Billy

Billy の概要や使い方を紹介しています。

Billy を紹介しているページです。

軽くて使いやすいサウンドプレイヤー!「Billy」。

Billy
4.00 / 53 票)
制作者 Sheep Productions
日本語パッチ制作者 Tilt
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista
バージョン 1.04k
更新日時 2008-02-27
ファイルサイズ 536 KB

Billy

メモ帳のようなインターフェースのシンプルな音楽プレイヤー。
MP3 / WAV / FLAC / OGG / MP2 / MP1 形式の音声ファイルに対応したサウンドプレイヤーで、起動や再生が異常に軽く、ストレスフリーで使うことができます。
シャッフル再生 / リピート再生、読み込み中のファイルリストを “ お気に入り ” として登録する機能、スリープタイマー、読み込んでいるファイルをリネームする機能... などが付いています。

「Billy」は、非常にシンプルな音楽プレイヤーでず。
まるでメモ帳のようにシンプルなインターフェースが特徴的なサウンドプレイヤーで、機能は必要最小限のものに限られているものの、サッと手早く音楽の再生を楽しむことができます。
対応しているフォーマットは MP3 / WAV / FLAC / OGG / MP2 / MP1 で、プレイリスト(TXT / M3U / PLS)の読み込みにも対応しています。

Billy
ツールバーやプログレスバーは非表示にすることもできるため、まさにメモ帳そのもののようなインターフェースにすることもできます。
ツールバーやプログレスバーは、非表示にすることもできる
Billy
“ ただ音楽を聴きたいだけなのに、重いプレイヤーを立ち上げるのは嫌だ ” という人におすすめです。

主な機能には、次のようなものがあります。

  • ファイルの再生 / 一時停止 / 停止 / 曲送り
    再生メニュー
  • 指定したファイルをキュー(再生待ちリスト)に登録する機能
  • リピート再生 / シャッフル再生
    リピート再生 / シャッフル再生
  • よく使うフォルダへのショートカットを作成する機能※1
    1 メニューバー上の「オプション」 → 「設定」 → 「Media」画面でフォルダを登録しておくと、メニューバー上の「ファイル」 → 「フォルダを開く」または「フォルダを追加」画面で、登録しておいたフォルダを素早く呼び出せるようになる。
    「Media」画面でフォルダを登録しておくと...
    登録しておいたフォルダを、素早く呼び出せるようになる
  • 読み込み中のファイルリストを “ お気に入り ” として保存し、後からいつでも読み込めるようにする機能
    “ お気に入り ” 機能もある
    “ お気に入り ” アイテムの管理
  • 指定した時間後(単位は分)に、自動で「Billy」や Windows を終了させる “ スリープタイマー ”
    スリープタイマーもある
    スリープタイマー
  • ファイルのリネーム※2
    2 ファイルを選択 → 「F2」キーを押すことで、リネームダイアログを呼び出すことができる。
    リネームダイアログ
    複数のファイルを選択して「F2」キーを押すことにより、置換を利用したリネームを行うこともできる。
    置換を利用したリネームを行うこともできる

尚、各種操作をショートカットキーで実行することもできます。
(「F1」キーでショートカットキー一覧を表示できる)

ショートカットキー一覧
ショートカットキーの一部は、「オプション」→「設定」→「Global hotkeys」から変更することも可能となっています。
ショートカットキーをカスタマイズすることもできる

このページのTOPへ
スポンサード リンク

Billy を紹介しているページです