VirusTotal

VirusTotal の概要や使い方を紹介しています

VirusTotal を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

怪しいファイルを徹底的にスキャン!「VirusTotal」。

VirusTotal
VirusTotal スクリーンショット
スクリーンショット
制作者 Google
対応 -

サイトへ

● VirusTotal

指定したファイルや URL を、複数のアンチウイルスエンジンで徹底的に検査してくれる Web サービス。
Norton / Kaspersky / F-Secure / ESET NOD32 / Panda / GData / AntiVir / BitDefender / McAfee / AVG / Avast / Malwarebytes / Emsisoft / Comodo / Sophos / DrWeb 等々、約 60 種類ものアンチウイルスエンジンを使い、ファイルや URL がウイルス感染していないか徹底的に調べ上げてくれます。
検査できるファイルは、単一のファイル、かつ、64 MB 以下のファイル。

「VirusTotal」は、ファイル& URL を徹底的にウイルスチェックしてくれるオンラインサービスです。
約 60 種類ものアンチウイルスエンジンを使い、手持ちのファイルや URL を容赦なくウイルスチェックしてくれる無料のセキュリティサービスです。
( “ 感染しているかしていないか ” を調べてくれるだけで、駆除機能までは付いていません)
ブラウザでアクセスしたらすぐに利用することができ、別途何らかのソフトをインストールしたりすることなく手軽に使えるようになっています。
自分の使っているアンチウイルスでは検知される(あるいはされない)けれど、なんとなく疑わしいファイルが存在する場合などに便利※1
※1 ただし、VirusTotal にアップロードされたファイルは、VirusTotal の有償サービスを利用することで、誰でもダウンロードすることが可能となっている
そのため、個人情報や機密情報を含むファイルは、むやみにアップロードしない方がよい。

この「VirusTotal」で実際に使用されているアンチウイルスエンジンには、次のようなものがあります。
(17 / 12 / 12 現在)

  • Ad-Aware
  • AegisLab
  • AhnLab-V3
  • Alibaba
  • ALYac
  • Antiy-AVL
  • Arcabit
  • Avast
  • Avast-Mobile
  • AVG
  • Avira (no cloud)
  • AVware
  • Baidu
  • BitDefender
  • Bkav
  • CAT-QuickHeal
  • ClamAV
  • CMC
  • Comodo
  • CrowdStrike Falcon (ML)
  • Cybereason
  • Cylance
  • Cyren
  • DrWeb
  • eGambit
  • Emsisoft
  • Endgame
  • ESET-NOD32
  • F-Prot
  • F-Secure
  • Fortinet
  • GData
  • Ikarus
  • Sophos ML
  • Jiangmin
  • K7AntiVirus
  • K7GW
  • Kaspersky
  • Kingsoft
  • Malwarebytes
  • MAX
  • McAfee
  • McAfee-GW-Edition
  • Microsoft
  • eScan
  • NANO-Antivirus
  • nProtect
  • Palo Alto Networks
  • Panda
  • Qihoo-360
  • Rising
  • SentinelOne (Static ML)
  • Sophos AV
  • SUPERAntiSpyware
  • Symantec
  • Symantec Mobile Insight
  • Tencent
  • TheHacker
  • TrendMicro
  • TrendMicro-HouseCall
  • Trustlook
  • VBA32
  • VIPRE
  • ViRobot
  • Webroot
  • WhiteArmor
  • Yandex
  • Zillya
  • ZoneAlarm by Check Point
  • Zoner
使い方は以下の通り。
  1. まず、VirusTotal のページ にアクセスします。
  2. 画面中央にある「ファイルを選択」ボタンをクリックし、検査したいファイルを選択します。
    「ファイルを選択」ボタンをクリックし、検査したいファイルを選択する
    特定の URL を検査したい時は、「URL」タブを開いて目的の URL を入力します。
    「URL」タブを開き、目的の URL を入力する
  3. すぐ下にある「スキャンする」ボタンをクリックします。
  4. ファイルが「VirusTotal」のサーバーへとアップロードされ、ウイルススキャンが開始されます。
    尚、ファイルが他の人により既に検査されていた場合、「分析済みのファイルです」というダイアログが表示されます。
    分析済みのファイルです
    ここで「前回の分析結果」ボタンをクリックすると、その時の検査結果をすぐに閲覧することができます。
    前回の検査日から時間が経っているなどの理由で、もう一度検査を行いたい時は、「再分析」ボタンをクリックします。
  5. 画面が切り替わり、各アンチウイルスのスキャン結果が随時表示されていきます。
    あとは、ひたすら待つだけ※2
    ※2 60 種類のアンチウイルスエンジンでウイルスチェックを行うため、検査にはそこそこ時間がかかる。

スキャン結果画面では、

  • 使用したウイルス対策ソフト
  • ウイルスチェックの結果
  • (定義ファイルの) 更新日時
が個別に表示されます。
スキャン結果画面
ファイルを “ 安全である ” と判定したアンチウイルスの「結果」欄には、緑のチェックマークが表示されます。
一方、ファイルを “ 危険性がある ” と判定したアンチウイルスの「結果」欄には、赤字でウイルスの名称などが表示されます。
検査したファイルが不審なものであると判定されてしまった場合、「結果」欄のウイルス名を Google などのサイトで調べてみる必要があります※3
(あるいは、そのまま捨てるか...)
※3 「ファイル名 ウイルス」「ファイル名 誤検出」などのキーワードで検索すると良い。

ちなみに、画面上部にある「ファイルの詳細」タブでファイル制作者の情報等を、「追加情報」タブでファイルの MD5 等を確認することもできたりします。

「ファイルの詳細」タブ
「追加情報」タブ

そのほか、いちいち「VirusTotal」のページを開かなくても、ファイルを直接「VirusTotal」へアップロードしてくれる

というツールも用意されています。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
VirusTotal TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Waterfox

古い Firefox アドオン(レガシーアドオン)の使用も可能な Firefox 派生ブラウザ

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

スポンサードリンク

VirusTotal を紹介しているページです