IZArc

IZArc の概要や使い方を紹介しています

IZArc を紹介しているページです

イメージファイルの展開にも対応したアーカイバ!「IZArc」。

IZArc
投票してね!
制作者 Ivan Zahariev
対応 7/8/10
バージョン 4.4
更新日時 2019-03-21
ファイルサイズ 5.2 MB
公式
ミラー

IZArc

非常に多くのフォーマットに対応した圧縮・解凍ソフト。
ドラッグ&ドロップやエクスプローラの右クリックメニュー等から、ファイルの圧縮 / 解凍 を実行できるようにしてくれます。
圧縮ファイルや イメージファイル のフォーマット変換、ファイルの追加圧縮、破損した ZIP ファイルの修復、自己解凍書庫作成、書庫分割、書庫内のファイル検索、ファイル暗号化 等の機能が付いています。

「IZArc」は、多くのフォーマットに対応した圧縮・解凍ソフトです。
ファイルの圧縮&解凍処理 を、エクスプローラの右クリックメニュー等から簡単に行えるようにするソフトで、とにかく多くのフォーマットに対応しているところが最大の特徴。
機能も中々豊富で、たとえば

  • 圧縮ファイルやイメージファイル のフォーマット変換※1
    1 解凍可能なファイルを、圧縮可能なフォーマットに変換することができる。
    イメージファイルに関しては、BIN / MDF / NRG / PDI イメージを、ISO 形式に変換することができる。
  • 圧縮ファイル※2 を元に、自己解凍書庫を作成
    2 7z / ACE / ARJ / BH / JAR / LHA / LZH / RAR / ZIP を、自己解凍書庫(EXE )に変換することができる。
  • ZIP ファイルの分割
  • ファイル暗号化
  • 破損したZIP ファイルの修復
  • バイナリファイルの UU / XX / MIME エンコード
... 等々の機能が付いています。
機能が豊富な割りにインターフェースはシンプルで扱いやすく、使い勝手は非常に良いです。
ちなみに、この「IZArc」が実際に対応しているフォーマットは、次のようになっています。
解凍

7Z、ZIP、LHA、LZH、RAR、ACE、TAR、GCA、A、ARC、ARJ、B64、BH、BZ2、BZA、CAB、CPIO、DEB、ENC、GZ、GZA、HA、IZA、JAR、LIB、MBF、PAK、PK3、PK、RC、RPM、TAZ、TBZ、TGZ、TZ、WAR、YZ1、Z、ZOO、MIM、UUE、XXE
ISO、IMG、BIN、MDF、NRG、C2D、PDI、CDI(イメージファイル)

圧縮

7Z、ZIP、LHA、CAB、TAR、TAR.GZ、TAR.BZ2、BH、BZA、JAR、YZ1

基本的な使い方は以下の通り。
ポータブル版(「IZArc2Go」)では、右クリックメニューからの圧縮・解凍 機能を使うことができないので注意。

インストール後の初期設定
  1. インストールが終了すると、「Select a language」というダイアログが表示されます。
    Select a language
    ここで「Japanese」を選択すると、「IZArc」を日本語で使えるようになります。
    ポータブル版(「IZArc2Go」)を使う場合は、「IZArc2Go.exe」を実行 → メニューバー上の「Options」→「Language」から「Japanese」を選択します。
    メニューバー上の「Options」→「Language」から「Japanese」を選択する
  2. 最後に、関連付けの設定画面が表示されます。
    関連付けの設定画面
    必要であれば、各種フォーマットと「IZArc」を関連付けておきます。
    また、ファイルやフォルダを右クリックメニューから圧縮したり、アーカイブを右クリックメニューから解凍できるようにしたりしたい時は、「シェル拡張」タブを開いて設定を行っておきます。
    (左側にある「コンテキストメニューコマンド」欄で、利用したいコマンドにチェックを入れる)
    「シェル拡張」タブ
    個人的なおすすめとしては、
    • 書庫ファイルに追加
    • 追加圧縮 <ファイル名>.zip
    • 解凍先...
    • フォルダに解凍 <フォルダ名>
    あたりです。
    追加するコマンドをサブメニュー内に格納したい時は、左下にある「コンテキストメニューのアイテムをサブメニュー化する」にもチェックを入れておきます。
目次へ戻る
ファイルやフォルダを圧縮する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    IZArc
    圧縮したいファイルやフォルダを、右側のファイルビューに向かってドラッグ&ドロップします。
  3. 「追加圧縮」という画面が表示されます。
    追加圧縮
    ここで、
    • 圧縮されたファイルの出力先フォルダ&ファイル名※3
      3 「書庫に追加」欄の右端にある フォルダ ボタンをクリックし、ファイルの保存先を指定する。
    • 圧縮形式 - 圧縮先のフォーマット
      圧縮形式
    • 圧縮率 - 書庫の圧縮率
      圧縮率
    • Encryption - 暗号化アルゴリズム※4
      Encryption
      4 暗号化可能なフォーマットで圧縮する場合のみ、指定することができる。
      (暗号化を行わない場合は、「None」にしておく)
      暗号化アルゴリズムを指定した後は、「パスワード」ボタンをクリック → 暗号化の際に使用するパスワードを入力する。
      暗号化の際に使用するパスワードを入力する
    をそれぞれ設定します。
  4. 最後に、画面右下にある「追加」ボタンをクリックします。
  5. ドロップしたファイルが、圧縮ファイル内にアーカイブされます。
    ドロップしたファイルが、圧縮ファイル内にアーカイブされた
    これにて作業は完了です。
目次へ戻る
アーカイブ(圧縮ファイル)を解凍する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    IZArc
    そのまま、ツールバー上にある「開く」ボタンをクリックし、解凍したいアーカイブを選択します。
    イメージファイルを選択する時は、右下にある「All Archives」というプルダウンメニューをクリックし、ファイルの種類を「All CD Images」に替えてから選択を行います
    ファイルの種類を「All CD Images」に替えてから選択を行う
  3. 選択したアーカイブの中身が表示されるので※5、ツールバー上の「解凍」ボタンをクリックします。
    圧縮ファイルの中身が表示される
    5 「IZArc」では、圧縮ファイル / 自己解凍書庫 / イメージファイル を、フォルダと同じような感覚で開くことができる。
    中身のファイルは、個別に解凍・削除 したり、エディタやビューアで開いたり、ウイルスチェックにかけたりすることができる。
    (ウイルスチェックを行うには、別途 アンチウイルス が必要)
    リストにファイルをドラッグ&ドロップすれば、ファイルを追加圧縮することもできる。
  4. 「解凍」という画面が表示されます。
    解凍
    あとは、一番上の「解凍先」欄で解凍されたファイルの出力先フォルダを指定※6 → 画面下部にある「解凍」ボタンをクリックすれば OK です。
    6 標準で、「元のファイルと同じフォルダ¥書庫名のフォルダ」が指定された状態になっている。
    元のアーカイブと同じフォルダ内に、書庫名のフォルダが自動で生成され、ファイルはその中に出力される... ということ。
目次へ戻る
ファイルの右クリックメニューから圧縮を実行する
  1. 圧縮したいファイルやフォルダを選択 → 右クリックし、「IZArc」のコマンド内にある「書庫ファイルに追加」を選択します※7
    圧縮したいファイルやフォルダを選択 → 右クリックし、「IZArc」内にコマンドを選択する
    7 「シェル拡張」画面で「追加圧縮 <ファイル名>.zip」にチェックを入れておいた場合は、ファイルを右クリック →「IZArc」→「追加圧縮○○.zip」から、圧縮を一発で行うこともできる。
    (選択中のファイル / フォルダ と同名の圧縮ファイルが、現在のフォルダ内に即出力される)
    ファイルを複数選択していた場合、圧縮ファイルの名前は「現在のディレクトリ名」になる。
  2. 「追加圧縮」という画面が表示されます。
    追加圧縮
    あとは、ファイルを普通に圧縮する時と同じです。
目次へ戻る
アーカイブを右クリックメニューから解凍する
  1. 解凍したいアーカイブを右クリックし、「IZArc」のコマンド内にある「解凍先」を選択します※8
    解凍したいアーカイブを右クリックし、「IZArc」のコマンド内を選択する
    8 「シェル拡張」画面で「フォルダに解凍 <フォルダ名>」にチェックを入れておいた場合は、アーカイブを右クリック →「IZArc」→「フォルダに解凍.¥○○」から、解凍を一発で行うこともできる。
    (現在のフォルダ内にアーカイブ名のフォルダが生成され、その中にファイルが出力される)
    複数の圧縮ファイルを選択していた場合は、「各書庫毎に個別のフォルダへ解凍する」を選択。
  2. 「解凍」という画面が表示されます。
    解凍
    あとは、アーカイブを普通に解凍する時と同じです。
目次へ戻る
アーカイブのフォーマットを変換する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メニューバー上の「ツール」から「書庫変換」を選択します。
  3. 「書庫変換」という画面が表示されます。
    書庫変換
    まず、上部の「入力ファイル」欄で、変換元のアーカイブを指定します。
  4. 次に、下の「出力ファイル」欄で、変換されたアーカイブの出力先フォルダを指定します。
  5. 画面左下にある「出力の種類」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
    変換先のフォーマットを選択する
  6. 画面右上にある「OK」ボタンをクリックします。
  7. アーカイブの変換処理が実行されます。
目次へ戻る
イメージファイルのフォーマットを変換する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メニューバー上の「ツール」から「Convert CD Image」を選択します。
  3. 「Convert CD Images」という画面が表示されます。
    Convert CD Images
    まず、上部の「Source File」欄で、変換元のイメージファイルを指定します。
  4. 次に、下の「Output Folder」欄で、変換されたイメージファイルの出力先フォルダを指定します。
  5. 画面左下にある「Convert Type」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
    変換先のフォーマットを選択する
  6. 画面右上にある「OK」ボタンをクリックします。
  7. イメージファイルの変換処理が実行されます。
目次へ戻る
ZIP ファイルを分割する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メニューバー上の「ツール」から「マルチボリュームセットの作成」を選択します。
  3. 「マルチボリュームセットの作成」 という画面が表示されます。
    マルチボリュームセットの作成
    最初に、上部の「分割するシングル書庫」欄で、分割する ZIP ファイルを選択します。
  4. 下の「分割する書庫名」欄で、分割されたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します※9
    9 分割を実行すると、ここで指定した名前のファイル + 連番のファイル が生成される。
  5. 左下の「ボリュームサイズ」欄で、ファイルをどれくらいのサイズずつに分割するのか指定します。
    ボリュームサイズ
    任意のサイズごとに分割したい場合は「カスタム」を選択し、右側にある「その他のサイズ」欄で分割サイズを指定しておきます。
  6. 最後に、右上の「OK」ボタンをクリックすれば OK。
    尚、分割されたファイルは、全て同じフォルダ内に入れておいてください。
目次へ戻る
分割したファイルを結合する
  1. 「IZArc.exe」を実行します。
  2. メニューバー上の「ツール」から「マルチボリュームセットの結合」を選択します。
  3. 「マルチボリュームセットの結合」という画面が表示されます。
    マルチボリュームセットの結合
    まず、上部の「分割書庫」欄で、分割時に生成された ZIP ファイルを選択します。
  4. 下の「変換された書庫名」欄で、結合されたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  5. 最後に、右上の「OK」ボタンをクリックすれば OK。

その他、破損した ZIP ファイルを修復する機能や、ファイルの暗号化 / 復号、書庫内にあるファイルの検索、UnSFX※10、バイナリファイルの UU / XX / MIME エンコード... などの機能も付いています。
(いずれの機能も、メニューバー上の「ツール」から実行することができる)
10 EXE 形式の自己解凍書庫を、他のフォーマットへ変換する機能。

ちなみに、スキン / ツールバー上に表示させるアイコン を変更することもできたりします。
(設定画面の「ツールバー」タブ)

IZArc TOPへ

IZArc を紹介しているページです