FLV MetaData Injector

FLV MetaData Injector の概要や使い方を紹介しています

FLV MetaData Injector を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

FLV ファイルにメタデータを追加!「FLV MetaData Injector」。

FLV MetaData Injector
制作者 Manitu Group
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● FLV MetaData Injector

FLV ファイル内に、 “ メタデータ ” を埋め込んでくれるソフト。
指定したFLV ファイルの中に、そのファイル自身のメディア情報 “ メタデータ ” を埋め込んでくれます。
メタデータとして実際に書き込まれる情報には、ビデオ&オーディオコーデック のID、フレームの幅&高さ、フレームレート、映像&音声のビットレート、ビデオサイズ、オーディオサイズ、時間... 等のものがあります。
フォルダ内のファイルをまとめて処理する機能や、FLV からメタデータを抽出する機能 も付いています。

「FLV MetaData Injector」は、FLV ファイルにメタデータを埋め込んでくれるソフトです。
メタデータとは、FLV ファイルの “ プロパティ ” のようなもので、たとえば ビットレート、フレームレート、 コーデック ID、画面解像度... などの情報がそれにあたります。
このメタデータを持たないFLV ファイルは、各種ツール上で正常に扱えないことがあります。
そのような時に必要になるのが、この「FLV MetaData Injector」です。
メタデータのないFLV ファイルにメタデータを追加し、ファイルを正常に扱える状態にしてくれます。
設定という設定は特になく、誰でも簡単に使える仕様になっています。
ちなみに、FLV ファイルのメタデータを、XML ファイルとして抽出する機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、ページ中段にある 「Downloads」という欄 でファイルのダウンロードを行って下さい。

    準備
  1. まず、ダウンロードページの下段にある
    • FLVMDI
    • FLVMDIGUI
    の両方をダウンロードします。
    (「Downloads」という欄にあります)
  2. 両方のファイルを 解凍 します。
  3. 「flvmdi.exe」を、「flvmdigui.exe」のあるフォルダ内に置きます。
    実際に使う
  1. 「flvmdigui.exe」を実行します。
  2. フォルダ内に入っているFLV ファイルをまとめて処理したい場合は、「All files in a folder」タブを開き、単一のファイルを処理したい場合は「Single file」タブを開きます。
  3. Input FLV file」欄で、処理したいFLV ファイルを選択します。
    ... ボタンをクリックし、ファイルを指定する)
    「All files in a folder」タブを開いている場合は、「Input FLV files folder」欄で、処理するFLV が入っているフォルダを指定します。
  4. Output FLV file」欄で、処理したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します※1
    ※1 フォルダ内のファイルをまとめて処理する場合は、「Output FLV files folder」欄で出力先フォルダを指定する。
  5. 下の「Options」欄は、通常そのままでよいと思いますが、
    • 任意のデータを追加したい場合は「Add extra string data 'xtradata'」に、
    • キーフレーム情報も追加したい場合は「Include ' keyframes' object」に
    • メタデータが書かれたXML ファイルも出力したい場合は「Create XML file(s)」に、
    チェックをいれておきます。
    「Add extra string data 'xtradata'」にチェックを入れた場合は、その下の欄にデータを記入しておきます。
    FLV にメタデータを書き込むのではなく、FLV からメタデータを抽出したい場合は、左下にある「Extract MetaData as XML(s), no injection.」にチェックを入れておきます。
    ( “ 埋め込みモード ” としてではなく、 “ 抽出モード ” として動作するようになります)
  6. 最後に、画面右下の「Run FLVMDI」ボタンをクリックすればOK。
  7. メタデータの追加処理が実行されます。
    (もしくは、抽出処理)
    次に表示されたウインドウ に、「complete」と表示されれば処理完了です。
    (処理は一瞬で終わります)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
FLV MetaData Injector TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

スポンサードリンク

FLV MetaData Injector を紹介しているページです