のページでは、64-bit か 32-bit かを選択して「Download FFmpeg」ボタンをクリックする。
    「Download FFmpeg」ボタンをクリック
    「ffmpeg.exe」は、「bin」フォルダ内に入っている。

    7 「WavPack Win32」か「WavPack Win64」をダウンロードすればよい。
    (「wavpack.exe」と同じフォルダ内に入っている)

    8 「Applications」フォルダ内に入っている。
    9 i686 / sse2 / avx に対応したバージョンがある。
    i686 / sse2 / avx に対応したバージョンがある
    使用したいバージョンのファイルを「BatchEncoder.exe」のあるフォルダ内にコピーし、それから「opusenc.exe」あるいは「opusdec.exe」とリネームする。
    Sandy Bridge 世代の CPU を使用しているなら「avx」を、Pentium 4 以降の CPU を使用しているなら「sse2」を、それ以前の CPU を使用してるなら「i686」を使用するとよい。

    WAVE 形式への変換でリサンプリングを行いたい場合は、「ssrc.exe」が必要になります。
    (Shibatch sampling rate converter)

  2. 日本語化
  3. 日本語化工房さんのサイト で日本語ランゲージファイルを入手&解凍しておきます。
  4. 解凍して出てきた「ja-JP.language」を、「BatchEncoder」のインストールフォルダ内にある「lang」フォルダ内にコピーします。
  5. 「BatchEncoder.exe」を実行します。
  6. あとは、メニューバー上の「Language」から「Japanese(日本語)」を選択すれば OK です。
    メニューバー上の「Language」から「Japanese(日本語)」を選択する
    日本語化が完了した

  7. 実際に使う
    Windows Vista 以降の OS を使用している場合、変換時に管理者としての実行が必要なフォーマットもあるようです。
  8. まず、メニューバー上の「編集」→「ファイルの追加」or「フォルダーの追加」から、変換対象とするファイルやフォルダを指定します。
    (ファイルは複数選択可)
    ファイルを間違って追加してしまった時は、該当のアイテムを右クリック →「削除」を選択します。
  9. 画面上部の「形式」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、変換先のフォーマットを選択します。
    出力先のフォーマットを選択
  10. その隣にある「プリセット」欄のプルダウンメニューをクリックし、出力ファイルの品質を設定します。
    出力ファイルの品質を設定
  11. 画面下部にある ... ボタンをクリックし、変換されたファイルの出力先フォルダを指定します。
    BatchEncoder
  12. 最後に、画面右下の「変換開始」ボタンをクリックすればOK。
    変換処理が実行されます。

尚、メニューバー上の「オプション」→「プリセットの設定」から、各フォーマットのプリセット(コマンドラインオプション)を変更 / 追加 することもできたりします。
(通常はそのままで問題ありません)

BatchEncoder
その他、変換終了時に元のファイルを削除したり、OS をシャットダウンさせたりする機能 も付いています。
(メニューバー上の「オプション」から)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
BatchEncoder TOPへ

BatchEncoder を紹介しているページです