Desktop Teleporter

Desktop Teleporter の概要や使い方を紹介しています

Desktop Teleporter を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

デスクトップにコピーしたファイルを、自動でテレポート!「Desktop Teleporter」。

Desktop Teleporter
制作者 Tran Chi Kien
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download (ミラー : US / EU )

● Desktop Teleporter

デスクトップに送られたファイルを、自動で特定のフォルダへと移動させることができるソフト。
デスクトップに保存 or コピー or 移動 したファイル(やフォルダ)を、自動で特定のフォルダへとテレポートさせることができます。
移動先のフォルダは複数指定することができ、“ 処理から除外するファイル ” も指定することができます。

「Desktop Teleporter」は、デスクトップを綺麗に保つための自動整理ソフトです。
システムをリアルタイムに監視し、デスクトップに送られたファイルやフォルダを、自動で特定のフォルダへと移動させることができます。
移動先のフォルダは複数指定することができ、目的に応じて移動先を随時切り替えることもできます。
また、デスクトップ上でリネームしたファイルを移動する機能や、処理内容をログとして保存する機能などもあります。

使い方は以下のとおり。

  1. 「Teleport.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上に「Desktop Teleporter」のアイコンが表示されるので、これを右クリック → 「Show」を選択します。
  3. 「Exclude file extensions」欄で、処理から除外するファイル(の拡張子)を、ワイルドカード で指定します。
    (そのままでもOK です)
  4. その隣の「Exclude file names」欄で、処理から除外するファイル(の名前)を、ワイルドカードで指定します。
    (そのままでもOK です)
  5. デフォルトでは、移動先に同名のファイルがあった場合、そのまま上書き保存するように設定されています。
    これを回避する場合は、下の方にある「Rename files」にチェックを入れておきます。
    ちなみに、「Move renamed files/folders」にチェックを入れておくと、デスクトップ上でリネームしたファイルやフォルダも、移動対象として監視することができます。
  6. 次に、「Folders」タブを開きます。
  7. 「Target folders」欄に、移動先のフォルダパスを入力します。
    (「Browse」ボタンをクリックし、対象のフォルダを指定してもOK です)
    移動先のフォルダを複数指定したい場合は、同じようにしてフォルダ登録を行います※1
    ※1 フォルダを複数登録した場合は、デフォルトの移動先とするフォルダにチェックを入れておく。
  8. 通常はファイルのみが監視対象になっていますが、設定によりフォルダも監視対象とすることができます。
    フォルダも移動対象として監視する場合は、左下の方にある「Move Folder」にチェックを入れておきます。
    移動先に同名フォルダがあった場合に、上書き保存をしたくない場合は、下の方にある「Rename folders」にチェックを入れておきます。
  9. 画面左下の「Save」ボタンをクリックし、隣の「Hide」ボタンを押します。
  10. これで、デスクトップにファイルやフォルダが送られた際に、それらが指定したフォルダへと自動でテレポートするようになっています。
移動先のフォルダは、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「Select」から切り替えることができるほか、メニューの「Explorer」や「Open」を選択することで、実際に開くこともできます。
機能を一時的に無効化したい時は、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「Paused」を選択します。

その他、実行した処理の履歴を表示する機能や、処理実行時にメモを取る機能、処理の内容をテキストファイルに保存する機能 などもあります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Desktop Teleporter TOPへ
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2017

2017 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 CloseAllVirtualDesktopInWin10

作成済みの全仮想デスクトップを、一度の操作ですべて閉じれるようにするスクリプト

 ExeProperties

EXE / DLL ファイルが、32bit なのか 64bit なのか「プロパティ」画面上で確認できるようにするソフト

 Site personas

“ 同一のウェブサービスに、別のアカウントでログイン ” といった処理を、ツールバー上から手軽に行えるようにする Firefox アドオン

 Send from Gmail (by Google)

現在表示しているページのタイトル& URL を、Gmail で一発送信できるようにする Chrome 拡張

 RegCool

豊富なレジストリ管理機能を備えたタブ切り替え型のレジストリエディタ

 ServiceCommander

特定のサービスを、タスクトレイやホットキーから手軽に開始 / 停止 できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

Desktop Teleporter を紹介しているページです