Sqirlz Morph

Sqirlz Morph の概要や使い方を紹介しています

Sqirlz Morph を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像が徐々に変形していく特殊なアニメーション動画を作成!「Sqirlz Morph」。

Sqirlz Morph
制作者 Xiberpix
対応 Me/2000/XP/Vista

Download (ミラー)

● Sqirlz Morph

画像、または動画ファイルを元に、“ モーフィングアニメーション ” を生成してくれるソフト。
一枚の画像が、だんだん別の画像へと変化していくアニメーション動画 “ モーフィングアニメ ” を、簡単な操作で作成することができます。
画像内の指定した物体が、他の地点へとワープしていくタイプのアニメも作ることができます。
作成したアニメーション動画は、AVI / SWF / GIF 形式のファイルとして保存することができます。

「Sqirlz Morph」は、モーフィングアニメーション作成ツールです。
2 枚以上のBMP / JPG ファイル、またはAVI 形式の動画ファイルを用いて、画像がフェードイン / アウトしながら、少しずつ他の画像へと変形していく「モーフィングアニメーション」を作成することができるソフトです。
素材には複数枚の画像を使用することができるので、「A からB へ」といった単純なものだけではなく、アイデア次第ではストーリー性を感じさせる大作?も作ることができるかと思います。
ちなみに、単一の画像 / 動画ファイル内にある任意のオブジェクトが、少しずつ他の地点へと移動していく “ ワープタイプ ” のモーフィングアニメを作る機能もあります。

基本的な使い方は以下の通り。

    モーフ 編
  1. まず、素材とする画像ファイルをメインウインドウにドラッグ&ドロップします※1
    (AVI ファイルを読み込む際は、「File」→「AVI Open」から)
    ※1 素材画像 / 動画は、全て同じ縦 × 横サイズである必要がある。
    事前にサイズを揃えておくのが好ましいが、「Image」→「Equalize Sizes」からでも一括リサイズを行うことができる。
    (この場合、「選択状態にないファイル」が、「選択状態にあるファイル」のサイズに統一される)
    読み込んだファイルにAVI が存在する場合は、AVI ファイルが基準ファイルになる。
  2. 「Window」→「Tile/Untile」を選択し、読み込んだファイルをタイル状に並べておきます。
    (必須ではないが、こうしておくと今後操作を進めやすくなる)
  3. 「Image」→「Animation order」を選択し、アニメーションさせる画像の順番を調整します。
  4. メイン画面に戻り、アニメーションの最初に表示させたい画像をクリックします。
  5. 「Control Points」→「Add」を選択し、モーフィングの際に強調したい(=アニメーションの中心にしたい)部分を、マウスクリックでピン止めするような感覚で囲っていきます※2
    ※2 マーク(アンカーポイント)で囲まれた領域を基準にして、画像がアニメーションする。
    後々面倒なので、マークは必要最小限にしておけばよい。

    ここでマークしたアンカーポイントは、読み込んだ画像全てに適用されますが、そのことはあまり意識せずにどんどんポイントしていきます。
  6. マークし終わったら、他の画像にも同じようにしてアンカーポイントを付けていきます。
    が、先述の通り、1 枚目の画像に付けたアンカーポイントが他の画像にも反映されているので、ここでは
    1. 「Control Points」→「Move」を選択
    2. 既存のアンカーポイントをクリック(で選択状態にし)→
    3. “ 強調させたい部分 ” に移動させる...
    という作業を行います。
  7. 画像が3 枚以上ある場合は、同じようにしてアンカーポイントの修正を行います。
  8. 基本的にはこれで完成しています。
    「Morph」→「Run Morph/Warp」を選択し、実際のアニメーションをプレビュー再生してみます。
  9. 必要に応じて、「Morph」からモーフパターンを変更してみます※3
    ※3 モーフパターンには、以下の3 つが用意されている(デフォルトでは「Mix - 1」)。
    • Mix - 1 -(読み込まれている)全ての画像をフェードイン / アウトで表示しつつ、次の画像に切り替える
    • Mix - 2 - 現在の画像と次の画像を少しずつミックスさせながら、次の画像に切り替える
    • Mix - 3 - 画像をランダムに表示しつつ、次の画像に切り替える
  10. アニメーションが速すぎる / 遅すぎる場合は、「Morph」→「Period」をクリックし、全体のフレーム数を調整します※4
    ※4 動きが速すぎる場合は数値を大きくし、遅すぎる場合は数値を小さくする。
    必要があれば、アンカーポイントの修正も行ないます。
  11. ある程度思い通りになったら、アニメーションを「Morph」からAVI / Flash / GIF / 連番画像として保存します※5
    ※5 連番画像で出力する場合は、「File Sequence」→「Save」を選択する。
    (bmp / jpg のどちらかで保存することができる)
    AVI で保存する場合は、ファイルを コーデック で圧縮することも可。

    AVI / Flash / GIF で保存する場合、動画のフレームレート(frame rate)を設定することができるので、出力ファイルのアニメーションが速すぎる / 遅すぎる と感じたら、この値を上下して保存し直してみると良いと思います※6
    ※6 動きが速すぎる場合は数値を小さくし、動きが遅すぎる場合は数値を大きくする。
    ちなみに、Flash で保存する場合は、画質(Image Quality)を指定することも可能。
    ワープ 編
  1. あらかじめ、「Morph」から「Warp Mode」を選択しておきます。
  2. 素材とする(単一の)画像ファイルを、メインウインドウにドラッグ&ドロップします。
    (AVI ファイルを読み込む際は、「File」→「AVI Open」から)
  3. 必要であれば、メニューバーの「View」から画像の大きさを拡大 / 縮小しておきます。
  4. 「Control Points」→「Add」を選択し、ワープさせたい物体をアンカーポイントで囲みます。
  5. マークし終わったら、「Control Points」→「Move」を選択し、入力したアンカーポイントをワープ先の地点まで移動させます。
  6. 基本的にはこれで完成しています。
    あとは、「Morph」→「Run Morph/Warp」を選択して、アニメーションをプレビュー再生 → 思い通りになっていたら、「Morph」から任意のフォーマットで保存すればOK。
    いまいち思い通りになっていなかったら、移動先のアンカーポイントを修正してみるなどしてみます。
そのほか、複数のアンカーポイントを一括して選択状態にし、移動 / 回転 / コピー / 削除する「グループ(Control Point Group)」機能※7 や、出力時にリサイズする機能 などもあります。
※7 物体をワープさせる時などに便利。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像変換ソフト
 XnConvert

非常に多くのフォーマットに対応した画像変換&処理ソフト

 G・こんばーちゃ♪

シンプルで使いやすい画像変換ソフト

 Giam

複数の画像ファイルを元に、GIF / MNG アニメ、AVI 動画 を作成することができるソフト

このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

Sqirlz Morph を紹介しているページです