UpSafe GMail Backup

UpSafe GMail Backup の概要や使い方を紹介しています

UpSafe GMail Backup を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

簡単に使えるGmail バックアップソフト!「UpSafe GMail Backup」。

UpSafe GMail Backup
制作者 UpSafe
対応 -

Download (公式)
Download (ミラー)

● UpSafe GMail Backup

シンプルで使いやすいGmail バックアップツール。
Gmail 内に保存されているメール&添付ファイル を、パソコン内に一括バックアップしてくれます。
新しいメールのみをバックアップする “ インクリメンタルバックアップ ” 機能や、バックアップしたメールを閲覧する機能、バックアップしたメールをGmail に復元する機能、バックアップの履歴を確認する機能... などが付いています。

「UpSafe GMail Backup」は、シンプルで使いやすいGmail バックアップツールです。
Gmail 内のメールを一括してダウンロードすることができるGmail バックアップツールで、シンプルながらも実用的な機能を備えているところが最大の特徴。
バックアップは基本的にワンクリックで実行することができ※1、処理の際には添付ファイルも保存されるようになっています。
※1 二回目のバックアップからは、新しいメールのみが保存される。
また、バックアップしたメールを閲覧する機能もあるので※2、オフラインのGmail ビューアとしても使えるかと思います。
※2 メールは、eml 形式で保存される。
そのため、各種メールソフトで閲覧することも可能。

普段、Gmail で重要なメールをやり取りしたりしている人におすすめです。
その他、バックアップしたメールをGmail に復元する機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。

    アクセス許可設定
  1. インストールが完了すると、自動的に 「UpSafe GMail Backup」が立ち上がります
    (次回からは、スタートメニュー等から実行する)
    まず最初に、「Sign in with Google」ボタンをクリック。
  2. Google のログイン画面 が表示されます。
    そのまま、普通にログインを行います。
  3. アクセス認証画面 が表示されるので、「承認する」ボタンをクリック。
  4. メイン画面 が表示されます。
    バックアップされたメールは、デフォルトで
    • %LocalAppData%\UpSafe\GMail Backup\Data
    内に保存されるようになっています。
    メールの保存場所を変更したい時は、右上の「Total Storage used: 0 B」をクリック → オプション画面 が表示されるので、「Data path」欄の ... をクリック → 保存先フォルダを設定しておきます。

  5. バックアップの実行
  6. 準備が整ったら、メイン画面中央の「Start Backup」ボタンをクリック。
  7. メールのバックアップ作業が開始される ので、しばらく待ちます。
  8. 中央のメーターがいっぱいになり、再度「Start Backup」ボタンが表示されたらバックアップ完了です。
  9. 尚、メイン画面下部の「Register your copy」ボタンをクリックすることで、バックアップの内容を「UpSafe GMail Backup」に記憶させことができます。
    バックアップの内容を記憶させると、バックアップ内容の履歴を確認できるようになります※3
    ※3 「Start Date(バックアップ開始日時)」「Duration(バックアップにかかった時間」「Email Items(バックアップしたメールの数)」「Total Size(バックアップしたメールのサイズ)」「Status(状態)」を、確認できるようになる。

  10. バックアップしたメールを閲覧・復元
  11. バックアップしたメールを閲覧したい時は、メニューバー上の「Tools」から「View Storage」を選択します.
    もしくは、メイン画面左上の「Gmail Account」欄に表示されているメールアドレスをクリックします。
  12. バックアップされたメールがリスト表示されます
    メールは、
    • From - 送信者
    • Subject - タイトル
    • To - 送信先
    • Sent - 送信日時
    • Size - サイズ
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    (各カラムをクリックすることで、メールを並び替えることもできます)
    ここで任意のメールをクリックすると、該当メールの内容を下部のパネル内で確認することができます。
    メールに添付ファイルが付いている場合、下部の「Attachments」タブを開くことで、添付メールを プレビュー表示してみる ことも可能となっています※4
    (プレビューできないファイルもあります)
    ※4 左側に添付ファイル一覧が表示されるので、プレビューしたいファイルをクリックする。
  13. デフォルトでは「受信トレイ(INBOX)」内のメールが表示されるようになっていますが、左上の 「INBOX」というメニューをクリックする ことで、メールのラベルを変更することもできたりします。
  14. ちなみに、メールを右クリック → 「Restore Messages」を選択 することで、該当のメールをGmail に復元することもできます。

  15. アカウントの変更
  16. メニューバー上の「Tools」から「Options」を選択します。
  17. 設定画面 が表示されます。
    ここで、画面右端にある「Sign out」ボタンをクリック※5
    ※5 「Sign out the account when closing application」にチェックを入れておくと、「UpSafe GMail Backup」終了時にログアウトが自動で行われるようになる。
  18. ログアウトが行われます。
    そのまま、「Sign In」ボタンをクリック。
  19. アクセス認証画面 が表示されるので、画面右上のユーザー名をクリックし、「ログアウト」を選択。
  20. ログイン画面 が表示されます。
    あとは、ここでログインを行い、アクセス認証を行えばOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
UpSafe GMail Backup TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

UpSafe GMail Backup を紹介しているページです