Avast Free Antivirus 18

アバスト 無料アンチウィルス 18 の概要や使い方を紹介しています

Avast を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

日本語で使えるアンチウイルス!「Avast Free Antivirus 18」。

Avast Free Antivirus 18
制作者 ALWIL Software
対応 XP/Vista/7/8/10

Download

● Avast Free Antivirus 18

    手動スキャン
  1. タスクトレイ上の アイコンをクリックし、「Avast」のメイン画面を呼び出します。
  2. 左下の「設定」ボタンをクリックします。
  3. 設定画面が表示されるので、左メニュー内の「更新」を選択し、「ウイルス定義」欄で「更新する」ボタンをクリックします。
    設定画面
    更新
  4. アップデートが終わったら設定画面を閉じ、メイン画面の左メニュー内にある「プロテクション」ボタンをクリック → 「スキャン」を選択します。
    Avast Free Antivirus
    プロテクション
  5. 「スキャン」という画面が表示されるので、実行するスキャンの方法を選択します。
    (「クイックスキャン」「フルスキャン」「ターゲットを絞ったスキャン」がおすすめ)
    スキャン
    その他のスキャン
    スキャン方法は
    • スマートスキャン
      ルートキット / 自動実行プログラム / メモリ をスキャン + パソコンの脆弱性等をチェック
    • フルスキャン
      システム全体をスキャン
    • ターゲットを絞ったスキャン
      指定したドライブ / フォルダ のみをスキャン
    • クイックスキャン (「その他のスキャン」)
      システムファイルやメモリ等、重要な領域のみを素早くスキャン
    の 4 つの中から選ぶことができます。
    (ブートタイムスキャンに関しては、後述)
    スマートスキャンで実行するスキャンは、設定画面の「スマートスキャン」メニュー内でカスタムすることもできたりします。
    「スマートスキャン」をカスタマイズ
    その他のスキャンに関しても、各スキャンボタンの下にある「設定」をクリックすることで、実行内容をカスタマイズすることができます※6
    スキャン内容をカスタマイズ
    ※6 「クイックスキャン」の実行内容をカスタマイズする時は、歯車 をクリックして「設定」を選択する。
    「フルスキャン」「クイックスキャン」に関しては、スケジュールスキャンの設定を行うこともできる。
  6. ウイルススキャンが開始されるので、しばらく待ちます。
    「ターゲットを絞ったスキャン」を選択した場合、「領域の選択」という画面が表示されるので、スキャン対象としたいフォルダにチェックを入れておきます。
    (複数選択可)
    領域の選択
  7. 検査の結果、何も見つからなければ操作完了です。
    グレート!問題はみつかりませんでした
    スキャンの結果怪しいファイルが検出されると、「○ 個の問題」という画面が表示されます。
    ○ 個の問題
    ここに、検出されたファイルが
    • ファイル名(フルパス)
    • 感染していると思われるウイルスの名前
    といった情報とともに表示されます。
    そのまま、各ファイルの右端にある ▼ をクリックし、検出されたアイテムをどのように処理するのか指定します。
    アイテムの処理方法を選択
    指定できる処理内容は、以下の 4 つ。
    • 削除
    • 修復
    • チェスト(隔離室)に移動
    • 何もしない
    よく分からないものは、基本的にチェストへ移動しておけばOK。
    ファイル名をWeb 検索してみたり、ファイルを オンラインスキャン にかけてみたりし、ファイルが本当にウイルスであるのかどうか調べてみてもよいでしょう。
  8. 処理内容を指定したら、右下の「解決」ボタンをクリックします。
    (「何もしない」を選択した場合は、そのまま「戻る」ボタンを押してよい)
  9. 誤検出があった場合は、次回からそのファイルが間違って検出されないよう、「例外」として登録しておくと便利です
     指定したファイルを例外登録する
    隔離室内のアイテム管理
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「ウイルスチェスト」を選択します。
    もしくは、「プロテクション」画面の右上にある「ウイルスチェスト」ボタンをクリックします。
    プロテクション
  2. 「ウイルス チェスト」(隔離室)が表示され、チェストに送られたファイルがリスト表示されます。
    ウイルスチェスト
  3. 隔離室に送られたファイルは、実際には無害なファイルである可能性もあります。
    ファイルを削除する前に、これらが “ 本当にウイルスであるのかどうか ” ということを、一応確認しておくことを強くお勧めします。
    ファイルがウイルスであるかどうかを確認するには、
    • ファイル名 ウイルス
    • ファイル名 誤検出
    • ファイル名 ウイルス名
    などのキーワードでWeb 検索してみたり、オンラインスキャンサービスを利用してみたりするとよいでしょう。
  4. 隔離室に送ったファイルが誤検出であった場合は、該当のファイルにチェック →「削除」ボタンの右側にある「▼」をクリックして「データを復元する」を選択します。
    隔離室に送ったファイルがウイルスであった場合は、チェックを入れて「削除」ボタンをクリックします。
    よく分からなかった場合は、とりあえずそのままにしておいてよいでしょう。
  5. 尚、隔離室の最大ファイル容量は、メイン画面左下にある「設定」ボタンをクリック → 「一般」メニュー下部の「メンテナンス」から変更できるようになっています。
    (デフォルトは 256 MB)
    ブートタイム検査
  1. メイン画面の左メニュー内にある「プロテクション」を選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。
  2. スキャン方法選択画面が表示されるので、「ブートタイムスキャン」を選択します。
    スキャン
  3. 「ブートタイムスキャン」という画面が表示されます。
    ブートタイムスキャン
    最初に「特別な定義をインストールする」というリンクをクリックし、定義ファイルのインストールを行います。
    定義ファイルのインストールを行う
  4. 定義ファイルのインストールが終わったら、「PC の次の再起動時に実行」ボタンをクリックします。
    「PC の次の再起動時に実行」ボタンをクリックする
  5. ブートタイムスキャンが予約されました。
    ブートタイムスキャンが予約された
    ブートタイムスキャンの予約を取り消す場合は、下部の「スケジュールされたスキャンをキャンセルする」というリンクをクリックします。
  6. ちなみに、「ブートタイムスキャン」ボタンの下にある「設定」というリンクをクリックすることで、ブートタイムスキャンの挙動内容をカスタマイズすることもできます。
    スキャン
    ブートタイムスキャンの挙動内容をカスタマイズ
    ブートタイムスキャンの挙動内容をカスタマイズ
    スキャンする場所、怪しいファイルが見つかった時の挙動内容を自分で指定したい場合は、ここで設定を行っておきます。
  7. この設定を行ったあとにパソコンを再起動すると、OS が起動する前にウイルススキャンが実行されます。
    (ブートタイムスキャンは、「Esc」キーでいつでも終了させることができる)
    ブートタイムスキャン
  8. スキャンが終了すると、自動的に Windows の起動が行われます。
    一応、隔離室にファイルが送られていないかチェックしておくとよいでしょう。

尚、「Avast」をインストールすると、ファイルやフォルダの右クリックメニューに

という項目が追加されます。
(「AvastUI.exe」の部分は、選択中のファイル / フォルダ名)
単一、あるいは複数のファイルをピンポイントにスキャンしたい時は、目的とするアイテムを右クリック → を選択することで、手早くウイルチェックを行えるようになっています※7
※7 ドライブも、この右クリックメニューからスキャンすることができる。

その他、Web サイトの安全性チェック機能や※8、ヒューリスティック検知のレベルを変更する機能※9... なども付いています。
※8 「Avast Online Secruity」というブラウザアドオン。
表示しているWeb サイトの安全性を、分かりやすく評価してくれる。

※9 設定画面を開き、左メニュー内の「コンポーネント」を選択 →「ファイルシステムシールド」や「ウェブシールド」の設定画面を開く → 左メニューの「感度」から設定を行う。
(必要であれば、「メールシールド」も同様に設定する)
手動スキャン時は、各スキャンボタンの下にある「設定」というリンクをクリック → 左メニュー内にある「感度」から設定を行う。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のウイルス対策ソフト
 AVG AntiVirus

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 COMODO Internet Security

総合型のセキュリティソフト

 Avast 公式フォーラム
Avast WEBforum
Avast TOPへ
k本的に無料ソフト・フリーソフトは、エックスサーバーを使用しています。

アバスト 無料アンチウィルス を紹介しているページです