サクラエディタ

サクラエディタ の概要や使い方を紹介しています

サクラエディタ を紹介しているページです

高機能かつカスタマイズ性の高いテキストエディタ「サクラエディタ」。

サクラエディタ
投票してね!
制作者 たけ(竹パンダ) / Sakura-Editor Project
対応 2000/XP/Vista/7/8/10
安定板
全バージョン

サクラエディタ

カスタマイズ性に秀でた高機能テキストエディタ。
基本的なテキスト編集機能に加えて、インクリメンタルサーチ、ウインドウ分割、矩形選択、テキスト整形、Grep、キーマクロ、DIFF、自動バックアップ... 等々、非常に幅広い機能をカバーしています。
Shift_JIS / JIS / EUC / UTF-8 / UTF-16 / UTF-16 BE / UTF-7 / Latin1 といった文字コードに対応し、SDI / タブインターフェース で動作するようになっています。

「サクラエディタ」は、高機能なテキストエディタです。
キーワードの強調表示、ルーラー / 行番号の表示、無制限アンドゥ、検索 / 置換... といった基本機能に加えて、ウインドウ分割、矩形選択、整形、マクロ、Grep... 等々の高度な編集機能にも対応しているという多機能ツールです。
多機能な上にカスタマイズ性も高いところが最大の特徴で、機能や見た目をガシガシと改造していけるようになっています。
対応している編集モードには、テキスト、C/C++、HTML、PL/SQ、COBOL、Java、アセンブラ、AWK、MS-DOS バッチファイル、Pascal、TeX、Perl、Visual Basic、リッチテキスト、INI ファイル といったものがあります。
(編集モードは、新たに作成することも可能)

主な機能には、

  • 入力内容のアンドゥ / リドゥ※1
    1 無制限にできる(メモリ依存)。
  • 選択した部分の切り取り / コピー / 貼り付け / 削除
  • 選択したテキストの変換※2
    テキストの変換
    2 大文字 ⇔ 小文字、全角 ⇔ 半角、空白 ⇔ TAB を、相互に変換することができる。
  • 検索 / 置換
    検索
    置換
  • Grep
    Grep
    検索結果
    検索結果
    Grep 置換
  • インクリメンタルサーチ※3
    インクリメンタルサーチ
    3 検索キーワードの入力と同時に、対象の文字列を検索する機能。
    Migemo 検索にも対応している。
    (「migemo.dll」と「dict」フォルダを、「sakura.exe」と同じフォルダ内に置く)
  • 指定した括弧に対応する括弧の検索
  • 指定行へのジャンプ
    指定行へのジャンプ
  • 指定行へのショートカット作成(ブックマーク)
    ブックマーク
  • アウトライン解析※4
    アウトライン解析
    4 編集しているテキストの構文を、ツリー形式で表示する機能。
    特定の見出しや関数のある行へ、簡単にジャンプできるようになる。
  • 矩形選択(「Alt」キーを押しながら範囲選択を行う)
    矩形選択
  • ウインドウ分割※5
    上下分割
    上下分割
    左右分割
    左右分割
    縦横分割
    縦横分割
    5 上下 / 左右 / 縦横(四方)に分割することができる。
  • ある一連のキー操作を記録し、後からそれを一発で再現できるようにする “ キーマクロ ”
  • 指定したファイルとの差分表示※6
    指定したファイルとの差分表示
    6 別途 「GNU diff」 が必要。
    (「diff.exe」を、「sakura.exe」と同じフォルダに置く)
  • 最近使ったファイル / フォルダ の表示※7
    最近使ったファイルの表示
    7 任意のアイテムを「お気に入り」として登録し、履歴から消えないようにすることも可能。
    (メニューバー上の「設定」 → 「履歴の管理」から)
    任意のアイテムが履歴から消えないようにすることも可能
  • ドラッグ&ドロップ編集※8
    8 選択中のテキストを、ドラッグ&ドロップで移動 / コピー させる機能。
    (他のアプリケーションへ or 他のアプリケーションから も、ドラッグ&ドロップできる)
  • 印刷
    印刷プレビュー
    印刷設定
... などがあります。

また、

  • 文字コード ( Shift_JIS、JIS、EUC、UTF-16、UTF-1BE、UTF-8、CESU-8、UTF-7 ) の変換※9
    文字コードの変換
    9 文字コードの変換は、「名前を付けて保存」ダイアログ上で行うこともできる。
    「名前を付けて保存」ダイアログ
  • 単語の入力補完※10
    10 別途単語ファイル(キーワードファイル)が必要
  • テキスト挿入※11
    テキスト挿入
    11 日付 / 時刻 / コントロールコード(制御文字)を挿入できる。
  • テキスト整形※12
    テキスト整形
    12 先頭 or 末尾 の空白削除、選択行の昇順 / 降順ソート、連続した重複行の削除。
  • 高度な操作※13
    高度な操作
    13 行切り取り、行削除、行の二重化、一括インデント / アンインデント、引用符 / 行番号付きコピー 等。
  • ファイルを一時的に編集できないようにする “ ビューモード ”
  • 外部コマンドの実行※14
    外部コマンドの実行
    14 編集しているファイルの名前、パス などを、任意のアプリケーションに送る機能。
  • ファイルの自動バックアップ※15
    自動バックアップ
    15 世代別バックアップ機能もある。
  • 常に手前に表示
  • タスクトレイに格納
    タスクトレイに格納
  • ファイルプロパティ(文字コード、行数、ファイルサイズ など)の表示
    ファイルプロパティ
  • クリッカブル URL( URL をダブルクリックで開くことができる)
... などの機能も付いていて、かなり多機能なソフトであると言えます。

さらに、ツールバー上に表示させるアイテム / 右クリックメニュー内のコマンド / ホットキー を変更できたり、エディタの設定をファイルタイプごとに行えたり、カスタムメニュー※16 を作成できたりするなど、カスタマイズ性も非常に高かったりします。

ツールバー上に表示するアイテムの変更
右クリックメニューの変更
ホットキーの変更
16 「サクラエディタ」で実行できるコマンドを自由に組み合わせ、オリジナルのポップアップメニューを作成することができる。
(複数作成可)

ちなみに、メニューバー上の「設定」→「タブバーを表示」から、タブ切り替え型のエディタとしても使えるようになっています。

サクラエディタ TOPへ

Sakura Editor を紹介しているページです