Img Tool Classic

Img Tool Classic の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
Img Tool Classic を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

DVD データを、ISO イメージファイルに変換!「Img Tool Classic」。

Img Tool Classic
制作者 CouJo.de
日本語化パッチ 制作者 katgum
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download (Classic )

● Img Tool Classic

DVD データを、ISO イメージファイル に変換してくれるソフト。
VSO DivxToDVD」 などのツールで作成したDVDデータ(「VIDEO_TS」というフォルダ)を、一発でISO イメージファイルに変換してくれます。
イメージファイルを 1GB ごとに分割出力する機能や、作成したイメージファイルを「DVD Decrypter」や 「ImgBurn」 でそのままライティングする機能 も備えています。

「Img Tool Classic」は、DVD データを ISO イメージファイルに変換してくれるソフトです。
「VIDEO_TS」フォルダをそのままライティングして作成されたDVD は、パソコン上では再生できても、家庭用のDVD プレイヤーでは再生できないことが稀にあります。
こういった事態を防ぐためにも、DVD データは一度 ISO 化してから焼くことが推奨されています。
その “ DVD データのISO 化 ” ※1 を実行してくれるソフトが、この「Img Tool Classic」です。
※1 作成されるイメージのファイルシステムは、「UDF 1.02(UDF + ISO 9660)」になる。
基本的に、変換元のフォルダと出力先を指定するだけで使うことができ、また作成したイメージをそのままライティングすることもできたりします。
(ライティングを行う場合、別途「DVD Decrypter」か「ImgBurn」が必要)

使い方は以下のとおりです。
ダウンロード先のページでは、「ImgTool Burn」ではなく「ImgTool Classic」をダウンロードして下さい。
(「ImgTool Classic」は、「ImgTool Burn」の下の方にあります)

    日本語化
  1. 日本語化工房-KUP さんのページ で、日本語化パッチを入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、出てきた「imgtoolc0917_jp.exe」を「ImgTool Classic」のインストールフォルダ内にコピーします。
  3. あとは、「imgtoolc0917_jp.exe」を実行すればOK。
    実際に使う
  1. 「ImgTool.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、「ImgTool Classic << First Time Setup >>」というウインドウ が表示されます。
    必要であれば、ここで
    • 作成するイメージを、1GB ごとに分割出力※2
    • 作成したイメージを、「DVD Decrypter」や「ImgBurn」でライティングする※3
    といったオプションを設定しておきます。
    (そのまま「保存」ボタンを押してもOK)
    ※2 このオプションを指定すると、イメージファイルは「ファイル名.iso_00」「ファイル名.iso_01」「ファイル名.iso_02」... というように、連番化して出力される。
    ※3 このオプションを指定した場合、「DVD Decrypter / ImgBurnの実行 (exe) ファイルの場所」欄の右にある「参照」ボタンをクリックし、「DVDDecrypter.exe」か「ImgBurn.exe」を指定する。
    また、「書き込みに使うドライブ」欄で、空のディスクが入っているドライブを指定しておく。

    これらの設定は、後から変更することもできます。
  3. 設定が済むと、メイン画面が表示されます。
    まず最初に、「ソースファイルのフォルダ」欄で、DVD データ(「VIDEO_TS」「AUDIO_TS」)の入っているフォルダを指定します※4
    ※4 「VIDEO_TS」を指定するのではなく、「VIDEO_TS」と「AUDIO_TS」が入っているフォルダを指定する。
    「AUDIO_TS」がない場合、中身は空でいいので「AUDIO_TS」というフォルダを作っておきます。
    (「AUDIO_TS」フォルダは、「VIDEO_TS」フォルダと同じ階層に作る)
  4. 「ファイルの出力先」欄で、作成されたイメージの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  5. 「ボリュームID」欄に、任意のボリューム名(ディスク名)を入力します。
  6. ライティングを行うように設定していた場合は、下の「書き込みオプション」欄で
    • 書き込み後にWindows をシャットダウン
    • 書き込み後にディスクをベリファイ※5
    といったオプションも設定しておきます。
    (必要な場合のみ)
    ※5 書き込まれたデータが、エラーすることなく読み取れるかどうかをチェックする機能。
  7. 画面右側にある「イメージ」ボタンをクリックし、変換を開始します。
  8. しばらく待ち、「Action successfully completed!」というダイアログが表示されたら変換完了。
    ライティングを行うように設定していた場合は、自動的に「DVD Decrypter」や「ImgBurn」が立ち上がり、データのライティングが実行されます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のDVD 変換ソフト
 HandBrake

DVD / Blu-ray を含む各種動画ファイルを、MP4 / M4V / MKV ファイルに変換してくれるソフト

 VidCoder

DVD / Blu-ray / その他各種動画ファイル を、MP4 / M4V / MKV 動画に変換してくれるソフト

 Img Tool Classic 解説サイト
B-MED
Img Tool Classic TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

Img Tool Classic を紹介しているページです