WinExChange

WinExChange の概要や使い方を紹介しています

WinExChange を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

” おかしいな? ” と思ったら「WinExChange」。

WinExChange
制作者 NTSOFT
対応 98/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● WinExChange

拡張子判別ツール。
拡張子のないファイル、または偽装されたファイルを解析し、正しいものに変換することができます。

「WinExChange」は、ファイルの拡張子を判別することができるソフトです。
ネット上で入手したファイルの拡張子が不明なものだった場合、または通常どおり開けなかった場合... あるいは、「何のファイルだかよく分からないファイル」が手元ある場合に便利です。
必ずしも正しい拡張子を判別できる訳ではありませんが、現時点(06/11/15)で「1066 種類、1201 パターン」の拡張子に対応しているので、大体のファイルは識別することができます。

使い方は非常に簡単です。
拡張子を解析したいファイルを、「WinExChange」のウインドウやアイコンにドラッグ&ドロップするだけでOK(複数可)。
ファイルが解析されると、「判別変換」の欄に正しい(と思われる)拡張子名、その拡張子の簡単な説明※1 が表示されます。
※1 より詳しい内容を調べるには、「拡張子名 拡張子」で 検索 すれば大体分かります。
拡張子をそのまま修正したい場合は、「変換」ボタンをクリックします。

ちなみに、右クリックメニュー「送る」に登録※3しておけば、ファイルの拡張子を右クリックから解析できるようになります。
※3 ただし、この方法だと拡張子の説明文が表示されない。
尚、「送る」への登録は、「Contexter」を使うと簡単です。

そのほか、「ツール」→「オプション」から、拡張子判別の精度・速度を設定することも可能です。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

スポンサードリンク

WinExChange を紹介しているページです