Winja

Winja の概要や使い方を紹介しています

Winja を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

気になるファイルを、VirusTotal で手軽にウイルスチェックできるようにする!「Winja」。

Winja

● Winja

パソコン内のファイルやウェブ上のファイルを、直接 VirusTotal でスキャンできるようにするソフト。
ローカルやオンライン上の不審なファイルを、VirusTotal で手軽にウイルスチェックできるようにしてくれます。
実行中のプロセスをウイルスチェックにかける機能や、ファイルを右クリックメニューからスキャンできるようにする機能、スタートアップアイテム / サービス などを一元管理する機能... 等々が付いています。

「Winja」は、VirusTotal※1 を利用した多機能ウイルスチェックツールです。
※1 指定したファイルを、複数のアンチウイルスエンジンで徹底的にウイルスチェックしてくれるオンラインスキャンサービス。
非常に便利なサービスではあるが、VirusTotal にアップロードされたファイルは、VirusTotal の有償サービスを利用することで、誰でもダウンロードすることが可能となっている
そのため、個人情報や機密情報を含むファイルは、むやみにアップロードしない方がよい。

  • 指定したファイル
  • ウェブ上のファイル(URL)
  • 現在実行中のプロセス
を、手早く VirusTotal へ送信※2 できるようにするセキュリティソフトで、いちいち VirusTotal のページを開かなくても、不審なファイルをその場でウイルスチェックできるようにしてくれます。
※2 設定により、VirusTotal へファイルを送信することなくウイルスチェックを実行することも可能。
(ただしこの場合、チェック可能なのは VirusTotal で既に検査済みのファイルのみ)

VirusTotal へのファイル送信は、ドラッグ&ドロップやファイルの右クリックメニューから実行することができ、複数のファイルをまとめてスキャンに送ることも可能となっています。
普段、VirusTotal を利用することが多い人にはもちろん、ファイルのダウンロードを頻繁に行っていたりする人にもおすすめです。
ちなみに、スキャン結果の情報はアプリケーション内部で確認することができ、必要であれば VirusTotal のスキャン結果ページを開くことも可能となっています。
その他、
  • 現在実行中のプロセス
  • 現在通信中のプロセス
  • スタートアップアイテム
  • 登録済みのタスク
  • サービスアプリケーション
を一元的に管理できる「EXTRA TOOLS」というツールも付いています。

使い方は以下の通り。

  1. 「Winja.exe」を実行します。
  2. 最初に使用言語を問うダイアログが表示されるので、「English」を選択します。
    使用言語を問うダイアログ
  3. メイン画面が表示されます。
    Winja
    そのまま、実行する処理の内容を選択します。
    処理内容は、
    • BROWSE FOR FILE - パソコン内のファイルをスキャン
    • DOWNLOAD AND SCAN - ウェブ上のファイル(URL)をスキャン
    • QUICK PROCESS SCAN - 現在実行中のプロセスをスキャン
    の 3 つの中から選べるようになっています。
    (「EXTRA TOOLS」は後述)
    パソコン内のファイルをスキャンしたい時は、「BROWSE FOR FILE」ボタンをクリック → 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、スキャンしたいファイルを選択します。
    (メイン画面上に、目的のファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK)
    ウェブ上のファイルをスキャンしたい時は、「DOWNLOAD AND SCAN」ボタンをクリック → スキャンしたいファイルのURL を入力し、右下の 使用言語を問うダイアログ ボタンをクリックします。
    スキャンしたいURL を入力する
    実行中のプロセスをスキャンしたい時は、「QUICK PROCESS SCAN」ボタンをクリック → 現在起動中のプロセスが一覧表示されるので、スキャンしたいプロセスをダブルクリックします。
    スキャンしたいプロセスをダブルクリック
  4. 選択されたファイルのスキャンが開始されるので、しばらく待ちます。
    スキャン中...
  5. 少し待ち、デスクトップの右上からトースト通知が表示されたらスキャン完了です。
    トースト通知
    この通知の上部にある「Possible threat detected 〇 / 67」の部分が検出割合を表していて、ここの数値が「1 / 67」以上になっている時は、何らかのアンチウイルスエンジンがファイルを “ 危険性のあるアイテム ” として判定した... ということになります。
    逆に、「At this date the file looks clean」と表示された場合は、“ 危険性のあるアイテム ” として検知されなかった... ということになります。
    トースト通知
    いずれの場合も、通知をクリックすることでスキャン結果ウインドウを表示することができます。
    スキャン結果ウインドウ
    ファイルを “ 危険性のあるアイテム ” として判定したアンチウイルスは、赤くハイライトして表示されようになっています。
  6. 尚、メイン画面の左側にある Available Reports ボタンをクリックすることで、スキャン済みのファイルをリスト表示することができます。
    スキャン結果ウインドウ
    ここで任意のファイルを右クリックすることにより、
    • Open Report - スキャン結果ウインドウを表示する
    • Browse on VirusTotal - VirusTotal のスキャン結果ページを開く
    • Request File Rescan - ファイルをもう一度スキャンする
    といったコマンドを実行することもできたりします。
    スキャン済みアイテムの右クリックメニュー
    オプション設定
  1. 左メニューの下部にある General ボタンをクリックします。
  2. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    ここでは、
    • Register Winja to Microsoft Windows Startup
      Windows 起動時に、Winja を自動で起動する
    • Register Winja to Microsoft Contextual Explorer Menu
      ファイルの右クリックメニュー内に、「Winja でスキャン」コマンドを追加
    • Minimize Winja to System Tray
      Winja を閉じた時に、タスクトレイに最小化する
    • Private Mode : File scan reports are not saved locally
      スキャン結果の履歴を残さない
    • Never upload sample to VirusTotal (only request report if exists)※3
      VirusTotal にサンプルファイルをアップロードしない
    • When a file scan report is available, open in default Browser
      スキャンが終わったら、結果のページを既定のブラウザで開く
    • When engine flag a sample as "Clean", hide it from engine list on scan report
      何も検出されなかった場合、スキャン結果画面にアンチウイルスのリストを表示しない
    • Enable custom VirusTotal API
      任意の VirusTotal API キーを使用する
    といったオプションの設定を行うことができます。
    ※3 ファイルが既に他のユーザーにより検査されていた場合は、その最新結果を表示する。
    ファイルが他のユーザーにより検査されていなかった場合は、スキャンを実行しない。
  3. 左メニュー内の Network ボタンをクリックすると、プロキシに関する設定を行うことができます。
    「Network」メニュー
    通信の際にプロキシを使いたい時は、「I want to configure proxy settings manually」にチェック → 使用するプロキシサーバーのアドレスとポート番号を指定しておきます。
  4. その下の Notifications ボタンからは、通知とウィジェットに関する設定を行うことができます。
    「Notifications」メニュー
    ここでは、
    • When a new file scan report available, display a notification
      スキャンが完了したら、トースト通知を表示する
      • Exclude notification if the file scan report mention a clean file
        ファイルがクリーンであった場合は、通知を表示しない
    • Enable Winja Desktop Widget (when application is minimized)
      最小化時に、ウィジェット を表示する
      • Widget position is fixed (can't move widget)
        ウィジェットの表示位置を固定する
      • Widget window always on top of other windows (stay on top)
        ウィジェットを常に最前面に表示する
      • Widget window support opacity level (semi-transparency)
        ウィジェットを半透明表示にする
  5. Scan History ボタンからは、過去にスキャンしたファイルの履歴をツリー表示することができます。
    「Scan History」メニュー

次のページでは、

  • 現在実行中のプロセス
  • 現在通信中のプロセス
  • スタートアップアイテム
  • 登録済みのタスク
  • サービスアプリケーション
を一元的に管理できる「EXTRA TOOLS」を紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のウイルス対策ソフト
 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 AVG AntiVirus

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

Winja TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 お気に入りフリーソフト 2017

2017 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 pixFont

斜めになったり傾いたりして写った被写体を、正面から見たような感じに補正してくれるソフト

 Windows Timeline Support

ウェブページの閲覧履歴が、Windows 10 の “ タイムライン ” 内に表示されるようにする Chrome / Firefox / Vivaldi 拡張機能

 Web2Desk

ウェブサイトを、Windows / Mac / Linux 向けのデスクトップアプリに変換してくれるオンラインサービス

 ServiceWalker

スタンダードなインターフェースの使いやすいサービスアプリケーション管理ツール

 Shirocs(シロクス)

スマホなどで撮影した書類 / ホワイトボード 等の写真の背景を、白くしてくれるソフト

 Brynhildr

シンプルかつ高カスタマイズなリモートデスクトップツール

スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Winja を紹介しているページです