MEGA

MEGA の概要や使い方を紹介しています

MEGA を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

無料で 50GB も使えるオンラインストレージ!「MEGA」。

MEGA

● MEGA

無料で 50GB まで使える大容量クラウドストレージ。
シンプルなインターフェースの使いやすいオンラインストレージで、ファイルやフォルダを最大で 50GB まで保存しておくことができます。
エクスプローラからのドラッグ&ドロップアップロードや、ファイル検索機能、指定したファイルやフォルダを第三者に公開する機能、特定のフォルダを他の MEGA ユーザーと共有して使う機能... などが付いています。

「MEGA」は、シンプル&大容量 なオンラインストレージです。
ファイルやフォルダをアップロードして保存しておくことができるネット上のハードディスクで、容量が最初から 50GB も用意されているところが最大の特徴。
1 ファイルあたりの上限サイズも特になく、音楽・動画 などのファイルも気軽に保存できるようになっています。
インターフェースが非常にシンプルで使いやすいところもポイントの一つで、他のクラウドストレージに比べると操作は易しい方だと思います。
機能的には Dropbox と似たようなところがあり、指定したファイルやフォルダを第三者に公開したり、特定のフォルダを他の MEGA ユーザーと共有したりする機能が付いています。
(Dropbox ほど多機能ではない)
普段、“ オンラインストレージは容量が少なくて... ” と感じていたりする人におすすめです。
ちなみに、ファイルはアップロードする前にデバイス上で暗号化されるようになっているため、アップロードしたファイルを誰かに盗み見られる心配はありません。
(ファイルの復号処理も、ダウンロードした後にデバイス上で行われる)
その他、MEGA の内容とパソコン内の特定フォルダを自動で同期させる「MEGAsync」というソフトや、 iOS 用アプリAndroid 用アプリChrome 拡張機能Firefox アドオン も用意されていたりします。

使い方は以下の通り。

    アカウントを作成
  1. アカウント作成ページ にアクセスします。
  2. 「あなたの無料アカウントを作成」というページが表示されます。
    画面が日本語表示になる
    ここで、
    • 名前
    • 姓(苗字)
    • メールアドレス
    • パスワード
    • パスワード(確認用)
    を入力し、「MEGA利用規約に同意します」にチェック → 「アカウント作成」ボタンをクリックします。
    尚、もしページが英語である場合は、画面上部にある「EN」というリンクをクリックし、「日本語」を選択 → 右下の「Save」ボタンをクリックしてみてください。
    (この操作で、ページが日本語表示に切り替わります)
    「Menu」ボタンをクリック → 「Language」を選択
    言語選択画面
  3. “ 確認用のメールを送信しました ” のようなダイアログが表示されます。
    確認用のメールを送信しました
    そのまま、登録したメールアドレスでメールチェックをしてみます。
  4. MEGA からメールが届いています。
    これを開き、中央の「Activate Account」ボタンをクリックします。
    MEGA からのメール
  5. ログイン画面が表示されます。
    ログイン画面
    ここで、メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを確認」ボタンをクリックします。
  6. 暗号化キーの生成が行われ、そのままアカウントの種類を選択する画面が表示されます。
    暗号化キーの生成
    アカウントの種類を選択する画面
    有料版を試してみてもOK ですが、通常は「無料」欄にある「選択」ボタンをクリックします。
  7. 自分用のストレージが表示されます。
    自分用のストレージ
    フォルダの生成
  1. ツールバー上の「新しいフォルダ」ボタンをクリック。
  2. フォルダ名入力画面が表示されます。
    フォルダ名入力画面
    あとは、ここに作成するフォルダの名前を入力し、「作成」ボタンをクリックすればOK です。

  3. ファイルのアップロード
  4. アップロード先のフォルダを開きます。
  5. エクスプローラ等から、アップロードしたいファイルやフォルダを直接ブラウザにドラッグ&ドロップします。
    もしくは、画面上部にある「ファイルアップロード」「フォルダアップロード」ボタンをクリックし、アップロードしたいファイルやフォルダを選択します。
  6. すると、ファイルのアップロードが行われます。

  7. ファイルの表示形式を変更
  8. アップロードしたファイルは、リスト形式 or サムネイル形式 のどちらかで表示させることができます。
    ファイルをリスト形式で表示させたい時は、画面右上の をクリックします。
    ファイルをリスト形式で表示
    ファイルをサムネイル形式で表示させたい時は、画面右上の をクリックします。
    ファイルをサムネイル形式で表示

  9. ファイルのダウンロード
  10. ダウンロードしたいアイテムを選択 → 右クリックメニューし、「ダウンロード」から「標準ダウンロード」や「ZIP としてダウンロード」を選択します。
    右クリックメニュー内の「ダウンロード」から、「標準ダウンロード」や「ZIP としてダウンロード」を選択
    もしくは、アイテムを選択 → 右端に表示される ▼ をクリックして表示されるメニューからダウンロードを行います。
    操作メニュー
    複数のファイルをまとめてダウンロードする時や、フォルダを丸ごとダウンロードしたい時は、「ZIP としてダウンロード」を選択するとよいでしょう。

  11. ファイルのコピー
  12. 他のフォルダにコピーしたいファイルやフォルダを選択 → 右クリックし、「コピー」を選択します。
    ファイルやフォルダを右クリックし、「コピー」を選択
  13. コピー先選択ダイアログが表示されるので、コピー先のフォルダを選択して「Paste」ボタンをクリックすればOK です。
    コピー先選択ダイアログ

  14. ファイルの移動
  15. 他のフォルダに移動させたいファイルやフォルダを選択 → 右クリックし、「移動」 → 「クラウドドライブ」から、移動先のフォルダを選択すればOK です。
    ファイルやフォルダを右クリックし、「移動」を選択
    この時、移動させたいアイテムを右クリックし、「移動」から「Select Location」を選択することにより、移動先選択ダイアログを使って移動先を指定することもできたりします。
    移動先選択ダイアログ
    (移動先フォルダを選択し、右下の「Move」ボタンを押す)

次のページでは、ファイルやフォルダを第三者に公開する方法をを紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
MEGA TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCCP

定番のコーデックパック

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 画像半蔵

任意の画像を、指定したサイズ&透明度 でデスクトップ上に表示しておけるようにするソフト

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

MEGA を紹介しているページです。