XMedia Recode

XMedia Recode の概要や使い方を紹介しています

XMedia Recode を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

多くのフォーマットに対応した動画変換ソフト!「XMedia Recode」。

XMedia Recode
制作者 Sebastian Dorfler
日本語ランゲージファイル 制作者 Tilt
対応 XP/Vista/7/8

Download(公式)
Download(ミラー : direct link )

● XMedia Recode

非常に多くのフォーマットに対応した動画&音声ファイル変換ソフト。
3gp / 3g2 / asf / avi / flv / mkv / mpg(MPEG-1 / MPEG-2)/ webm / mov / m1v / m2v / m2ts / ts /
m4v / mp4 / mjpg / swf / VOB / DVD / dvr-ms / wmv / rm / rmvb / ogv / ogm 等の動画ファイル、aac /
ac3 / aiff / amr / flac / ape / mka / m4a / ogg / wma / wav 等の音声ファイル変換に対応しています。
解像度の変更、クロップ、色調補正、回転、ノイズ軽減、特定場面の切り出し... などの機能も付いています。

「XMedia Recode」は、幅広いレンジのフォーマットに対応したメディアファイル変換ソフトです。
対応しているフォーマットがとにかく豊富なところが最大の特徴で、メジャーなものからマイナーなものまで
大抵のものは変換できるようになっています。
変換の際には、フレームレート、ビットレート、エンコード方法 などを詳細に設定することができ※1、また
解像度変更、アスペクト比変更、インターレース解除、色調補正※2、シャープネス、ノイズ軽減、クロップ、
黒べた (黒幕) 付加、画面の上下左右反転、回転... といった処理も同時に行えるようになっています。
※1 プロファイルを利用し、変換設定を一発で行うことも可能。
プロファイルは多数あり、特にモバイル機器向けのものが充実している。
( iPod / iPad / iPhone / Apple TV、Wii、PS3 / PSP / PS Vita、各種Android 端末、Surface、YouTube 等々)

※2 明るさ / コントラスト / ガンマ / 色合い / 彩度 を調整できる。
さらに、動画から特定の場面のみを切り出したり、動画から映像 / 音声 のみを抜き出したりする機能も
付いていたりします。

この「XMedia Recode」が実際に対応している入力形式には、次のようなものがあります。

動画 3gp / 3g2 / asf / avi / avs / divx / dv / flc / flv / h261 / h263 / h264 / mkv / webm / ivf /
mpg(MPEG-1 / MPEG-2)/ m1v / m2v / m2ts / ts / m4v / mp4 / mp4v / mjpg / swf /
mov / qt / thp / trp / psp / VOB / DVD / VCD / SVCD / dvr-ms / wmv / wtv / rm / rmvb /
ogg / ogm / ogv / vro / rec / pva / tp0
(暗号化されたDVD は、読み込むことができません)
音声 aac / ac3 / aiff / amr / ape / au / DTS / flac / mmf / mka / m4a / m4p / mp2 / mp3 /
mp4 / ogg / wav / wma / ra / spx

その他、m3u / m3u8 / wpl 形式のプレイリストファイル。
このページの 「Eingabe - Formate」というところを参照)

その一方、変換先のフォーマットは次の中から選べるようになっています。
動画 3gpp / 3gpp2 / asf / avi / flv / H.261 / H.263 / H.264 / mkv / m1v / m2v / m4v / mp4 /
mov / swf / mpeg(MPEG-1 / MPEG-2)/ ts / mts / m2ts / mt2s / VOB / VCD / SVCD /
wmv / wtv / ogm / rm / WebM / ivf / gxf
Apple iPod / iPad / iPhone / Apple TV、各種Android 端末、YouTube 向けのMP4、
Nintendo Wii、Sony PS3 / PSP / PSP Vita、XBox360
音声 aac / ac3 / amr / mmf / mka / mp2 / mp3 / m4a / ogg / wav / wma / flac / spx / caf
コーデック に関しては、H.264DivXXvidHuffyuv、 Theora、VP8、 MP3、AAC、AC3、Vorbis 等々,
主要なものを使えるようになっています。
このページの 「Ausgabe - Formate」というところを参照)

使い方は以下のとおりです。

  1. 「XMedia Recode.exe」を実行します。

  2. 日本語化
  3. もし、インターフェースが日本語表示になっていない場合は、メニューバー上の「Optionen」から
    「Einstellungen」を選択します。
  4. 設定画面が開くので、右上の「Deutsch」というプルダウンメニューをクリック →「Japanese」を
    選択します。
  5. 右下の「OK」ボタンを押し、設定画面を閉じます。

  6. ファイルの読み込み
  7. ツールバー上の ファイルを... ボタンをクリックし、変換したいファイルを選択します(複数可)。
    変換したいファイルを、ウインドウに直接ドラッグ&ドロップしてもOK です。
    DVD / Blu-ray データを変換する場合は、次のような操作を行います。
    1. ツールバー上の DVD/Blu-ray ボタンをクリックします。
    2. リスト上で右クリックし、「DVD を開く」を選択。
    3. 「DVD を開く」というウインドウ が表示されるので、ここの「DVD ドライブ」欄で
      処理するDVD / Blu-ray が入っているドライブを指定します※3
      ※3 この方法でエラーが出たら、「ハードディスク」にチェックを入れ、隣の ...
      クリック →「VIDEO_TS」フォルダや「AVCHD」フォルダを指定する。
  8. 複数のファイルを変換する場合で、登録したファイル全てを同じフォーマットに変換する場合は、
    リストに登録したファイル 全てを選択状態にします
    (これから行う変換設定を、全てのファイルに反映させるため)
    それぞれのファイルを異なったフォーマットに変換したい場合は、リスト上のファイルのうち
    いずれか一つだけを選択状態にします。

  9. 変換設定 - 全般
  10. 次に、画面中段の左側にある「形式」タブで、出力先のフォーマットを設定します。
    出力先フォーマットをはじめとする変換設定の内容は、「プロファイル」としてあらかじめいくつか
    登録されていますが、このページでは全てのオプション設定を手動で行う方法を紹介します※4
    ※4 プロファイルを利用する場合は、目的に合ったプロファイルを選択するだけでOK。
    (全ての項目が自動で入力される)
    Apple iPod / iPad / iPhone、Nintendo Wii、Sony PS3 / PSP、Android 端末、YouTube 等に
    適した動画を作る時には、プロファイルを利用するとよい。

    「プロファイル」欄のプルダウンメニューをクリックし、「カスタム」を選択します。
  11. すぐ下の「形式」欄で、変換先のフォーマットを指定します。
  12. 必要であれば、その下の「ファイル拡張子」欄で、出力するファイルの拡張子を指定しておきます。
  13. 変換元のファイルが動画の場合、ファイルから映像のみ、または音声のみ を抽出することができます。
    動画から映像のみ or 音声のみ を取り出す場合は、下の「出力ストリーム形式」欄で、出力する
    ストリームを選択しておきます。

  14. 変換設定 - 映像
  15. 続いて、「形式」タブの隣にある 「ビデオ」タブ をクリック。
    ここで、映像に関する設定※5 を行っておきます。
    ※5 コーデック、フレームレート、レート制御モード、ビットレート / 品質、GOP の長さ、
    プロファイル、レベル、キーフレームの間隔、言語... 等々。
    (設定できるオプションは、選択したビデオコーデックによって異なる)

    映像を再圧縮しない場合は、一番上の「モード」を「コピー」にしておきます※6
    ※6 ファイルの組み合わせによっては、映像をコピーできない場合もある。
    選択したコーデックによっては、画面左に「量子化」「B フレーム」「動き判断」等のメニューも
    表示されますが、その辺は分からなければ触らなくてもOK です。

  16. 変換設定 - 音声
  17. 「音声トラック 1」タブをクリックします。
    ここで、音声に関する設定を行っておきます※7
    ※7 コーデック、サンプルレート、レート制御モード、ビットレート、レベル、チャンネル、音量、
    言語... 等々。
    (設定できるオプションは、選択したオーディオコーデックによって異なる)

    音声を再圧縮しない場合は、「モード」欄で「コピー」を選択しておきます。
  18. 多重音声の動画を変換する場合で、メイン音声以外のトラックも多重化して出力したい場合は、上部の
    「ソース」リスト内にあるトラック (ストリーム) をクリック → 下の欄で、出力先のコーデック /
    言語 / サンプリングレート / レート調整モード 等々を設定 → 画面真ん中にある をクリックし、
    トラックを右側の「出力」リストに送っておきます。
    「出力」リストに送ったトラックを選択 → 画面右端にある Remove audio stream ボタンをクリックすることで、選択した
    ストリームをやっぱり削除する ( = 多重化しない) こともできたりします。
    加えて、「出力」リスト内のトラックを選択 → 画面右端にある - - ボタンをクリックすることで、
    トラックの多重化順位を調整することも可能となっています。
    - = 順位を一つ上げる |  - = 順位を一つ下げる)

  19. 合成する字幕の選択
  20. 変換元の動画が字幕付きDVD である場合、「字幕」タブ で合成する字幕を設定することができます。
    操作は、上部の「ソース」欄で合成したい字幕を選択 → 下の「モード」欄で「レンダ」を選択し、
    画面真ん中にある ボタンをクリックすればOK※7
    ※7 ただし、「レンダ」された字幕トラックは、映像に直接合成されるため、メディアプレイヤー側で
    字幕のON / OFF を切り替えたりすることはできない。

    ファイルの変換先フォーマットが、字幕を格納できるMKV (Matroska Video ) 等である場合は、
    字幕トラックを「コピー」で追加することも可能となっています。
    (「コピー」にした場合、メディアプレイヤー側で字幕のON / OFF を切り替えることができる)
    操作は、上部の「ソース」欄で多重化したい字幕を選択 → 下の「モード」欄で「コピー」を選択し,
    画面真ん中にある ボタンをクリックすればOK。
    (「コピー」する場合に限り、複数の字幕トラックを追加することができます)
    尚、音声トラックの時と同じように、「出力」リスト内のトラックを選択 → 右端の - - ボタンを
    クリックすることで、トラックの多重化順位を調整することも可能となっています。
    - = 順位を一つ上げる |  - = 順位を一つ下げる)
    追加したトラックをやっぱり削除する時は、右端にある Remove ボタンをクリックします。

  21. 各種編集機能を使う
  22. 解像度の変更、クロップ、色調補正、黒べた付加、出力場面指定 等々の処理を行う場合は、
    「クロップ / プレビュー」タブ をクリックします。
  23. 左上にあるボックスメニュー内で、これから行う処理の内容を選択 → 適宜設定を行っておきます。
    出力場面の指定を行う場合、右側に表示されているプレビュー画面や再生コントロールを使い、
    抜き出す場面を設定します※8
    ※8 シークバーなどを使い、抜き出したい場面の先頭位置で [ ボタンを押し、
    抜き出したい場面の終了地点で ] ボタンを押す。
    (この再生コントロールがない場合、右端のスクロールバーを下にスクロールさせてみる)

    この画面に表示されているプレビューは、設定内容に合わせてリアルタイムに変化します。
    そのため、適当な場面で一時停止させておき、それから各種設定を行うとよいでしょう。

  24. チャプターの設定
  25. MP4 / MKV / WebM 等、チャプターに対応したフォーマットに変換する場合、動画内にチャプターを
    打つことができます。
    動画内にチャプターを打ちたい場合は、次のような操作を行います。
    (もしくは、「自動的にチャプターを追加」ボタンをクリックし、チャプターの挿入間隔を指定する)
    1. 「Chapter」タブ を開きます。
    2. 右上の「チャプター名」欄に、今から追加するチャプターの名前を入力。
      (日本語は文字化けするようなので注意)
    3. 下の「開始時間」「終了時間」欄で、今から追加するチャプターの開始 ~ 終了時間 を
      指定します。
      (時間は、 時間:分:秒:ミリ秒 といったフォーマットで指定する)
    4. あとは、「チャプターを追加」ボタンをクリックすればOK。
      チャプターを複数設定したい場合は、同じようにして処理を行います。
  26. 必要であれば 「タグ」タブ を開き、ファイルのタグ情報を設定しておきます。

  27. 出力設定
  28. ここまで設定できたら、ツールバー上にある リストに追加 ボタンをクリックします。
    複数のファイルを同時に変換する場合で、最初に全てのファイルを選択状態にしておかなかった
    場合は、他のファイルを選択状態にし、再度変換設定を行います。
  29. 画面下部にある「保存先」欄で、変換したファイルの出力先フォルダを指定します。
    (「参照」ボタンを押し、ファイルの出力先フォルダを選択する)
  30. 最後に、ツールバー上の エンコード ボタンをクリックすればOK。
    変換処理が実行されます。
ちなみに、メディアファイルのプロパティ※9 を表示する機能や、インターレース解除 / グレースケール /
ノイズ軽減 / デブロッキング / シャープネス などのフィルタ機能も付いています。
※9 ファイルサイズ、コーデック、フレームレート、解像度、アスペクト比、カラーモード 等。
(プロパティを確認したいファイル上で右クリック →「メディア情報」を選択。

このソフトを利用するには、DirectX 9 以上 をインストールしている必要があります。
トップ音楽・動画関連ソフト動画変換・エンコーダー XMedia Recode TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 TrueCrypt
秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Everything
超高速なファイル検索ソフト

 foobar2000
カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Unchecky
アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 Rainmeter
カスタマイズ性の高いリソースメーター

 新着フリーソフト
 firefox-power-closeFirefox
URL 内に特定の文字列を含むタブを、一括して閉じれるようにする
 SearchBar
任意の検索エンジンを、複数登録しておくことができる Chrome 用検索バー
 Pop-ups in New Tab(Firefox)
ポップアップウインドウが、“ 新規タブ ” 内に表示されるようにする
 GPU Accelerated Flash Player(Firefox)
Flash 動画再生時に、GPU が使われるようにする
 AVG Anti-Virus 2015
常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト
 FoxyTab(Firefox)
タブ周りの機能をちょっとだけ強化してくれる
スポンサード リンク

XMedia Recode を紹介しているページです