ピストンコラージュ

ピストンコラージュ の概要や使い方を紹介しています

ピストンコラージュ を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

音色から作成できる作曲ソフト!「ピストンコラージュ」。

ピストンコラージュ

制作者 Pixel
対応 98/2000/XP/Vista

Download (公式)
Download (ミラー)

ピストンコラージュ

自由度が高いピアノロールベースの作曲ソフト。
音源に、カスタマイズ可能な専用音源や、手持ちの WAVE ファイル(PCM)を使用することができます。
楽曲の拍子 / テンポ を設定する機能や、ノートにベロシティ / パン / ポルタメント / キー補正、ディレイ / オーバードライブ といったパラメータを設定する機能 等が付いています。
作成した楽曲は、WAVE 形式の音声ファイルとして保存することができます。

「ピストンコラージュ」は、ピアノロール※1 に音を入力していくタイプの作曲ソフトです。
1 ピアノと五線譜が合体したような感じの楽曲編集ウインドウ。
縦軸が「音階」を、横軸が「時間(小節)」を表している。
画面左に常時鍵盤が表示されるので、現在の音階を把握しやすい... という特徴がある。
「C」と表示されたラインが、「ド」にあたる。

発音(音色)に、MIDI 音源ではなく専用の音源、またはWAVE ファイル(PCM)を使用するところが最大の特徴。
専用音源は同梱の音色作成ソフト※2 で作成&編集することができ、WAVE ファイルは手持ちのものを使えたりするので、作曲するにあたっての自由度はかなり高いと言えます。
2 「ptVoice.exe」(ピストンボイス)。
さらにこの「ピストンコラージュ」、操作が非常に易しいです。
インターフェースに英語が多く使われていることもあり、最初はややとっつきにくい印象もありますが、実際には複雑なメニューなどはなく、初心者でもすぐに入り込める仕様となっています。

基本的な使い方は以下の通り。

    曲データの設定
  1. 「ptCollage.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    まず最初に、画面右上にある をクリック。
  3. 「PROJECT」パネルが表示されるので、右下にある ボタンをクリックします。
  4. 「プロジェクト設定」というウインドウが表示されます。
    ここに、これから作成するプロジェクトの情報※3 を入力します。
    3 「ピストンコラージュ」では、曲(データ)のことを「プロジェクト」と呼ぶ。
    入力できる情報は、「プロジェクト名」「拍子」「テンポ」「小節数」の4 つ。
    (後から変更することも可能)
  5. 設定が終わったら、「プロジェクト設定」ウインドウ、「PROJECT」パネル のどちらも閉じてしまってOK です。

  6. 使用する音源を設定する
  7. 次に、左メニュー内にある「VOICE」タブを選択し、 ボタンをクリックします。
  8. 「音源ファイルの選択」という画面が表示されます。
    ここで、今回作成する楽曲で使用する「音源」を選択します※4
    (音源名をクリックすると、該当音源のサンプル音が鳴る)
    4 これは、“ トラックに楽器を指定する作業 ” ではなく、“ 倉庫に材料を持ってくる ” ような作業。
    複数の音源を使用する場合は、必要なだけ音源を登録しておきます。

  9. UNIT(トラック)に音源を割り当てる
  10. 使用する音源を登録したら、隣の「UNIT」タブをクリックします。
    「UNIT」とは、いわゆる「トラック」のことです。
    ここで、“ どのトラックに、何の音を割り当てるのか ” ということを設定します※5
    5 「VOICE」タブで使用する音源を登録しておかないと、UNITに音を割り当てることができないので注意。
  11. まず、左上にある ボタンをクリックします。
  12. 「ユニット追加」というダイアログが表示されます。
    ここで、これから追加するUNIT(トラック)上で使用する音源&UNIT の名前 を設定します。
    ( UNIT の名前は、自分で分かれば何でもよい)

  13. 音情報(ノート)を入力する
  14. 「KEYBOARD」タブをクリックします。
    ピアノロールが表示されるので、音階部分をクリックして音(ノート)を入力していきます。
    音入力にあたっての操作は、
    • 「ドラッグしながらクリック」( = ドラッグした分だけ音が長くなる)
    • 「右クリック」( = 音符を消す)
    だけなので非常に簡単。
    ちなみに、 “ ワンクリックで入力される音符の長さ ” は、画面上部にある 欄で変更できるようになっています※6
    6 ▼ の部分を押しっぱなしにし、数値を指定する。
    「1」= 4 分音符、「2」= 8 分音符、「4」= 16 分音符... といった具合。
    数値の部分は、 “ 4 分音符を何分割しているか ” ということを表している。

    和音を入力することはできないので、和音を入力したい場合は、ユニットを増やしたりして工夫します。

  15. エフェクターの設定(必要な場合のみ)
  16. エフェクターは、「DELAY」「OVER DRIVE」の二つが用意されています※7
    7 「DELAY」は、ノートにやまびこのような “ エコー効果 ” を付加するエフェクト。
    「OVER DRIVE」は、ディストーションより弱めな歪み系エフェクト。

    エフェクターを使用する場合、最初にエフェクトパラメータを作成しておき、それを後からノートに付加する... といった感じになります。
    エフェクトパラメータは 6 つまで作成することができ、それぞれを “ グループ ” としてまとめておけるようになっています※8
    8 グループは、最大で 7 つまで作成することができる。
    1 つのグループには、複数のパラメータを関連付けることもできる。
    (エフェクトを重ねたい時などに)
  17. まず最初に、画面右上にある EFFECTOR をクリック。
  18. 「EFFECTOR」パネルが表示されます。
    「DELAY」、および「OVER-D」欄の隣にあるボックスをクリックし、適宜パラメータを設定します。
    指定できるパラメータには、次のようなものがあります。
      DELAY
    • グループ - このエフェクトを適用するグループのID※9
    • 単位 - 下の「周波数」を適用する単位※10
    • 周波数 - やまびこ音が返ってくる速さ※11
    • 割合 - 音が減衰していく割合※12
    9 0 ~ 6 の間で指定する。
    10 単位あたりの時間が短いほど、やまびこは速く返ってくる。
    11 この値が小さいほど、やまびこ音はゆっくりと返ってくる。
    12 この値が大きいほど、やまびこ音がいつまでも残るような感じになる。
      OVER-D
    • グループ - このエフェクトを適用するグループのID※9
    • カット - 波形をどの程度カットするか(歪みの強さ)※13
    • 増幅 - カット後の音量を、どの程度上げるか
    13 この値が大きいほど、音は大きく歪む。
  19. エフェクトパラメータを複数作成したい場合は、同じようにして設定を行っておきます。
    (ディレイは 4 つまで、オーバードライブは 2 つまで作成することができる)
  20. あとは、設定したパラメータの前にある をクリックして にしておけばOK。

  21. 音のパラメータを設定
  22. 必要に応じて、画面左下の VOLUME PANEL ボタンから、ノートのパラメータを調整できるようになっています。
    指定できるパラメータは、
    • VELOCITY - 音の強さ
    • PAN (VOLUME) - 定位(音量で表現)
    • PAN (TIME) - 定位(時間差で表現)
    • VOLUME - 音量
    • KEY PORTA - 2 つの音を、滑らかに繋ぐ
    • VOICE NO - 音源変更
    • GROUP NO -(エフェクト)グループ変更 : エフェクターのID を指定する
    • KEY CORRECT - 音程変更
    の8 つ。
    これらのパラメータを指定するには、パラメータ名を選択 → パラメータを調整したい位置で、マウスをクリックしたりドラッグしたりすればOK。
    音源変更 / グループ変更 を行う場合は、変更したい位置でマウスの左ボタンを押しっぱなし → メニューが表示されるので、そのまま変更先の音源やグループID を指定します。
    音程変更を行う場合、電卓のようなウインドウが表示されるので、補正値を入力します。

  23. 一括編集
  24. ピアノロールに入力した内容は、画面上部にある緑のライン※14 上での操作により、「コピー / ペースト」したり、「クリア」したりすることができます。
    14 「範囲選択フィールド」と呼ぶ。
    操作は、目的とする部分の「範囲選択フィールド」をマウスでドラッグ → 右クリックメニューから、各種コマンドを選択するだけです。
    範囲指定をせずに左クリックすると、「PASTE(貼り付け)」「INSERT(挿入)」などのメニューが表示されます。

  25. 楽曲の試聴 ~ その他
  26. ある程度データを入力したら、時折データを試聴してみます。
    データは、「PLAYER」パネル内の再生ボタンをクリックすることで、試聴してみることができます。
    もし「PLAYER」パネルがない場合は、画面右上の PLAYER ボタンをクリックします。
  27. 最初に「UNIT」タブで複数のトラックを作成しておいた場合は、「UNIT」タブに戻り、残りの音源を選択 →「KEYBOARD」タブを開き、音情報を入力していきます。

  28. 楽曲の保存
  29. 編集が終わったら、曲データの保存を行います。
    データを、WAVE 形式の音声ファイルとして保存したい場合は、メニューバー上の「ファイル」→「曲ファイルの出力 [*.wav] 」を選択します。
    データを、「ピストンコラージュ」同梱の「ピストンプレーヤー」向けデータとして保存したい場合は、「ファイル」→「曲ファイルの出力 [*.pttune] 」を選択します。
    現在の作業状態を保存したい場合(後で再編集したい場合)は、メニューバー上の「ファイル」→「名前をつけて保存」を選択し、ファイルを適当なフォルダに保存しておきます。

その他、アンドゥ / リドゥ などの機能や、(ピアノロールを)拡大しての編集機能 なども付いています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 ピストンコラージュファイル( ptcop /pttune )を、WAVE に変換してくれるソフト
ぴすこらふぉ~えば~

 MML データからピストンコラージュファイルを生成してくれるソフト
mml2ptcop
ピストンコラージュ TOPへ

ピストンコラージュ を紹介しているページです