LameACM

LameACM の概要や使い方を紹介しています

LameACM を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

音声ストリームを、高音質な MP3 として出力!「LameACM」。

LameACM
制作者 The LAME Project
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download ( ACM )
Download ( Bundle )

● LameACM

音声ストリームを、高音質&高圧縮 な MP3 で出力できるようにするオーディオコーデック。
Windows 標準の MP3 コーデックよりも、遥かに高音質な MP3 を作成できるようにしてくれます。

「LAME」は、コマンドラインで動作するMP3 エンコーダー※1 です。
※1 LAME Ain't MP3 Encoder( LAME はMP3 エンコーダではない)」の略語ですが、実質的にエンコーダーとして使われることが一般的なので、ここではエンコーダーと呼びます。
高音質 ” かつ、“ 細かいオプション設定を行うことができる ” ... などの理由から、非常に幅広いシーンで利用されている音声圧縮ツールで、MP3 エンコーダーの代名詞的な存在として広く知られています。
この「LAME」を、ACMAudio Codec Manager)※2 から使えるようにしたものが「LameACM」です。
※2 Windows の音声圧縮マネージャー。
動画で言うところの “ VFW ” のようなもの。

Windows 標準の MP3 コーデックと同じように使えるにも関わらず、かなり高いサンプリングレート / ビットレート を指定できる... という特徴を持っています※3
※3 Windows 標準 → 最大で56 KBit/s、 24000 Hz
LameACM → 最大で320 Kbps、48000 Hz

単体で動作するソフトではないので、「AviUtl」 「VirtualDubMod」 「TMPGEnc」 「The KMPlayer」 等々、音声圧縮の際に ACM を利用できるソフト上で使います。

使い方は以下のとおり。

    インストール - 32 bit 版の OS を使用している場合
  1. 「LameACM」をダウンロードしてきたら 解凍 し、一応フォルダごと「C:¥Program Files」辺りに移動させておきます。
    (この作業は、必須ではありません)
    フォルダごと「C:¥Program Files」に移動させる
  2. 次に、中にある「LameACM.inf」を右クリック →「インストール」を選択します。
    「LameACM.inf」を右クリック →「インストール」を選択
  3. 特に「インストール完了」などのウインドウは表示されませんが、これにてインストール完了です。
    インストール - 64 bit 版の OS を使用している場合
  1. あらかじめ、C ドライブ直下に「lame」という名前のフォルダを作成しておきます。
    (フォルダパスは「C:\lame」になる)
    「lame」という名前のフォルダを作成
  2. 「LameACM」をダウンロードしてきたら 解凍 し、中身のファイルを先ほど作成した「lame」フォルダ内にコピーします。
    中身のファイルを、「lame」フォルダ内にコピー
  3. このファイル をダウンロードします。
    (ダウンロードしたファイルの拡張子が「.txt」等になっていたら、「.bat」に書き換えて下さい)
    尚、このファイルは、「LameACM.inf」に同梱されている「HOWTO Install LAME-ACM on x64.txt」の内容をバッチファイル化したものです。
  4. ダウンロードした「LameACM-Install64.bat」を右クリックし、「管理者として実行」します。
    「LameACM-Install64.bat」を、「管理者として実行」
  5. 特に「インストール完了」などのウインドウは表示されませんが、これにてインストール完了です。
    実際に使う
  1. 「AviUtl」などのフロントエンド上で、音声コーデック設定画面を呼び出します。
  2. 音声を圧縮するコーデックとして、「LAME MP3」を選択します。
    ( Vista 以降の OS を使用している場合、「MPEG Layer-3」と表示されるようです※4
    「LAME MP3」を選択
    ※4 「MPEG Layer-3」を選択すると、なぜか「LAME MP3」を選択したことになる。
    そして、どういう訳か次回から「LAME MP3」が表示されるようになる。
    「VirtualDub」系のツールでは、Vista 以降でも最初から「LAME MP3」と表示される。
  3. あとは、音声ストリームの品質を選択すればOK です。
    音声ストリームの品質を選択
    「VirtualDub」系のツールでは、「全てのフォーマットを表示する」にチェックを入れると、全てのプリセットを表示できるようになります。
    「全てのフォーマットを表示する」にチェック
    ちなみに、音声をABR(可変ビットレート)で圧縮することもできますが、ABR で圧縮すると、ほとんどの場合で音ズレが生じます。
    そのため、プリセットはCBR(固定ビットレート)のものを選んだ方がよいでしょう。
    (ただし、出力先のフォーマットがAVI でない場合、ABR でも問題はない)

このページでは「LameACM」を紹介しましたが、「Lame」の実行ファイル「lame.exe」までのパスを指定することにより、MP3 圧縮が可能になるエンコーダーもあります※5
※5 XRECODE3」「Exact Audio Copy」「foobar2000」など。
さらに、「LAME」のMP3 エンコードエンジンライブラリ「lame_enc.dll」を利用することで、MP3 圧縮が可能になるソフトも結構あるので※6、「lame.exe」、「lame_enc.dll」も持っておいて損はないと思います。
※6 Audacity」「AudioEncoder」など。
その「lame.exe」「lame_enc.dll」は、Bundle 版のLAME にパックされています。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のコーデック・DirectShow Filter
 Haali Media Splitter

MKV / MP4 / OGG / OGM / TS ファイルを再生できるようにするDirectShow Splitter

 Ut Video Codec Suite

高速&そこそこな圧縮率 を誇る可逆圧縮コーデック

Lame TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

LameACM を紹介しているページです