Lame Ivy Frontend Encoder

Lame Ivy Frontend Encoder の概要や使い方を紹介しています

Lame Ivy Frontend Encoder を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

定番のMP3 エンコーダー " LAME " のフロントエンド「Lame Ivy Frontend Encoder(LIFE)」。

Lame Ivy Frontend Encoder
制作者 K5
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download

● Lame Ivy Frontend Encoder

MP3 エンコーダーの中でも、特に高い評価を受けている " LAME " のフロントエンド
WAVE ファイルをMP3 にエンコードしたり、MP3 をWAVE ファイルにデコード(伸長)したりすることができます。
プリセットの指定、エンコード方法(CBR / VBR / ABR / FFS)の指定、エンコード速度の指定、ゲイン、サンプリングレート / ビットレート の指定、コマンドラインオプションの指定 などの機能が付いています。

「Lame Ivy Frontend Encoder」は、MP3 エンコーダ " LAME " のフロントエンドです。
詳細なオプション設定を行うことができ、しかも音質が良い " LAME " を、分かりやすい GUI 環境上で簡単に操作できるようにしてくれます。
インターフェースは結構シンプルな感じですが、LAME のプリセット、エンコード方法、追加オプション、サンプリングレート / ビットレート 等を細かく指定できるなど、中々多機能な仕様になっています。
音質に拘ったMP3 エンコードを行いたい人におすすめ。

使い方は以下の通りです。

    準備
  1. 「Lame Ivy Frontend Encoder」は「LAME(lame.exe)」のフロントエンドなので、なにはともあれ " LAME " を持っていなければ使うことができません。
    上記リンク先等から " LAME " を入手し、解凍 しておきます。
  2. 「Lame Ivy Frontend Encoder」(life.exe)を実行します。
  3. 初回起動時に、「LIFE - LAME.EXE検索確認」というダイアログ が表示されますが、とりあえず「いいえ」を選択します。
  4. メニューバー上の「ツール」から「オプション設定」を開き、エンコード設定を行います。
    設定できる項目は多いですが、とりあえず
    1. 「lame.exe」のあるフォルダの指定(「LIFE 設定1」タブ※1
    2. 変換されたファイルの出力先パス(「MP3 設定1」タブ
    3. プリセット指定(「MP3 設定1」タブ
    だけでもOK です。
    ※1 右上の「変更」ボタンをクリックし、「lame.exe」の入っているフォルダを選択する。
    「プリセット」の説明はヘルプに分かりやすく記載されていますが、通常は「STANDARD」で問題ないでしょう。
    変換方式は、CBR / ABR / VBR / FFS のいずれかを選択できるようになっています。
    どうしたら良いか分からない場合は、
    • プリセット指定 →「STANDARD」(あるいは「EXTREME」)
    • 変換方式 →「VBR」ボタンをクリック
    でよいでしょう。
    ...とはいえ、これらは好み / 用途 の問題なので、色々試して見るのが一番良いと思います。
    さらに、必要に応じて「心理音響モデル」や「MTRH 処理※2 」、「F※3 」にチェックを入れたり、エンコード速度を調整したりしておきます。
    (「MTRH 処理」「F」は、「VBR」エンコード時のみ指定できる)
    ※2 VBR 変換処理方法の一つ。
    音質が悪くなるが、エンコード速度が速くなる。
    ただし、LAME のバージョンが最新であれば、これは特に関係ない。

    ※3 VBR 変換時の設定。
    これにチェックを入れると、無音の時でも設定した最低ビットレートより低いビットレートに下がらない。

    ちなみに、「MP3 設定2」タブでは、指定した周波数の音域をカットする「フィルタ」の設定や、「コピー」「著作権」のフラグ設定、チャンネルごとの音量設定 などを行うことができます。
    また、ここで任意の コマンドラインオプション を指定することも可能になっています。
  5. 設定が済んだら、画面下部の「OK」ボタンを押します。

  6. ファイルの変換を行う
  7. WAVE ファイルをMP3 に変換する際は、メニューバー上の「ファイル」から「エンコードモード」にチェックを入れておきます。
    MP3 ファイルをWAVE にデコードする(戻す)際は、「ファイル」→「デコードモード」にチェックを入れておきます。
  8. 変換したいファイルを、ウインドウにドラッグ&ドロップします。
    (複数可)
  9. リストに追加したファイル全てを変換したい場合は、メニューバー上の「ファイル」から「全曲変換開始」を選択します。
    単一のファイルのみを変換したい場合は、変換したいファイルを選択 →「ファイル」から「一曲変換開始」を選択します。
  10. コマンドプロンプトが開き、エンコードが始まります。
  11. 少し待ち、「変換が終了しました。」というダイアログが表示されたら変換完了。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽変換ソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Lame Ivy Frontend Encoder 紹介ページ
MP3はLAMEでエンコして、コマンドラインオプションを語れ!
LIFE TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 画像半蔵

任意の画像を、指定したサイズ&透明度 でデスクトップ上に表示しておけるようにするソフト

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

スポンサードリンク

Lame Ivy Frontend Encoder を紹介しているページです