FastWindowSwitcher

FastWindowSwitcher の概要や使い方を紹介しています。

FastWindowSwitcher を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

デスクトップ上に開かれているウインドウを、キー操作で選択(アクティブ化)できるようにする!「FastWindowSwitcher」

FastWindowSwitcher

● FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト。
ホットキー操作により、“ デスクトップ上に開かれているすべてのウインドウ ” “ タスクバー上にピン留めされているすべてのアプリケーション ” にアルファベットを割り振れるようにし、その割り振られたアルファベットキーを押すことで、対象のアプリを選択(アクティブ化)できるようにしてくれます。
ホットキーと、表示されるアルファベットのフォント をカスタマイズする機能 が付いています。

「FastWindowSwitcher」は、ホットキーでウインドウの切り替えを行えるようにするソフトです。
あらかじめ設定しておいたホットキーを押すことで、

  • 現在開かれているすべてのウインドウ
  • タスクボタン
  • タスクバーにピン留めされたすべてのアプリケーション
にアルファベット(マーカー)を割り振れるようにし、その割り振られたアルファベットキーを実際にポンと押すことで、対象のアプリをアクティブ化(前面に表示)できるようにする... という “ 「Alt」+「Tab」 ” 代替ツールです。
マーカー(=アルファベット)が表示された
アルファベット表示のトリガーとなるホットキーはカスタマイズすることができ※1、またマーカーのフォントやフォントサイズも自由に変更できるようになっています。
※1 ホットキーは、「Alt」「Ctrl」「Win」といった修飾キーと、文字列キー、スペースキー、方向キー(矢印キー)、ファンクションキー、「Enter」キー などを組み合わせることができる。
(修飾キーをなしにすることも可能)

普段、キーボードでバリバリ操作を行っている人におすすめです。

使い方は以下のとおり。

  1. 「FastWindowSwitcher.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイ上に、アイコンが表示される
    そのまま、ホットキー “ 「Win」キー +「Y」キー ” を押します。
  3. 現在開かれているウインドウ、タスクボタン、タスクバーにピン留めされているアプリケーション の上に、マーカー(=アルファベット)が表示されます※2
    マーカー(=アルファベット)が表示された
    ※2 ここでもう一度ホットキー “ 「Win」キー +「Y」キー ” を押すと、操作をキャンセルすることができる。
    あとは、開きたいウインドウ / タスクボタン / ピン留めされたアプリケーション の上に表示されているアルファベットのキーを、実際に押せば OK です。
    該当のアルファベットと関連付いていたアプリケーションが、アクティブ化されて前面に表示されます。
    ホットキー、マーカーのフォント&フォントサイズ を変更
  1. ホットキーやマーカーのフォントを変更したい時は、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Settings」を選択します。
  2. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    ホットキーを変更する時は、上部の「Activation Hotkey」欄で
    • Modifier Key - 修飾キー
    • Key - その他のキー
    を変更すれば OK です。
    マーカーのフォント等を変更したい時は、下部の「Maker」欄で
    • Font - フォント
    • Font size - フォントサイズ
    を変更すれば OK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
FastWindowSwitcher TOPへ

FastWindowSwitcher を紹介しているページです