COMODO Internet Security

COMODO Internet Security の概要や使い方を紹介しています

COMODO Internet Security を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

無料で使えるインターネットセキュリティ!「COMODO Internet Security」。

COMODO Internet Security
制作者 Comodo Group
日本語ランゲージファイル 制作者 ミルク王子
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (公式)
Download (ミラー)
Download (ミラー)

● COMODO Internet Security

総合型のセキュリティソフト。
アンチウイルス / ファイアウォール / システム仮想化(サンドボックス) / HIPS が一つに統合された、オールインワンなセキュリティソフトです。
リアルタイムスキャン、手動スキャン、右クリックメニューからのウイルススキャン、スケジュールスキャン、不正侵入のブロック、通信ルールの詳細設定、プロセスの挙動をリアルタイムに監視&制御 できるようにする “ Defence+ (HIPS) ” ... 等々の機能が付いています。

「COMODO Internet Security」は、総合型のセキュリティソフトです。

  • 常駐監視型のアンチウイルス
  • ファイアウォール
  • HIPS※1
  • システム仮想化ツール(仮想デスクトップ)※2
  • 任意のアプリケーションを、仮想システム内で実行させる “ サンドボックス ”
  • ショッピングサイトやオンラインバンクを、安全な環境下で利用できるようにする “ Comodo Secure Shopping ”
が一つになったオールインワンセキュリティで、ウイルスチェック機能、通信管理機能、プロセス管理機能、システム仮想化機能 の全てを、無料で利用できるところが最大の特徴。
(ファイアウォールと「Comodo Secure Shopping」は、インストールしないようにすることもできる)
※1 プロセスの挙動を、リアルタイムに監視&制御 できるようにする機能。
悪意のあるプログラムが、重要なファイルを改変 / 破壊 したりするのを防ぐことができる。

※2 一時的な Windows 環境のようなもの。
仮想化実行時に行われた全てのアクションは、仮想化終了後に “ なかったこと ” になる。
(「Toolwiz TimeFreeze」 系の機能)

主な機能には、ウイルススキャン(リアルタイムスキャン&手動スキャン) / 右クリックメニューからのウイルスチェック / スケジュールスキャン / 通信ルール作成 / 不審なプロセスの制御 / システム仮想化... 等々があり、かなり多機能。
できることが多い故に難解な印象を受けますが、実際の操作は割りと簡単です。
(また、ヘルプもしっかりしている

使い方は以下の通り。
COMODO Internet Security のインストール方法

このページでは、アンチウイルス / システム仮想化 / サンドボックス についてのみ言及しています。
ファイアウォール / HIPS については、「Comodo Firewall」 のページを参照して下さい。

    通知音を消す&自動隔離の ON / OFF
  1. デフォルトでは、アラート表示時に通知音が鳴るようになっています。
    また、不審なファイルが見つかった時に、それらを自動で隔離室に送るように設定されています。
    これらの設定を変更したい時は、次のような操作を行います。
  2. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
    COMODO Internet Security
  3. 画面上部にある「設定」ボタンをクリック。
  4. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    ここで、「警告が表示された時にサウンドを再生する」のチェックを外し、画面下部の「OK」ボタンをクリックします。
    同時に、「起動時にようこそ画面を表示する」もチェックを外しておいてよいでしょう。
  5. 不審なファイルが検出された時に、該当のファイルを隔離するかどうかを自分で判断したい場合は、そのまま左メニュー内の「ウイルス対策」 → 「常駐保護機能」を開き、右側の欄で「ウイルス対策の警告を表示しない」のチェックを外します。
    常駐保護機能
    尚、ここで「リアルタイムスキャン機能を有効にする」のチェックを外すことにより、常駐監視機能を無効化することもできたりします。

  6. 常駐保護
  7. パソコン使用中にウイルスと思わしきものが検出されると、
      COMODO ウイルス対策の警告
    というダイアログが表示されます※3
    (「COMODO クラウドスキャナ」である場合もある)
    COMODO ウイルス対策の警告
    ※3 設定画面で「ウイルス対策の警告を表示しない」にチェックを入れたままの時は、デスクトップの右下から通知が表示されるだけ。
    通知
    ファイルは自動で隔離室に送られるので、隔離したファイルの管理 へと進む。

    検出は誤検出である可能性もあるため、
    • 検出されたファイルの名前 ウイルス
    • 検出されたファイルの名前 誤検出
    などのキーワードでWeb 検索してみたり、オンラインスキャン を利用してみたりし、ファイルが本当にウイルスであるのかどうか一応確かめてみるとよいでしょう。
    ちなみに、バージョンによってはウイルス検出時に GeekBuddy の利用を勧めるダイアログが表示されるようです。
    GeekBuddy の利用を勧めるダイアログ
    もし、Comodo GeekBuddy の利用を勧めるダイアログが表示されても、利用しなくてOK です。
    ダイアログ中央にある「結構です」を選択して下さい。
    (左下の「再表示しない」にチェックを入れると、次回から表示されなくなる)
  8. 検出されたファイルが完全にウイルスであると分かっている場合は、「削除」を選択します。
    (「削除」を押すと、ファイルが隔離される)
    逆に、ファイルが確実に安全なものであると分かっている場合は、「無視」をクリックして「無視して除外項目に追加する( = 無視するファイルとして登録)」を選択します。
    (今回だけ無視する場合は、「無視」→「一度無視する」を選択)
    COMODO アンチウイルス 警告
    誤検出かどうか分からなかった場合は、とりあえず「削除」を選択しておきます。
    隔離したファイルの管理
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面左上にある「タスク」ボタンをクリック。
  3. 「高度なタスク」メニューを開き、「隔離項目の表示」を選択します。
    高度なタスク
  4. 隔離中のアイテムが一覧表示されます。
    隔離中のアイテムが、一覧表示される
    ファイルの復元を行う( = ファイルが、安全なものであると分かった)場合は、復元したいアイテムを右クリック →「復元」を選択します。
    逆に、ファイルの削除を行う( = ファイルが、危険なものであると分かった)場合は、目的のアイテムを右クリック →「削除」を選択します。
    全てのアイテムを一括して削除したい時は、何らかのアイテム上で右クリック →「すべて削除」を選択します。
    無視するファイル / フォルダ の管理
    スキャン対象から除外するファイルやフォルダの設定
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面上部にある「設定」ボタンをクリックします。
  3. 設定画面 が表示されます。
    そのまま、左メニュー内の「高度な保護」 → 「スキャンの除外設定」を開きます。
  4. 「Scan Exlusions」という画面が表示されるので、右下のリスト上で右クリック →「追加」→「ファイル」を選択し、“ 無視するファイル ” として登録したいアイテムを選択します。
    (フォルダを登録する時は、「追加」→「フォルダ」を選択)
    除外設定
    登録したアイテムを削除する( = 無視設定を解除する)時は、目的とするアイテムを右クリック → 「選択して削除」を選択します。
  5. 設定が終わったら、画面下部にある「OK」ボタンをクリックします。
    手動スキャン
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
    COMODO Internet Security
  2. 画面中央にある「スキャン」ボタンをクリックします。
  3. 「COMODO スキャン」という画面が表示されます。
    COMODO スキャン
    ここで、スキャン方法を選択します。
    スキャン方法は、以下の四つの中から選べるようになっています。
    “ スキャンプロファイル ” を作成 すると、スキャン領域を自由にカスタムできるようになる)
    • クイックスキャン - 重要な領域 + メモリ を素早くスキャン
    • 完全スキャン - コンピュータ全域をスキャン
    • 評価スキャン - パソコン内にあるファイルの “ 安全度 ” をチェック
    • カスタムスキャン - 指定したファイルやフォルダのみをスキャン
    「カスタムスキャン」を行う場合は、「カスタムスキャン」をクリック →「フォルダスキャン」か「ファイルスキャン」を選択し、目的とするファイルやフォルダを選択します。
    「カスタムスキャン」をクリック
    「評価スキャン」については、説明を省きます。
    Run a Rating Scan, Virus Scan, Scan My PC | Internet Security
  4. ウイルススキャンが開始されるので、じっくりと待ちます。
  5. サマリーウインドウに「状態 : スキャンを終了しました」と表示されたらスキャン完了です。
    サマリーウインドウ
    怪しいアイテムが検出された際には、同時にそれらがリスト表示されます※5
    ※5 何も検出されなかった場合、特にリストは表示されない。
    (「脅威の検出 : 0 」と表示されていたら、何も検出されなかった... ということ)
    ウインドウもそのまま閉じてよい。
  6. 常駐保護の時と同じく、検出は誤検出である可能性もあります。
    ここでも、ファイル名をWeb 検索にかけてみたり、オンラインスキャンを利用したりし、ファイルが誤検出でないか確認してみることをお勧めします。
  7. 完全にウイルスであると分かっているファイルがある場合は、該当アイテムの「操作」欄で「削除(隔離)」を選択します。
    逆に、安全であると分かっているファイルがある場合は、該当アイテムの「操作」欄で「除外項目に追加(無視&除外ファイルとして登録)」を選択します。
    ウイルスかどうか分からないものがある場合は、とりあえず「削除」を選択しておくとよいでしょう。
    (後々安全であると分かったら、隔離室から出してやればよい)
    各アイテムに対してアクション内容を選択したら、右下にある「選択操作を適用する」をクリックします。
  8. 処理が終わったら、ウインドウを閉じます。
    右クリックメニューからのスキャン
  1. スキャンしたいファイルやフォルダを右クリックし、「COMODO Antivurs でスキャンする」を選択。
  2. ウイルススキャンが実行されます。
    ファイルの数によっては、多少時間がかかるのでしばらく待ちます。
  3. あとの操作は、手動スキャンの時と同じです。

次のページでは、

  • スキャンプロファイルの作成方法
  • 仮想デスクトップ(システム仮想化機能)の使い方
  • サンドボックス(指定したアプリケーションを、仮想システム内で動かす機能)の使い方
を紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のウイルス対策ソフト
 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 AVG AntiVirus

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

COMODO Internet Security TOPへ
 おすすめフリーソフト
 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

COMODO Internet Security を紹介しているページです