Xpeon-Keystrike

Xpeon-Keystrike の概要や使い方を紹介しています

Xpeon-Keystrike を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ホットキーやキーワード入力で、ファイルやフォルダを開けるようにする!「Xpeon-Keystrike」。

Xpeon-Keystrike
制作者 Xpeon
対応 -

Download (rar )
Download (exe )

● Xpeon-Keystrike

ホットキーや簡単なキーワード入力で、ファイルやフォルダを開けるようにするソフト。
任意のキーを押しながらもう一つのキーを押したり(ホットキー)、あらかじめ指定しておいた一連のキー操作(キータイプ)を任意の場所で行ったりすることにより、特定のファイルやフォルダを即実行できるようにしてくれます。
ホットキー / キーワード ともに、「Ctrl」「Shift」「Alt」「Tab」「Esc」などの特殊キー、および各種文字列キーを自由に組み合わせて構成することができます。

「Xpeon-Keystrike」は、自由度の高いホットキー&キータイプランチャーです。
任意のホットキーやキーワード入力で、ファイルやフォルダを即開けるようにする... というキーボード主体のランチャーツールで、操作の際に使用するキーをかなり自由に設定できるところが最大の特徴。
通常、ホットキーというと

  • 「Ctrl」「Shift」「Alt」などの特殊キー + 文字列キー
というような形式を思い浮かべますが、この「Xpeon-Keystrike」では
  • 「Ctrl」「Shift」「Alt」などの特殊キー + 文字列キー
  • 「Ctrl」「Shift」「Alt」などの特殊キー + 「Ctrl」「Shift」「Alt」などの特殊キー
  • 文字列キー + 文字列キー
といった組み合わせが可能となっていて、自由度がかなり高いです。
キーワードに関しては、最大で 5 つのキーで構成できるようになっていて※1、これは画面内のどこに入力しても感知するようになっています※2
※1 たとえば、“ foo ” とキータイプしてfoobar2000 を起動できるようにしたり、“ gg ” とタイプしてGoogle Chrome を起動できるようにしたりすることができる。
(同一のキーを複数回使うこともできる)
ちなみに、結構速く入力しないと感知してくれない?ようなので、設定するキーワードは “ 速くタイプできるもの ” にするとよい。

※2 “ コマンド入力ウインドウ ” のようなものを、呼び出す必要がないということ。
(入力する場所は、画面内のどこでもよい)

普段、ファイルやフォルダを開く際に、“ ランチャーを呼び出すのも面倒だ ” と考えていたりする人におすすめです。
その他、ファイルやフォルダの実行にパスワードをかける機能も付いていたりします。
(ホットキーを押したりキータイプしたりした時に、パスワード入力画面が表示されるようにすることができる)
 類似ソフト - TyperTask

使い方は以下の通りです。
 ダウンロード方法

  1. 「Xpeon-Keystrike.exe」を実行します。
    Vista 以上のOS を使用している場合は、管理者として実行 してください。
  2. タスクトレイ上にアイコン( Xpeon-Keystrike )が表示されるので、これを右クリック → 「Option」を選択します。
  3. メイン画面 が表示されます。

  4. ホットキーの登録
  5. メニューバー上の「Dual Hotkey」から「Add New」を選択。
  6. ホットキー設定画面 が表示されます。
    まず、「Core Key」欄で、コアとなるキー(=押しっぱなしにする方のキー)を設定します。
    コアキーに「Ctrl」「Shift」「Alt」「Tab」「Esc」などの特殊キーを割り当てたい場合は、「Special」欄のプルダウンメニューをクリック → 目的のキーを選択します。
    コアキーに通常の文字列キーを割り当てたい場合は、「Normal」欄にある「Assign」ボタンをクリック → 実際に割り当てたいキーを押してみます。
  7. 続いて、「Sub Core Key」欄で、“ サブキー ” を設定します。
    (コアキーを押しっぱなしにしながら押すキー)
    このサブキーにも、「Ctrl」「Shift」「Alt」「Tab」「Esc」などの特殊キー、あるいは通常の文字列キーを割り当てることができます。
    特殊キーを割り当てる時は、「Special」欄のプルダウンメニューをクリック → 目的のキーを選択します。
    文字列キーを割り当てる時は、「Normal」欄にある「Assign」ボタンをクリック → 実際に割り当てたいキーを押してみます。
  8. 画面中段の「Action」欄で、設定したホットキーに割り当てるファイルやフォルダを選択します。
    ファイルを割り当てる時は、「File」ボタンをクリック → 目的のファイルを選択します。
    フォルダを割り当てる時は、「Folder」ボタンをクリック → 目的のフォルダを選択します。
  9. ファイルやフォルダを開く時に、パスワードをかけることもできます。
    (ホットキーを押した時に、パスワード入力ダイアログ が表示されるようにする)
    パスワードをかける場合は、「Password」欄にパスワードを入力しておきます。
  10. 必要であれば、画面下部にある
    • Dual Hotkey always on (Activate / Deactivate by press Alt + Shift)
      「Dual Hotkey」を、常に有効化する(通常は、“ 「Alt」+「Shift」 ” で切り替え)
    • Start Keystrike when Windows start
      「Xpeon-Keystrike」を、Windows 起動時に自動で起動させる
    といったオプションのON / OFF も切り替えておきます。
  11. 設定が終わったら、画面中段にある「Create!」ボタンをクリックします。
  12. 「Success assign new hotkey」というダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
  13. これで、ホットキーの登録が完了しました。
    続けてホットキーの登録を行う時は、メニューバー上の「Dual Hotkey」から「Add New」を選択します※3
    ※3 二回目の登録からは、「Special」欄のプルダウンメニューに、前回設定された特殊キーがそのまま表示された状態になっている。
    しかし、これは表示されているだけであり、実際に割り当てられているわけではないので注意。
    (同じ特殊キーを割り当てる場合でも、プルダウンメニューをクリックしてキーを選択し直す)
    キーがきちんと割り当てられているかどうかは、右端の「Value」欄で確認できる。
    (「Null」は “ 未設定 ” の意味)

    登録したホットキーを削除する時は、メニューバー上の「Edit」から「Dual Hotkey」を選択 → 設定済みの ホットキーが一覧表示される ので、削除したいアイテムを選択 → 画面右下の「Delete」ボタンをクリックします。
    キーワードの登録
  1. メニューバー上の「Keystrike」から「Add New」を選択。
  2. キーワード登録画面 が表示されます。
    このページでは、
      ggg
    とキータイプすることでGoogle Chrome を、
      「Shift」 z x
    とキータイプすることでMedia Player Classic - Homecinema を起動させる方法を例として紹介します。

  3. ggg で、Google Chrome を起動
  4. まず、「1st」欄の右側にある「Assign」ボタンをクリックし、 g キーを押します。
  5. 次に、「2nd」欄の右側にある「Assign」ボタンをクリックして g キーを押します。
  6. 続いて、「3rd」欄の右側にある「Assign」ボタンをクリックし、 g キーを押します。
  7. 「Action」欄にある「File」ボタンをクリックし、Chrome の実行ファイルかショートカットファイルを選択します。
  8. ファイルやフォルダを開く時に、パスワードをかけることもできます。
    (キータイプした時に、パスワード入力ダイアログ が表示されるようにする)
    パスワードの入力を必須としたい場合は、中段の「Password」欄でパスワードを設定しておきます。
  9. その他、必要に応じて
    • Keystrike always on (Press CTRL + ALT to active/deactive)
      「Keystrike」を、常に有効化する(通常は、“ 「Ctrl」+「Alt」 ” で切り替え)
    • Start Keystrike when Windows start
      「Xpeon-Keystrike」を、Windows 起動時に自動で起動させる
    といったオプションのON / OFF を切り替えておきます。
  10. 設定が完了したら、下段にある「Create!」ボタンをクリック。
  11. 「Success assign new Keystrike」というダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  12. これで、キーワードの登録が完了しました。

  13. 「Shift」 z x で、Media Player Classic - Homecinema を起動
  14. まず、「1st」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、「Shift」を選択します※4
    ※4 今回ここで「Shift」を選択すると、次回登録時にもここに「Shift」が表示された状態になっている。
    しかし、これは表示されているだけであり、実際に割り当てられているわけではないので注意。
    (同じ特殊キーを割り当てる場合でも、プルダウンメニューをクリックしてキーを選択し直す)
    キーがきちんと割り当てられているかどうかは、右端の欄で確認することができる。
    (「Null」は “ 未設定 ” の意味)
  15. 次に、「2nd」欄の右側にある「Assign」ボタンをクリックし、 z キーを押します。
  16. 続いて、「3rd」欄の右側にある「Assign」ボタンをクリックし、 x キーを押します。
  17. 「Action」欄にある「File」ボタンをクリックし、Media Player Classic - Homecinema の実行ファイルかショートカットファイルを選択します。
  18. その他、必要であればパスワード等の設定を行い、「Create!」ボタンをクリック。
  19. 「Success assign new Keystrike」というダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  20. これで、キーワードの登録が完了しました。
  21. 登録したキーワードを削除する時は、メニューバー上の「Edit」から「Keystrike」を選択 → 設定済みの キーワードが一覧表示される ので、削除したいアイテムを選択 → 画面右下の「Delete」ボタンをクリックします。
    実際に使う
  1. 「Dual Hotkey」を有効化する時は、ホットキー “ 「Alt」+「Shift」 ” を押すか、タスクトレイアイコンを右クリックして「Activate Dual Hotkey」を選択します※5
    (機能を有効化すると、タスクトレイ上からバルーンチップが表示されます
    ※5 無効化する時は、再度ホットキーを押すか、トレイアイコンを右クリック → 「Deactivate Dual Hotkey」を選択する。
    「Keystrike」を有効化する時は、ホットキー “ 「Ctrl」+「Alt」 ” を押すか、タスクトレイアイコンを右クリックして「Keystrike Dual Hotkey」を選択します※6
    (機能を有効化すると、タスクトレイ上からバルーンチップが表示されます
    ※6 無効化する時は、再度ホットキーを押すか、トレイアイコンを右クリック → 「Deactivate Keystrike」を選択する。
  2. 以後、設定しておいたホットキーを押したり、設定しておいたキーワード入力を行ったりすることにより、登録しておいたファイルやフォルダを開けるようになっています。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Xpeon-Keystrike TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 CCCP

定番のコーデックパック

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

スポンサードリンク

Xpeon-Keystrike を紹介しているページです