ProduKey

ProduKey の概要や使い方を紹介しています

ProduKey を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows / Microsoft Office 等のプロダクトキーを、一括表示!「ProduKey」。

ProduKey
制作者 NirSoft
対応 2000/XP/Vista/7/8/10

Download

● ProduKey

Windows / Microsoft Office 等々、各種 MS 製品のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト。
Windows 98 ~ 10 / Microsoft Office 2000 ~ 2010 / Microsoft SQL Server 2000 ~ 2005 / Microsoft Exchange Server 2000 ~2003 のプロダクトID &プロダクトキー を、製品ごとにリスト表示してくれます。
表示された情報は、クリップボードにコピーしたり、txt / csv / html / xml ファイルに書き出したりすることができます。

「ProduKey」は、Microsoft 製ツールのプロダクトキーを解析&表示 してくれるソフトです。
現在システムにインストールされている

  • Windows 98 / ME / NT / 2000 / XP / Vista / Server 2003 / 7 / 8 / 10
  • Microsoft Office 2000 / 2003 / 2007 / 2010※1
  • Microsoft SQL Server 2000 / 2005
  • Microsoft Exchange Server 2000 / 2003
  • Visual Studio
のプロダクトID & プロダクトキー を、リストに一括表示してくれるというプロダクトキー解析ツールです。
※1 Office 2000 は、プロダクトID のみを表示できる模様。
表示された各種情報は、クリップボードにコピーすることができ、また必要であればテキストファイル※2 に書き出すこともできるようになっています。
※2 情報は、TXT / CSV / HTML / XML ファイルとして保存することができる。
プロダクトキーが書かれたラベルを無くしてしまった時や、バックアップ用のソフトとしても便利。

使い方は以下の通りです。

    日本語化
  1. ダウンロード先のページ で、「ProduKey」本体と日本語ランゲージファイルを入手してきます。
    ランゲージファイルは、画面下部の「Japanese」というリンクをクリックすれば入手できます。
    画面下部の「Japanese」というリンク
  2. ランゲージファイルの入っている ZIP を解凍し、出てきた「ProduKey_lng.ini」を、「ProduKey」のインストールフォルダ内にコピーします。
    実際に使う
  1. 「ProduKey.exe」を実行します。
  2. すると、現在システムにインストールされている MS 製品のプロダクトID &プロダクトキー がリスト表示されます。
    ProduKey
    各アイテム上で右クリックすることで、該当アイテムの情報を
    • (テキストファイルに) 保存
    • コピー
    • プロダクトID のみをコピー - Copy Product ID
    • プロダクトキーのみをコピー - Copy Product Key
    • HTML レポートとして出力
    できるようになっています。

  3. プロダクト情報の読み取り元を変える
  4. デフォルトでは、C ドライブ内の情報を読み取るようになっていますが、読み取り場所は自由に変更することができます。
    (他のパーティション、指定したディレクトリ / レジストリ / リモートコンピュータ)
    プロダクト情報の読み取り先を変える時は、メニューバー上の「ファイル」から「ソース選択」を選択し、適宜読み取り場所を変更 → 右下の「OK」ボタンをクリックします。
    ソース選択

ちなみに、最初から Windows や Office がプリインストールされているパソコンの場合、

  • 「ProduKey」により表示されるキー
  • 実際のラベルに記載されているキー
が異なる場合があります。
メーカー製PC の場合、出荷前に “ ラベルのキーとは異なるキー ” でアクティベーションが行われているため、このようなことが起こるそうです※3
ここの説明が分かりやすいです
※3 他のプロダクトキー解析ツールを使っても、やはりこのような現象が起きる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のシステムインフォメーションツール
 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 ExperienceIndexOK

Windows 8.1 / Windows 10 上でも使えるWindows エクスペリエンスインデックスツール

ProduKey TOP
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 ExeProperties

EXE / DLL ファイルが、32bit なのか 64bit なのか「プロパティ」画面上で確認できるようにするソフト

 Site personas

“ 同一のウェブサービスに、別のアカウントでログイン ” といった処理を、ツールバー上から手軽に行えるようにする Firefox アドオン

 Send from Gmail (by Google)

現在表示しているページのタイトル& URL を、Gmail で一発送信できるようにする Chrome 拡張

 RegCool

豊富なレジストリ管理機能を備えたタブ切り替え型のレジストリエディタ

 ServiceCommander

特定のサービスを、タスクトレイやホットキーから手軽に開始 / 停止 できるようにするソフト

 ClipMon

クリップボード内の URL / テキスト 等を、ワンクリックで開いたり検索したりできるようにするソフト

 関連テーマ
 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

ProduKey を紹介しているページです