TuxGuitar

TuxGuitar の概要や使い方を紹介しています

TuxGuitar を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

ギタリストをはじめとした、弦楽奏者向けの作曲ツール!「TuxGuitar」。

TuxGuitar
制作者 Tuxguitar
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー)
Download (ミラー )

● TuxGuitar

タブ譜(TAB 譜)& 五線譜 を使って作曲することができるソフト。
専用のタブ譜 / 五線譜 に、フレット番号や音符を入力していくことで、実際に楽曲制作を行うことができます。
コード入力支援機能や、入力した音符に「チョーキング」「ビブラート」「トレモロアーム」「タッピング」
「ハンマリングオン / プリングオフ」等の “ 奏法 / 演奏表現 ” を指定する機能 などが付いています。
作成した楽曲は、Guitar Pro 互換のファイル( gp3 ~5 )や、mid、PDF などで保存することができます.

「TuxGuitar」は、高機能なタブラチュア / スコアエディタ です。
画面に表示されたタブ譜(TAB 譜)やスコア(五線譜)上に、フレット番号や音符を入力していくことで、
実際に楽曲制作を行うことができる... というDTM ソフトです。
作曲の際にタブ譜を使えることはもとより、入力した音符に「ビブラート」や「スライド」「タッピング」
「トレモロアーム」等々の “ 演奏表現 ” を指定できたりするなど、ギタリストに最適化されているところが
最大の特徴※1
※1 タブ譜は、4 ~ 7 弦に対応。
タブ譜は非表示にすることもできるし、もちろん普通の作曲ソフトとしても使える。
(ピアノロールも用意されている)

基本的にギターが弾ければ作曲できるので、楽譜やピアノロールの知識がなくても使えるようになっています。
対応しているフォーマットは、次の通り。
入力 : tg / gp3 / gp4 / gp5 / mid / tef。
出力 : tg / gp3 / gp4 / gp5 / tab / ly / mid / xml / pdf(譜面を紙に印刷することも可能)。

基本的な操作の流れは、大体以下のような感じです。

    初期設定
  1. 「tuxguitar.exe」を実行します。
    (エラーが出た場合は、「tuxguitar.bat」を実行します)
  2. “ トラック1 ” のスコアと、それに対応するタブ譜が、対になって表示されます。
    このままでも全く問題はありませんが、もしどちらかが邪魔なようであれば、メニューバー上の
    「表示」からどちらか一方を隠しておいてもOK です※2
    ※2 タブ譜を非表示にする場合 : 「表示」→「TAB 譜」のチェックを外す。
    スコアを非表示にする場合 : 「表示」→「五線表記」のチェックを外す。
  3. まず最初に、出力音声に関する設定を行います。
    メニューバー上の「ツール」から「環境設定 / Settings」を開き、左メニュー内の「サウンド」を
    クリック → 使用する MIDI シーケンサ / MIDI ポート(音源)を設定します。
  4. メニューバー上の「拍子」→「テンポ」から、作成する楽曲の速度 を指定します※3
    ※3 後で指定してもOK。
  5. メニューバー上の「拍子」→「音部記号」から、このトラックで使用する音部記号を設定します※4
    ※4 タブ譜のみで作曲する場合は、特に気にしなくてもよい。
  6. 必要であれば、同「拍子」メニュー内の「拍子記号」から拍子を、「調子記号」から調合を設定
    しておきます。
    (調合も、タブ譜のみで作曲する場合は関係ない)
  7. メニューバー上の「音符 / エフェクト」→「強弱記号」から、デフォルトの 強弱記号 を設定します。
    通常は「フォルテ」になっていますが、個人的には「メゾピアノ」「メゾフォルテ」くらいが丁度いい
    ように思います。
    (もちろん、「フォルテ」のままでもOK)
  8. デフォルトでは、スコアの表示方法が「縦ページ」タイプになっています。
    スコアを横スクロールタイプにしたい場合は、メニューバー上の「表示」から「横スクロール」に
    チェックを入れておきます。

  9. トラックの設定
  10. 画面下部に、「Track 1」と書かれた領域があります。
    これをダブルクリック。
  11. 「トラックのプロパティ」という画面 が表示されます。
    ここで、 “ トラック1 ” に関する設定を行います。
    ここでは、
    • トラック名 (自分で分かりやすいものなら何でもOK)
    • 色 - トラックに関連付ける色 (自分で分かりやすいものなら何でもOK)
    • 楽器 - 音色 (ドラムパートにする場合は、「ドラム / パーカッション」にチェック)
    を設定することができます。
    また、この画面の右にある「チューニング」欄で、タブ譜のチューニングをセットすることもできます.
    ここでは、弦の本数(4 ~ 7 )、各弦のチューニング、全体のオフセット(カポ)を設定することが
    できます※5
    ※5 オフセットは、-24 ~ +24 の間で設定することができる。
    (これにより、超ヘヴィな曲を作ることも可能)

    設定を終えたら、「OK」をクリックしてプロパティ画面を閉じます。

  12. ノート(音情報)入力
  13. ツールバー上にある Score Edition Mode ボタンをクリックし、カーソルをスコア編集モードに切り替えます※6
    (タブ譜のみで作曲する場合、この作業は不要)
    ※6 スコア上で右クリック →「編集」→「スコア編集モード」を選択しても同じ。
  14. ツールバー上の各種音符ボタン※7 をクリックし、これから入力する音符の種類を指定します。
    ※7 8 分音符 16 分音符 など。
    スコア上で右クリック →「音符 / エフェクト」→「音価」からでも選択可能。
  15. シャープ / フラット が付いた音を入力したい時は、ついでに Sharp/Flat mode もON にしておきます。
    (タブ譜のみで作曲する場合は、特に関係ない)
  16. スコア上に、音符をマウスクリックで置いていきます。
    タブ譜上に音を置いていく場合は、目的とする場所を選択状態にし、任意のフレット番号を
    直接キー入力します※8
    ( 29 フレットまで使える模様)
    ※8 編集中のトラックが「ドラム / パーカッション」の場合、このタブ譜に音情報を入力する。
    数値はここを参照 (バスドラ = 36 / スネア = 40 / ハイハット = 46 等々)
    もしくは、後述の「ピアノロール」(マトリックス)を使って入力する。

    尚、キーボードの方向キーを使うと、タブ譜上を自由に移動することができます。
  17. 入力した音を削除する時は、目的の音をクリックすればOK。
    タブ譜上の音を削除する時は、目的の音を選択 →「Delete」「BackSpace」キーを押します。
    ( “ 音を選択 → フレット番号を入力 ” で、ノートを置き換えることも可能)

  18. 楽曲の再生
  19. ある程度音を入力できたら、ツールバー上にある再生コントロール※9 を使い、曲を実際に
    再生させてみます。
    ※9 再生 停止 など。
    ちなみに、メニューバー上の「プレーヤ」→「再生設定」から、再生速度を調整したり、指定した
    小節間のみをループするように設定できたりもします。

  20. 演奏表現を付ける
  21. 入力した音には、様々な奏法 / 演奏表現 を付加することができます。
    演奏表現を付けるには、カーソルを「選択モード」に切り替え※10、編集したい音をクリック※11
    ツールバー上の各種奏法ボタン※12 をクリックすればOK。
    ※10 ツールバー上の Selection Mode をクリック。
    スコア上で右クリック →「編集」→「選択・モード」でも同じ。

    ※11 スコア上で音符を選択するのは困難なので、この時はタブ譜を表示させておいた方がいいかも...
    ※12 ヴィブラート チョーキング など。
    任意の音を右クリック →「音符 / エフェクト」→「エフェクト / テクニック」から選択することも
    できる。

    指定できる奏法 / 演奏表現 には、以下のようなものがあります。
    • デッドノート - ややパーカッシブに
    • ゴーストノート - やや静かに
    • アクセント - アクセント付加
    • 重アクセント - ヘヴィアクセント
    • ハーモニクス
    • ヴィブラート
    • チョーキング
    • トレモロアーム - トレモロバー奏法
    • スライド - スライド奏法
    • H / P - ハンマリング / プリング
    • トリル
    • ピッキング・トリル - トレモロピッキング
    • ブリッジ・ミュート
    • スタッカート
    • タッピング
    • スラッピング / チョッパー
    • ポッピング
    • フェードイン
    同じような感覚で、一度入力した音符の種類を変更することもできたりします※13
    ※13 長さを変更したい音符を選択 → ツールバー上で、変更先の音符をクリックすればOK。

  22. コードを入力
  23. コードを入力する機能も付いています。
    コードを入力する際には、最初にコードの音価( = 音の長さ = 音符の種類)を設定しておき、
    ツールバー上にある Insert Chord ボタンをクリック →
    1. コード・エディタ が立ち上がるので、任意のコード名を選択。
    2. 必要であれば、7th や 9、M (メジャー) m (マイナー)、ベース音 などを指定し、
    3. 画面下部に表示されたコードの図をクリック → 実際の音をプレビュー再生してみて、
    4. 右下の「OK」ボタンをクリックします※14
    ※14 右上にある「追加」ボタンを押すと、現在選択中のコードをリストに登録することができる。
    リストに登録されたコードは、 Insert Chord ボタンの右にある ▼ をクリックすることで、譜面上に一発
    入力できるようになる。

    もちろん、この機能を使わずに、スコアやタブ譜上に直接コードを入力していってもOK です。

  24. 小節の追加
  25. 一つの小節がいっぱいになったら、右クリック →「小節」→ 「追加(空小節)」から、小節を
    追加します※15
    ※15 スコアやTAB 譜上で、方向キーの → を押していくだけでもよい。
    ここでは、小節の追加方法を
    • 選択箇所の前に追加
    • 選択箇所の後に追加
    • 最後に追加
    の 3 種類の中から選べるようになっています。
    (何小節追加するかも指定できる)
    また、任意の小節上で右クリック →「小節」→「クリア(選択小節)」を選択することで、該当の
    小節を消去することもできたりします※16
    ※16 任意の小節上で右クリック →「小節」→「コピー(範囲指定)」を選択することで、該当の
    小節をコピーすることもできる。

  26. リピートの設定
  27. 曲中の特定部分を、指定した回数だけリピートさせることもできます。
    この “ リピート ” 機能を使う場合、まずリピートの開始地点となる小節をクリックします。
  28. そのまま右クリックし、「拍子」から、「リピート開始」を選択します。
  29. これで、選択小節に「リピート開始」マークが設置されます。
    次に、リピートの終了地点として設定したい小節をクリックします。
  30. やはり、右クリック →「拍子」から「リピート終了」を選択します。
  31. 「リピート終了」というウインドウが表示されます。
    ここで、指定した範囲を何回繰り返すのかを指定し、「OK」ボタンを押せば設定完了。
  32. 同じような機能に、「カッコ」があります。
    これは、
    • 1 コーラス目は、「カッコ1」の付いた小節を再生 → 先頭に戻る
    • 2 コーラス目は、「カッコ1」を飛ばして「カッコ2」を再生する
    という特殊なリピート機能です。
    この機能を使う場合は、最初に「カッコ1」として設定する小節をクリック → 右クリック →
    「拍子」から「カッコ」を選択します。
  33. 「カッコの編集」というダイアログ が表示されます。
    ここで、「1」にチェックを入れて「OK」を押します。
  34. これで、「カッコ1」が設置されました。
    次に、「カッコ2」として設定する小節をクリック → 右クリック →「拍子」から、「カッコ」を選択。
  35. 「カッコの編集」というダイアログが表示されるので、「2」にチェックを入れて「OK」を押します。
  36. これで、初回のみ「カッコ1」を再生、2 回目は「カッコ2」を再生... というように設定されます。
    この「カッコ」は、最大で 8 つまで設定できるようになっています。

  37. トラックの追加
  38. トラックを増やしたい場合は、スコア上で右クリック →「トラック」→「トラック追加」を
    選択します※17
    ※17 ツールバー上の トラック追加 ボタンを押してもOK)
    トラックは、(デフォルトで)スコア上に一つしか表示されないようになっているので、トラックを
    追加したら、メニューバー上の「表示」から「マルチトラック」にチェックを入れておくとよい。
  39. 画面下部に追加された「Track 2」をダブルクリックし、トラック1 の時と同じように トラック名 / 色 /
    楽器 を設定します。
  40. 各トラックの音量やパンは、ミキサー(「表示」→「ミキサ」)で設定することができます。
    この 「ミキサ」画面 上からは、ソロ / ミュート、コーラス( C )/ リバーブ(R )/ フェーザー(P )/
    トレモロ(T )の設定を行うこともできたりします。
  41. トラックを削除したい時は、削除したいトラック上で右クリック →「トラック」→「トラック削除」を
    選択します。
こうして作成された楽曲は、メニューバー上の「ファイル」→「別名保存」、または「エクスポート」から
保存することができます。
「別名保存」からは、データを「TuxGuitar」固有のフォーマット(tg)※18、あるいは「Guitar Pro」互換の
フォーマット(gpn)で保存することができ、「エクスポート」からは、データを
  • MIDI
  • MusicXML
  • LilyPond
  • PDF
  • ASCII タブ
互換のフォーマットで保存できるようになっています。
(「ファイル」→「印刷」から、紙に印刷することもできます)
※18 現在の作業状態を保存したい場合は、この tg 形式で保存を行う。

そのほか、マーカー※19 を作成する機能や、音にダイナミクス※20 を付ける機能、仮想フレットボード /
仮想鍵盤 / ピアノロール を使って音符を入力する機能※21移調※21、歌詞入力、メトロノーム、アンドゥ /
リドゥ、ショートカットキーの変更... などの機能も付いています。
※19 任意の場所へのショートカットのようなもの。
ヴァース / ブリッジ / コーラス... などの目印を付けたい時に。

※20 ピアニッシモ / フォルテ などの強弱記号。
(一般的なMIDI ツールで言うところの「ベロシティ」)
個別に指定することができる。

※21 「表示」→「ピアノ」/「フレットボード」/「マトリックス」から。
(「マトリックス」はピアノロール)

※21 全小節の音を移調できるのはもちろん、特定小節のみを移調させることもできる。

このソフトを利用するには、「Java Runtime Environment」 をインストールしている必要があります。
トップ音楽・動画関連ソフトMIDI・作曲ソフト TuxGuitar TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 GIMP
超高機能なペイントソフト

 FastStone Capture
高機能なスクリーンキャプチャーツール

 新着フリーソフト
 FloatingButton
任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上の好きな場所に配置
 Wise System Monitor
高機能なシステムモニターツール
 RSS Feed Icon in Navbar
ナビゲーションバー上から、“ フィードの購読 ” を行えるようにする Firefox アドオン
 Firewall App Blocker
指定したアプリケーションの通信を、全自動でブロックできるようにするソフト
 PdfTrick
PDF 内の画像をサムネイル一覧で表示し、その中から任意のものを抽出
 UAC Trust Pal
管理者権限が必要なソフトを、Windows 起動時に警告なしで自動実行させる

TuxGuitar を紹介しているページです